どうも!僕です!!
今日はこちら!!





サウスパーク




「サウスパーク 無修正映画版」です!
まず「サウスパーク」を知らない人のために参考基礎知識。

サウスパークはアメリカの切り絵風アニメで、社会風刺やブラックユーモアが持ち味の放送禁止用語連発のギャグアニメ。もうエロ・グロ何でもありで、一般的な倫理的部分は一切考慮しません。同性愛とか人種差別とか秘密結社とか、そういった腫れ物扱いというかなかなか触れにくい部分を登場人物の小学生達がガンガン攻めていくというのが特徴。見た目は可愛いキャラクター達が実名で政治家や俳優たちを過激に口撃する、そのギャップがウケて、日本でもCSチャンネルで放送されて非常に高い人気を誇るアニメです。



あとこの「サウスパーク」の特徴としては、とにかく話の展開が速いです。トントン拍子に話が進み、すぐに人が死んだりします。完全フィクションなストーリーなわけですが、しかし題材としてあがるのは比較的タイムリーな時事ネタであることが多いです。



とりあえず主要キャラクターだけ紹介しておきます。



  • スタン・・・とにかく普通の男の子。全てが平均的で、仲間内のまとめ役ではあるものの、好きな女の子の前ではゲロを吐いてしまう癖がある。毎回そのゲロが意中の女の子の顔にかかるのがお約束。
  • カイル・・・ユダヤ人であることをよくネタにされる男の子。少し神経質な部分もあり、カートマンとよくケンカをする。
  • カートマン・・・とにかく差別主義者なデブの男の子。性格も勝気でワガママ。悪知恵はよく働くものの、ケンカはめちゃくちゃ弱いし少しビビり。
  • ケニー・・・常にパーカーのフードを被っている貧乏な男の子。毎回絶対死ぬキャラで、スタンの「ケニーが殺された!」と、カイルの「この人でなしー!」はもはやサウスパークの代名詞。


他にもレギュラーキャラは多数いるわけですが、メインはこの4人!
この4人がもうひっちゃかめっちゃかやるわけで、とにかく下品というか嫌いな人は大嫌いなアニメです!! 






というわけで中身。


ある日「テレンス&フィリップス」というカナダ人の芸人コンビの映画が公開されます。もうコイツらは援護のしようもないくらいのくっだらない下ネタギャグを連発するコンビ。



その映画を見たスタンたちは、学校で「テレンス&フィリップス」同様の放送禁止用語を口にしまくります。


どうにも言葉遣いが治らない子供達。悩むカイルの母親をはじめとするPTA。みんなで話し合った結果「カナダ人が悪い」という結論に至ります。


ということで母親達はM.A.C(Mothers Against Canada)という団体を設立。国までをもそそのかしカナダへの空爆を開始し、テレンス&フィリップスは死刑に処することを決定します。







その後色々あって、M.A.C、陸軍、地獄のサタン、解放同盟の四つ巴の攻防がテレンス&フィリップスの処刑イベントで繰り広げられます。

四つ巴








一度テレンス&フィリップスは殺されますが、色々あって良いヤツになったサタンの力で、世界は戦争が始まる前の状態に戻されハッピーエンド。














★感想★
まぁ映画として面白い面白くないは別として、僕は嫌いじゃないですね。ミュージカル調になってて映画風には仕上がってますけどね。政治とか歴史に全く興味ない人は「どこで笑えば良いの?」ってなるとは思いますが、多少の造詣がある人はまぁ笑える部分は多いんじゃないですかね。大半がブラックジョークですからかなり人は選びます。
僕が一番面白かったのはケニーが死ぬシーンですね。死にかけのケニーが医者から手術を受けるんですが、医者が心臓と間違ってポテトを入れてしまったために死んでしまうわけなんです。ほんでそれを本人に告知するっていうのが面白かったです。「やぁ、ケニー。気分はどうだい?残念なお知らせなんだが、君は3秒後に死ぬ。」って言われた後にケニーは大爆発して地獄へ落ちてしまいます。
残念だったのは、日本語版吹き替えが通常のシリーズとは違うっていうところですね。特に名物キャラカートマンの声は普段はタレントのLiLicoが担当してるんです。すげーハマり役だったのに・・・。変える意味が全然わかりません。ましてや関西弁っていうのが全然意味不明でした。僕的には結構スベってましたね関西弁は。

今作も有名人が多数出てきましたよ。特にサダム・フセインはかなり重要なキャラで、地獄のサタンの恋人っていう役で出てます。結構な頻度で出てくるので、別にタブーじゃない気がしてくるくらい。
あとは、ヒトラーとかガンジーも出てくるし、女優のウィノナ・ライダーや俳優のボールドウィン兄弟とか、フィギュアスケートの選手とかも出てきます。
差別発言も安定でしたし、何よりテーマがアメリカVSカナダの戦争っていうあたりでもうタブーもくそもないわけですよね。

とにかくこんなジョークばっかですから。嫌いな人は嫌いでいいと思いますよ。全然笑えないっていう人も大勢いることでしょう。

ただね、この潔く言いたい事言いまくってるのは僕的には非常に好感が持てましたよ。このサウスパークに関しては今更ですけどね。想像に難くなく、やはり今作も多数の批判が寄せられているわけです。しかしこのシリーズがここまで長続きしてるのはそんだけ需要があるってことですからね。別に差別発言が正しいどうこうじゃなくて、単純に「そこまで言っちゃってる」っていうことが面白いわけで、その内容うんぬんをモラル的になんやかんや言うのは僕の中では相当なナンセンスですけどね。
そこを全く理解できない頭でっかち達が大勢いるからメディアは衰退しやすいってんですよ!
「笑えない」とか「つまらない」っていう消極的な批判はいいにしても、「間違ってる!」とか「不謹慎だ!」とかいう積極的な批判をしてくるやつは何なんでしょう。過剰な自主規制ムードが今後も進んでいくと、面白い映画が減っていきそうで僕は心配です・・・。





まぁただね。とは言ってもこのサウスパークに関しては正直カバーしきれない部分も多々あるわけですよ。「いやいやさすがにそこはっ!」っていう部分もお構いなしだし、あまりにもレベルの低い下ネタもガンガン飛び交うわけで・・・。笑ってる僕からしても批判は納得です。









要するに言ってみれば問題作です!問題シリーズです!


でも面白ければ僕的には全然OKです!!







許容範囲の人は是非どうぞ!!!



















ケニーが殺された!!この人でなし!!    スタン&カイル

















お試しあれ!!







サウスパーク 無修正映画版   1999年  アメリカ


ジャンル:アニメ
  監督:トレイ・パーカー
声の出演:アメリカザリガニ
       TKO