どうも」!僕です!!


今日はこちら!!

プロジェクトX


「プロジェクトX」です!NHKの番組じゃありませんよ!!

2012年のアメリカ映画で、名作コメディ「ハング・オーバー」の監督トッド・フィリップスも制作に参加している、「高校生の乱痴気騒ぎがエスカレートしていく」という作品です。

監督はPVの監督などをしているニマ・ヌリザデというイギリス人。出演者はちょいちょい有名な人はいますが、大して有名ってわけでもないので割愛します。ちなみに出演者が何故か「実名」で出てる人が多いってのがちょっと特徴的です。












ではあらすじ。



高校生のトーマス(トーマス・マン)は誕生日を迎えます。そこで、家を両親が空けるのを良いことに、友達のコスタ(オリヴァー・クーパー)とJB(ジョナサン・ダニエル・ブラウン)と自宅でパーティーをすることに。


3人組
(左からJB・トーマス・コスタ)




特にコスタがノリノリ。「女をいっぱい呼んでこの女日照りの生活から脱却しよう!!」みたいなこと言うわけです。


しかしこの3人は学内ではなかなか地味な方で、自分のロッカー前にいる不良に声をかけることにすらビビってしまう程の臆病者。








とはいえどうにかパーティーを成功させたいコスタは、あの手この手で参加者を募集します。


会場自体も大量の酒はもちろんのこと、DJブースを設置したりとかなり気合を入れた仕様に。




いざパーティー当日。願いが通じたのか、トーマス家に大量の参加者が!!



参加者




すんごい大量の人が押し寄せ、トーマス家はもはやクラブ状態に。



DJブースは大盛況!!!

DJ








トーマスの愛犬マイロも超ご機嫌!!!



犬





このマイロが特に絶好調です!













ダッチワイフの上で優雅に水上を遊泳!!

犬2





トランポリンでもはねるはねる!!!

犬3









みんなもプールに入りだしていき、パーティーのボルテージは徐々に上がっていきます!!!


プール









女性も水着を脱いで入ったりして、まさに乱痴気騒ぎ。近隣住民のクレームも気にせずパーティーはドンドン盛り上がっていきます!!








遂には大量のパーティードラッグ「エクスタシー」が登場し、全員がガンギマリの状態に!






主役のトーマスはすっかりダウナー状態に!


ダウナー












すっかりキマった連中のパーティーは止まるところを知らず、家中のものが次々と破壊されていきます。










お父さんの大事な車がプールへビシャーン!!!


車










いよいよ取り返しのつかない状態にまで来てしまった感が出てきたころ。






遂に近隣住民により通報され、警察が現場へ到着。




 

パーティー参加者と警察が激しく応戦→火炎放射器を持った男が乱入し、地域一体が家事



という展開になりながら、パーティーはド派手に収束を迎えたのでした。






父には叱られるというよりも呆れられながら、しかし「ここまでする度胸があるとは」と少しだけ感心をされたトーマス。




最終的にパーティーをきっかけに少し大人になれた気がし、彼女をもゲットしたトーマスなのでした。




彼女






 

おわり











★感想★
ん~まぁ面白いというよりは楽しいって感じでしたね。ただ単に酔っ払いが騒いでいるのを延々見てるだけなので。そもそもホームパーティーっていう習慣があまり日本ではないので、イマイチ感覚がつかめません。
まぁただとにかくみんなが楽しそうなので何か微笑ましい気持ちで見入ってしまう作品でした。
ただせっかくトーマスもエクスタシーを決めたんだったら、何かトーマスもえらいことやっちまうみたいな演出は欲しかったですね。一応屋根からトランポリンに飛び降りたりはするんですけど、なんかこうもっと失敗をして欲しかった!トーマス自身が家のものを壊してしまうとか、もっとそういうパンチが欲しかったです。
そもそもエクスタシーを使う前と使った後の全員のテンションの違いっていうのがあんまし露骨に出てなったのが惜しいです。せっかく使うならもっと激しくいろいろして欲しかったですね。
結局ダラダラ騒いでるだけなので、一番比重があるところというか、盛り上がる部分がわからないってのはありましたね。まぁ登場人物は作中ずっと盛り上がってるんだけど。
あとラストで主人公とヒロインが結ばれるっていうのはあまりにも都合が良すぎる結末な気がしました。いくらなんでも良いところに着地しすぎ。



あと「ファウンド・フッテージ形式」で描かれてるんですよこれ。作中のカメラの視点が、登場人物の視点であるっていう設定ね。まぁ正直これ必要あったの?って気がしないでもないです。




ただ楽しそうな雰囲気はすげぇ良く表されてたと思います。特に音楽がすごく効果的に入れられてたので、華やかさというか場のテンションをうまく作ってた気がします。







要するにストーリーどうこうではなく、若者の乱痴気騒ぎのプロモーションビデオです!!















あれは、伝説の夜だ  コスタ










 



お試しあれ!!!


プロジェクトX   2012年  アメリカ



ジャンル:コメディ
  監督:ニマ・ヌリザデ
  出演:トーマス・マン
      オリヴァー・クーパー
      ジョナサン・ダニエル・ブラウン
      カービー・ブリス・ブラントン