どうも!!僕です!!!

今日はこちら!!
 

凶気の桜



「凶気の桜」です!2002年の日本映画で、ヒキタクニオという人の小説を映画化した作品です。偏ったナショナリズムを持つ少年3人組「ネオ・トージョー」が、右翼団体・政治結社・暴力団等と関わりながら自分たちの理想を求めていくというお話です。



主演は卍LINEこと窪塚洋介!こういった狂った感じの演技には定評があります。
その他出演は元モデルのRIKIYAや、当時はまだ現役格闘家だった須藤元気、いつでも安定したロン毛の江口洋介などなど!

監督はHIPHOPグループのPVなんかも手がける薗田賢次という人です。








ではあらすじ。ネオ・トージョーの3人組である山口(窪塚洋介)・市川(RIKIYA)・小菅(須藤元気)の3人は、「暴力こそ正義」という信念の下、渋谷を中心に喧嘩三昧。一般市民の心の中から忘れ去られた「愛国心」を思い出させるため日々奮闘中。

カツアゲやレイプなど、行動そのものに信念が感じられないように思えますが、カツアゲ=「奪還」、暴力=「矯正」、レイプ=「排泄」と謳い、自分達の正義を頑なに曲げようとはしません。


さぁそんな中ネオ・トージョーの3人は右翼系政治結社「青修」へと呼ばれ、そこの若頭である兵藤(本田博太郎)に連れられて青田会長(原田芳雄)に会います。


さらにそこには三郎(江口洋介)という消し屋も一緒です。消し屋とはいわゆる殺し屋です。


特に中身のある話をしたわけでもないこの会談。とりあえず消し屋との対面を終えたネオ・トージョーは、会長から車を譲り受けます。



これを機にネオ・トージョーと青修との距離は縮まっていくことになります。




一緒に食事をしたりする中で、山口は会長・市川は三郎・小菅は兵藤にそれぞれ魅力を感じ、心を奪われていきます。






そんなある日。とあるクラブで外国人がシャブをやっているという情報をキャッチしたネオ・トージョー。
その外国人の現場を取り押さえ、お決まりの暴力で「矯正」にかかります。


矯正






さすがは欧米人というか、いつになく苦戦を強いられたネオ・トージョー。数が多くなってきた外国人チームを相手に、命からがらなんとかクラブを脱出します。




しかしこの事件を境に山口と小菅が衝突。小菅はネオ・トージョーを去る決意をします。



悪いこととは連鎖するもので、ネオ・トージョーが襲撃したクラブは青修の敵対組織小西組の息のかかった店であることが発覚。


青修がネオ・トージョーに命令をしたかは問題ではなく、襲撃をしたネオ・トージョーと青修に交友関係があるというのが問題なわけで、非常にまずい状態に。


兵藤の命令で、市川は三郎の元に向かいます。


ちなみにこのときに発覚するのですが、小菅は青修にばっちり入会しちゃってます。




山口は青田会長のボディーガードとなったころ、青田会長と兵藤の2人は小西組へ話をつけに行きます。




話


しかしこの頃になると、青田会長の体調がどうもおかしくてなかなか話が進みません。


戦争にならないように小西のシマを買い取る交渉に来たわけなんですが、とても話が進まず取り合えず差し戻しに。







ならばと動き出したのが兵藤。三郎を使い、小西組の組長を殺します。その上市川を催眠状態に陥れて、彼を犯人に仕立て上げちゃいます。


犯人





市川が冤罪だということは当然わかっている山口はもうブチギレ。しかし市川が自首してしまった以上はもうどうにもなりません。





さらに小菅。兵藤の命令で例のクラブに謝罪に行きますが、納得のいかない外国人たちにフルボッコにされてしまします。



半身不随


下半身不随という重傷を負わされた小菅。





更には青田会長も、やはり三郎によって消されます。

 自殺



「うつ病」という診断が出ていた会長。兵藤から依頼を受けていた三郎により「自殺」したことにされちゃいます。









自分の大切なものを全て奪われた山口は完全にブチギレ!!!会長からもらった模擬刀で兵藤を殺しにいきます!!!




スライス






見事兵藤の腕をスライスしてやった山口!!とどめだー!!!





というところで後ろから三郎が登場!!





三郎


おいしいところを持っていたのは結局三郎でした。






三郎は、会長を殺す直前に会長から兵藤を殺す依頼を受けたようです。





自分は殺されないのか・・・?疑問を問いただすと三郎は




「お前の命には値段が無い。殺しても意味が無い。」








みたいなことを言い放ちます。














悔しい山口・・・・。








とにかく悔しくて仕方ない山口・・・・。










































うぉぉぉおおオアあああああああぁぁぁあああ!!!!!!

うああああ







悔しさのあまり、ちょっと面白い顔をして絶叫する山口君でした。








おわり




















★感想★
ん~ストーリーが大した事無さ過ぎましたね。結局は「大人に翻弄される若者」みたいなものを描いてるんでしょうが、話がぶっ飛びすぎて感情移入がなかなかできないですね。
せっかく暴力描写が多いので、もっと周りのアイテムを使ったりとかチームワークが出す必殺技みたいなのがあればより面白くなったかなーと思います。
全体的にダラダラと暴力→現実→ダラダラと暴力→現実の繰り返しっていう印象でした。垂れ流し感が否めないので山場が本当にラスト以外は伝わってこなかったですね。
仮面ライダーV3が出てきたりとか、主人公山口が居合い切りで画面を真っ二つにしたりする演出があるのですが、面白いとは思ったのですが統一性が無いので意味がよくわかりません。とりあえずやってみたいことやっただけですねこりゃ。

配役(特に主役3人)はとっても適役だと思っただけに、ストーリーの薄さと演出のヘボさが残念な作品でした!!!









お試しあれ!!!






凶気の桜    2002年 日本

ジャンル:バイオレンス
  監督:薗田賢次
  出演:窪塚洋介
      RIKIYA
      須藤元気
      江口洋介





















映画評論・レビュー ブログランキングへ