どうも!僕です!!

今日はこちら!!!











「ドッジボール」です!!2004年公開のアメリカ映画。ローソン・マーシャル・サンバーという人が監督のコメディ映画です。


「コスパが良い俳優ランキング」で1位になったこともあるというヴィンス・ボーンと、「メリーに首ったけ」でいち大物俳優となったベン・スティラーのW主演。ヒロイン役のクリスティン・テイラーは、ベン・スティラーの本当の奥さんということでそこも注目ポイントでございます。




多分今んとここのブログ史上一番くだらない映画です!!!









ではあらすじ。





ピーター(ヴィンス・ボーン)が経営するスポーツジム「アベレージ・ジョーズ」は、道の向かいにあるスポーツジム「グロボ・ジム」が好評のせいかかなりの経営難。




ある日銀行から仕向けられた弁護士ビーチ(クリスティン・テイラー)が現れます。
彼女曰く、「融資の返済が滞ってるからいよいよジムそのものを差し押さえるぞ。嫌なら30日以内に5万ドル払え。」とのこと。


ちなみに「アベレージ・ジョーズ」を買い取ろうとしてるのは、例の「グロボ・ジム」のオーナーホワイト(ベン・スティラー)であることが発覚します。


ホワイト





まぁとにかくこいつが気持ちの悪い変態ヤロー。あえて自分の前においしそうな食べ物をおいて、それを我慢することに快感を覚えたりしてるキチガイさんです。






ピーターのジムは会員こそ少ないものの、その数少ない会員たちにとってはただのジムではなく、心からの憩いの場となっております。「アベレージ・ジョーズ」をつぶして「グロボ・ジム」の駐車場にするなんてほざいてる変態ホワイトなんかには絶対渡したくないわけです。





なんとしても30日以内に5万ドルという大金を用意する方法を考えなければ!!




そんな折、一人のジム仲間が雑誌から発見したのがドッジボール大会!!!
ラスベガスで行われる決勝大会で優勝した際の賞金は、こりゃまたうまいことなんと5万ドル!!!






それに賭けるしかねぇ!!ってことでジム仲間が一致団結。まずは地区予選に出場します。
何たる幸運か、予選に出場するのはジョーズチーム以外には1チームだけ。つまりそこに勝てば本戦出場となるわけです!!!



いい感じいい感じ!!!!




気になる相手はこちら!!


ガールスカウト



ガールスカウト「第417団」です!!




ガキ相手なら楽勝!ってことで試合スタート!!




しかし元々イケてない連中の集まりであるジョーズチームは当然運動神経ゼロ!ルールこそ事前にビデオで勉強したものの、肝心の身体がついていってないので防戦一方です!


ボコボコ




気の強い少女たちにコテンパンに虐められたジョーズチーム。結局あっさり敗れてしまいます。





夢は儚く散ったのか・・・。





しかし!!!なんと第417団の選手がドーピング検査にて陽性反応があり失格に!!


繰り上げで本戦出場を果たしたジョーズチームでありました。


とりあえず一安心。バーで祝勝会をやっていると、例のホワイトさんが。


コブラ




どうやらグロボ・ジムも、「紫コブラ」なるチームを作り参戦する模様。



ちなみにこのチームの秘密兵器は紅一点、ドッジボールが国技の国出身で史上最強の破壊力を持つ「ドッジボール界の魔女」、フラン・スタリノフスキビッチ・ダビドビッチスキーさんです。



ビッチ








このやりとりをたまたま見ていたのが、ドッジボール界のレジェンド、オフーリハン元選手。


彼に目をつけてもらったジョーズチームは彼からもう特訓を受け、本番に備えます。

とにかく気色の悪いホワイトに痺れを切らしたビーチも、「ホワイトが負けるところを見たい」との理由でジョーズチームに参加を表明します。



メンバーも揃い、特訓も万全の状態でラスベガスでの華やかなドッジボール大会スタート!!!




大会


ドッジボールでここまで人が集まるとはさすがはベガス!!賞金5万ドルと栄誉を求め、各国から精鋭たちが集まり熱い戦いを繰り広げます。






オフーリハンの特訓の成果か、並み居る競合を押しのけジョーズチームは見事決勝進出を果たします。もちろん決勝の相手は宿敵「紫コブラ」です。





決勝前夜、ホワイトはピーターの部屋を訪問し、「10万ドル出すからさっさとジムを売れ。だからドッジボールは諦めろや。」と持ちかけます。それもそのはず、そもそも明日の決勝のオッズ、ジョーズチームは50倍となっておりもはや誰も勝つとは思っていない状況です。
ホワイトの出した破格の条件にピーターは果たして乗るのか否か・・・。








いざ決勝当日、ピーターが遅れて登場したことでちょっとひと悶着あるわけですがとりあえず試合開始!!



決勝にふさわしい熱い戦いにアドレナリン出まくりのホワイト!!


全開








しかし接戦の末、見事ジョーズチームが勝利!!文句なしに賞金を獲得!!!これでジムも安泰!!!





と思いきやホワイトがここでチクリ。「金もらっても無意味だ!!お前昨日オレにジム売ったやんけ!!!」と言い放ちます。



売ったんだ・・・。信じられない・・・。そんな表情のチームメイトたち。








と、そこに謎の現金が。


現金







ここでピーターの書いた絵図が明らかに。


ジムを売って現金10万ドルを得る
        ↓
その金を自分たちが勝つ方に賭ける(オッズ50倍)
        ↓
500万ドルゲット
        ↓
その金でグロボ・ジムの株を買占め
        ↓
筆頭株主となりアベレージ・ジョーズを取り戻す(ホワイトはクビ)



というなんとも男前な展開。




 ジムが戻ってみんなハッピーハッピー。悔しさのあまり生活が崩壊したホワイトは、元ジムのオーナーでありながらブクブク太っていくのでした・・・。














終わり










★感想★
まぁ割と面白かったです。ギャグ部分は下ネタが大半で結構下品なものが多いので嫌いな人もいるかとは思います。しかし話し全体が小気味よく進んでいくのが良いですね。細かい設定とかを気にしなくて良いのがコメディの楽なところです。細かいところを言うと話の流れがいろいろ不自然な部分は多々あるわけなんですが、コメディにあまりそこを求める必要はないと思うので僕的には全然OKでした。
ドッジボールシーンが決して手の込んだ迫力のある作りになっているわけではないので、もし見るつもりの方はそこはご留意を。
自転車の有名選手ランス・アームストロングをはじめ、色んな著名人が本人役として登場してくるのでそこも楽しめるポイントですね。


というかとにかくこの映画はベン・スティラーの演技様々ですね。彼のコミカルにイカれた演技が映画全体の雰囲気を決めてる印象。気持ち悪いけど憎めない、でも本当に気持ち悪い男になりきっているのが非常に良かったです。




結局のところ、笑いのツボみたいなのは人それぞれなのでこの映画の好き嫌いも人それぞれでしょうね。






下ネタ嫌いな人は見るのはやめたほうが良いでしょう!!








今日も名言を紹介してお別れします!!!












「金は苦労の末より楽に得る方が魅力的だ」(ピーター・ラ・フルール)








お試しあれ!!!














ドッジボール   2004年   アメリカ

ジャンル:コメディ
  監督:ローソン・マーシャル・サーバー
  出演:ヴィンス・ボーン
      ベン・スティラー
      クリスティン・スティラー






  



映画評論・レビュー ブログランキングへ