どうも!僕です!!


今日はこれ!!!


 ロシアンルーレット




「ロシアン・ルーレット」です!2010年公開のアメリカ映画。「13/ザメッティ」という映画のリメイク版で、両方ともゲラ・バブルアニというフランス人が監督しています。




主演はサム・ライリーという人。最近で言うと「マレフィセント」なんかに出てます。
その他出演は「アドレナリン」なんかでお馴染み、アクション映画のイメージが強いジェイソン・ステイサムや「レスラー」の演技が高評価されたプロボクサー俳優ミッキー・ローク。ヒップホップ歌手の50セントなんかも出てて意外と豪華です。








ではあらすじ。



病気の父と貧しく暮らす片田舎の青年ヴィンス(サム・ライリー)。ひょんなことをきっかけに何やら大金がもらえる仕事があるという情報を得ます。




仲介人を通していざ会場へ。中はこんな感じ!!

会場




何やら番号が書かれたTシャツを着せられとっても嫌な雰囲気。



しかし途中棄権は出来ないルールなので仕方なくゲームに参加するヴィンス。





しかしそのゲームはなんとも危険なものだった!!!




スタート




フィールドに円形に並べられたプレイヤー達。彼らはそれぞれリボルバー式の拳銃に1発だけ銃弾を込めて自分の前の人の頭に狙いを定めています。そう「ロシアン・ルーレット」です!!







中央の電球に明かりが付いた瞬間がスタート。

いっせいにドカン!!!

運が悪い人は後ろの人間に撃たれてあの世行きってわけです。





死ぬ

運の有無が分かれた人たち↑









なんとか第1Rをクリアしたヴィンスでしたが、狂気のゲームに疲労困憊。しかし途中で逃げ出すわけにも行かずその後もゲームに参加します。







銃に入れる弾の数が増え死ぬリスクが増えていく中、ヴィンスは幸運にも勝ち進んでいきます。





決勝はちょっと精神病持ちのパッジェス(レイ・ウィンストン)との一騎打ち。



一騎打ち






そして見事勝利!!!

勝利










勝ち残ったヴィンスは賞金185万ドルという大金をゲット。





現金を持ち歩くのは怖いので、先に母の元に郵送
        ↓
決勝で殺されたパッジェスの弟(ジェイソン・ステイサム)は逆恨み
        ↓
新幹線の中でヴィンスを殺害
        ↓
ヴィンスの鞄を奪って逃走(鞄の中身は現金じゃなくてぬいぐるみ)


逃走




というバッドエンドです。

















★感想★
なんだこりゃて感じですね。そもそもゲーム自体が完全な運なので盛り上がりどころがよくわかりません。第1Rはまぁ緊張感ありましたが、その後も同じ事を続けていくので「うん、わかったわかった。もういいよ。」ってなります。
仲介業者というか、プレイヤーのオーナーみたいな人がいて自分のプレイヤーが殺されてしまった人は別のプレイヤーにBETするっていうルールなんですよ。当然自分のプレイヤーにBETして欲しいオーナーはセールスするわけです。
パッジェスの弟は金儲けのために自分の兄を出場させる悪いヤツで、その兄をセールスするわけなんですが、まぁその方法の意味がよくわからないんです。
「ウチのは経験があるから勝つぜ」だって。いやいや運のゲームなんだから経験関係無くね?生きるか死ぬかは後ろに人が決めるわけだし・・・。っていうかそんなに連勝してるプレイヤーなら「そろそろ死ぬかな」って僕なら思いますけどね。
とにかくこのジェイソン・ステイサム演じる弟がまぁ滑稽なクズなわけですよ。根拠も無いくせに自信満々に兄をプレイヤーに送り込んどいていざ兄が負けたらマジで凹んでるんです。全然覚悟してなかったみたい。逆恨みしてヴィンスを殺した挙句、現金が入っていない鞄を盗んで逃走するというもう色気のかけらも無い男なんですよ。ジェイソン・ステイサムという俳優は割りと好きなんですが、いかんせんこの弟のキャラ設定があまりにも雑すぎて映画全体が酷いことになっちゃってましたね。
ゲームの会場もなんか変な狭いとこでやってるし・・・。賭けまでやってる大体的なイベントならフィールドもちゃんとしたの用意してやれよ!!!狭いとこでやってるもんだから、ゲームの開始を告げる電球が灯る瞬間も司会のヤツがサインを出してるのモロバレ。緊張感が著しく阻害されちゃってます。大体この司会のヤツがね、結構出てくるくせにキャラ背景とか一切無いし、変な雰囲気してるわけでもない、でもめっちゃ出てくるっていうなんとも邪魔な存在なんですよ。



文句は腐るほどあるわけですが、まぁとにかくここまで作りの甘い映画もあるんだなと思いました。ハリウッド俳優たくさん送り込んどいてこれかよ!って感じ。根本を覆しますが、だいたいどんなに大金がもらえるとしてもなかなかこのゲームに参加する人は少ないでしょ!いくらなんでも死ぬ確率が高すぎです。そんな現実味が無いテーマのくせに飛躍感はまるで無かったです。ぐちゃぐちゃではっきり言って欠片も面白くなかったですね。中学生が初デートとかでこんなの見た日にはマジで気まずくて仕方ないでしょうね。



酷すぎて逆にみんなに見て欲しいです!!!

















人生は一度きりだ。死ぬのも一度きり。(とあるプレイヤーのオーナー)


















お試しあれ!!!







ロシアン・ルーレット   2010年 アメリカ

ジャンル:サスペンス
  監督:ゲラ・バブルアニ
  出演:サム・ライリー
      ジェイソン・ステイサム
      ミッキー・ローク
      50セント


















映画評論・レビュー ブログランキングへ