どうも!僕です!!

今日はこちら!!!



グアンタナモ




「グアンタナモ、僕達が見た真実」です!2006年のイギリス映画。キューバ東部のグアンタモにある米軍収容基地に、アルカイダメンバーと間違われ監禁された青年達の真実を描いたドキュメンタリー映画です。



監督は「CODE46」などで知られるマイケル・ウィンターボトムです。







ではあらすじ。イギリスに住む青年アシフ(アフラン・ウスマン)は自分の結婚式の為、友人のローヘル(ファルハド・ハールーン)、シャフィク(リス・アフメッド)、ムニール(ワカール・スィッデキー)と共に4人でパキスタンへと帰国します。

しかしパキスタンの隣国アフガニスタンは紛争の真っ只中。現地の難民のために何かできないかと、よせばいいのにアフガニスタンへ入国することにします。




アフガニスタンへ入国したは良いものの、北部戦線で戦闘に巻き込まれてしまう4人。ムニールはここで行方不明になってしまいます。






どうにか撤退したい残りの3人でしたが、タリバン兵士達と行動を共にすることになってしまいます。


兵士





激しい戦闘から命からがら生き延びた3人でしたが、兵士と間違われアメリカ軍に捕まってしまいます。


拘束





イギリス在住の為不審に思われたのか、3人はアルカイダ関係者であるとの容疑をかけられグアンタナモ収容所へと送られます。







手錠に目隠しをされ、「お前アルカイダだろ」と執拗に尋問を繰り返される日々を繰り返す3人。

目隠し






どうにか認めさせるため、米軍はあの手この手。イギリス大使館外交官を騙ったり、激しい拷問でどうにか吐かせようとします。



しかし違うもんは違うわけなので、当然何も出てきません。





いつしか彼らはオレンジの囚人服を着せられ、檻に収容される生活を送るようになります。



オレンジ










囚人同士の会話どころか、イスラム教徒の日課である礼拝すら禁じられる厳しい日々。






しかし無実の罪を着るつもりは無い3人は、ただただ耐えていきます。








そして2年半という長い月日を経て、彼らは無事帰国を許されるのでした・・・。


解放













おわり






★感想★
昨今世界中を賑わせている「イスラム国」。彼らが人質に着せる恒例のオレンジの服は、このグアンタナモ収容所がルーツと言われています。要するに「昔はイスラムの人民が酷い事されたけど、今は立場が逆転してるぜアメ公。」っていうメッセージを含めた一種の揶揄なんでしょう。
作品中は再現にあたる物語の主軸と、その当時を振り返る3名本人のインタビューが平行して進んでいきます。このときはああだったこのときはこうだったという詳細が語られるわけなんですが、まぁ米軍が行った仕打ちは酷いもので、情状の余地は全くないですわな。
見ていてキツそうだったのはこれ。

メタル

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、足と手を床に固定された状態で爆音のメタルミュージックを延々聞かされるというちょっと斬新な拷問。本人はかなりキツそうです。体勢もさることながら、破壊的な音楽により精神を崩壊させようとする鬼畜の所業です。
この拷問はもちろん実際に行われており、それに関してパール・ジャムやR.E.Mというロックバンドが激しく抗議をしているという現実もあります。
この作品に関して言えることは、とにかく真実を述べているだけなのでそれに関しておもしろいもクソもないってことですね。真実を知ってそれをどう受け止めるかは人それぞれなので、作品そのものの「評価」ってのはなかなか難しいものがあります。

まぁしかしこのグアンタナモでの悲惨な現実がイスラム国を刺激したと考えると、テロリストを駆逐するっていう大義名分を持っていたアメリカのやりすぎた自己満足の正義が、新たなテロリストを生むというなんとも皮肉な結果を招いたわけですかね。もうちょっと冷静に尋問とかできなかったんでしょうか。
本当の現実はわかりませんが、少なくともこのグアンタナモでの凄惨な拷問が行われていたのは紛れも無い事実。前述の通りイスラム国が世界中を騒がしている今、第二次世界大戦のような派手さは無いにしてもこのような現実を知っておくのは悪いことではないと思いますよ。
特にこの作品はイギリスの作品なので、変にアメリカを美化しようとしてません。なので余計に現実味があるように思えないでもないです。




戦争を無くすってのはやっぱり難しいことなんでしょうねぇ。全人類に「許す心」があれば戦争は無くなるとは言いますが、ここまでの仕打ちを受けてそれを許すってのは確かに難しいことですよね。これ以上に凄惨な現実があると仮定すると、やはり武力を治めるのは武力しかないように思えちゃいます。







いつになく感傷的な気持ちになる僕でした・・・。


















この世界はいい所じゃない    アシフ
















おためしあれ!!!




グアンタナモ、僕達が見た真実   2006年  イギリス




ジャンル:ドラマ
  監督:マイケル・ウィンターボトム
  出演:ファルハド・ハールーン
      リス・アフメッド
      アフラン・ウスマン





映画評論・レビュー ブログランキングへ