どうも!僕です!!

今日はこちら!!! 



凶悪







「凶悪」です!久々に邦画を紹介します!2013年の日本映画で、通称「上申書殺人事件」という、とある死刑囚の告発を「新潮45」という雑誌が記事にしたことから殺人事件の首謀者を逮捕したという、実話を元にした作品です。





そのタイトル通り結構凶悪な事件なので、「実話なんだ」という目線で見るとなかなか恐ろしいものがある作品です。





監督は「ロスト・パラダイス・イン・トーキョー」でデビューした白石和彌。
主演はスーパー胸毛俳優山田孝之。その他出演は、もはやミュージシャンのイメージが薄れつつある「電気グルーヴ」のピエール瀧。あとスーパーマルチタレント、リリー・フランキーや「ジョゼと虎と魚たち」の池脇千鶴なんかも出てます。












ではあらすじ。










雑誌の記者の藤井修一(山田孝之)は、死刑囚須藤(ピエール瀧)から手紙をもらい面談をすることに。



須藤




そして須藤は、藤井に自分に誰にも話してない余罪があることを告白します。
  1. とあるじいさんを焼却炉で燃やた
  2. とあるじいさんの土地を転売して生き埋めに
  3. とあるじいさんに保険金かけて酒飲ませて殺した

という3つのもの。
淡々と抜かしてますが、とんでもねぇ悪党ですコイツ。現在最高裁に上告中らしいですが、どう考えても死刑が妥当です。 




しかし須藤曰く、これらの事件の首謀者は全て彼が「先生」と慕っていたとある不動産ブローカーであるとのこと。



これらを告白したところで彼の刑が減刑されるわけではありません。むしろ最高裁ではかなり不利になります。しかし、「先生」がシャバでぬくぬくやっていることが許せない須藤。そして何より、改心した須藤の心こそがその余罪を吐露させたのであります。






ジャーナリストとしての使命感から、この事実を闇に埋もれさせたくない藤井。ところが現実は厳しく、死刑囚の新たな事件の告白よりもグラビアアイドルの不倫の方が世間の興味を引く時代。




しかし編集長の指示や、家庭で妻を悩ます母の痴呆。そんなものはどこ吹く風。

藤井は須藤のあいまいな記憶を頼りに単身捜査を進めていきます。



当然捜査は難航、というか途方にくれる作業。巨大な地図を作成し、とりあえずしらみつぶしに当たっていく作業となります。




地図









その後、どうにかこうにか事件の真相を突き止めてきた藤井。そしてここから事実の判明、回想シーンに。










先生


コイツが「先生」こと木村(リリー・フランキー)。


まず1つ目の焼却炉事件。借金を踏み倒そうとした男を「カッとなっちゃってw」とか言って、首を絞めて殺したことを須藤に告げ、死体の処理を依頼します。



そこで須藤は、「心配無いって」とか言ってノリノリでとある建築屋の社長のところへ。そこの焼却炉を無理矢理借りて、何の抵抗も無く死体をバラバラにし、焼却炉で焼いちゃいます。



バラバラ




焼きながら「肉食いて~」とか言っちゃうくらい彼らには平凡というか、特に大事件ではないようです。










その後2人は更に仲が深まり、共謀して悪事を働いていきます。









続いて2人目。







土地を勝手に転売したいが為に、今度は計画的に殺します。その土地の所有者が入っている介護施設の男と組み、じいさんを事務所へ呼びます。



しかしここで問題発生。前回の焼却炉を使って死体を処理する予定が、建築屋がイモ引いて焼却炉が使えないことに。




須藤「どうすんだよ~」





先生「使ってない土地あるから埋めちゃおう」









須藤「オッケー♪」












































殴る

「うぉらぁぁああっ!!!」













なんと彼らは、このじいさんを生き埋めにしちゃいます。せめて殺してからにしてくれれば少しは楽なのに!!



生き埋め












続いて3つ目。借金が積もりに積もってもうどうしようもなくなってきたとある電気屋。そこで借金を作ってしまったじいさんに保険金をたんまりかけて殺しちゃおうということに。

餅は餅屋。そんなきな臭い行動にもってこいの「先生」がその相談を受けます。当然須藤も一緒。



保険金目当てなので他殺はまずい。ってことで酒をガンガンガンガン飲ませまくります。



酒





何がエグいって、このじいさんは自分が酒の飲みすぎで死ぬこと。そして家族がそれを依頼してきたという事実を知らされているということです。



「もう飲めない」と言うじいさんに「いいからもっと飲んで死ねやーーー!」と罵声を浴びせる先生一行。






もはやこの場は悪のるつぼ!スタンガンでじいさんをいじめちゃう先生軍団!!



スタンガン







もうこれには先生大爆笑!!完全にツボに入ってます!!!


爆笑











さぁさぁ宴もたけなわですが、そろそろここでお開きにせねば!!









先生が見つけたのはこれ!!!




スピリタス




アルコール度数96%。スピリタスです!!!



僕の経験上ショットで飲むのもかなり過酷なお酒!はっきり言って除光液飲んでるようなもんです!本来は医療用であったりとか果実酒を作るために使われるものであり、本場ポーランドでショットで頼むとかなり馬鹿にされるんだとか!!ちなみに商品にもよりますが、一般的なビールのアルコール度数は5%前後、焼酎が20~25%、ウォッカやウイスキーで約40%程度です!参考までに!!!!








さぁさぁそんなスピリタスをがぶ飲みさせられるじいさん!





がぶ飲み








これが致命的となり、じいさんは死去。その後とある土地に埋められたのでした・・・・。



















回想シーン終了。




これらの事実を全て突き止めた藤井。編集長をも納得させる記事を仕上げ、雑誌に掲載させることに成功。



このことがきっかけとなり、先生こと木村は逮捕されます。











しかし物証があまりに少ないため、木村は無期懲役が限度。つまり死刑にはならないのです。




そのことからか、なにやら余裕があるように見受けられる先生。








藤井は最後に先生と面会します。






先生は言います。


「私を殺したいと一番思っているのは、被害者でも恐らく須藤でもない・・・。」





そういうと先生は、ガラスの向こうの藤井を指すのでした・・・。

指を指す











おわり













★感想★
怖い!!怖いっす!!実話ですよこれ!!細かいところは事実と違うんでしょうけど、大筋は事実です!!
特に回想シーンからの、須藤と先生の悪党っぷりはすんごい!人を殺しても超平然としてるんですよ。なんか死体運ぶときも「ちょ!ちょ一旦置こ一旦置こ!」とか、死体を入れたバスタブの横で気持ちよさそうにシャワー浴びたりとか、とにかく動揺がまるで無い。レイプやらシャブやら、とにかく悪っていうのが存分に出てます。
その「心底悪いヤツ」っていうのをピエール瀧とリリー・フランキーがすげぇうまく演じてます。多分この人たち本当に悪い人です。いやいやそれくらい生生しいですよ。一部快楽犯的な部分もあり、とにかく極悪非道。そのくせ欲するのは金とかメンツみたいな、すげぇ身近なものです。だから余計に親近感と言うか、遠い世界の話じゃないように思えちゃうんですね。「オレが神になる!」みたいないわゆるサイコ的というかオカルトな部分が(実話なので当然ながら)全く無いので、自分の身にも起こりうるっていう雰囲気を感じます。
そしてそれを助長するのが池脇千鶴演じる主人公藤井の妻。彼女は痴呆症がどんどん酷くなってくる夫の実母の面倒を見ていますがかなり疲労気味。そのくせ肝心の夫は取材に没頭してるのでストレス溜まる一方。そんな彼女は、「母の死を望んでる」的なことを言い出します。そして「自分はそんな人間とは思ってなかったけど違った」と言います。ここですね!つまりは善人のあなたもいつ悪人になってもおかしくないんだぞっていうメッセージに聞こえましたね僕は。この登場人物のおかげで作品全体の雰囲気がより一層ダークな方向へ進みます。
山田孝之も池脇千鶴も、そこらへんのだんだん疲れていく雰囲気をうまく出してました。はっきり言ってキャスティングが完璧な作品でした。






スッキリする映画ではないです。しかしこの凶悪な事件を一種のエンターテイメントに変えれたのはすごい事と思います。


賛否両論あると思う作品ですが、僕は好きでした!本格社会派サスペンスです!!!





















どうせ死ぬなら、綺麗になって死にてぇ    死刑囚須藤



















お試しあれ!!!







凶悪  2013年  日本

ジャンル;サスペンス
   監督:白石和彌
   出演:山田孝之
       ピエール瀧
       リリー・フランキー
       池脇千鶴










映画評論・レビュー ブログランキングへ