プロシネマリーグ(ネタバレ満載)

言いたい放題での映画批評!! ネタバレ・解説等内容を詳細に語るときがあるのでご注意!

ロバート・ゼメキス

マリアンヌ

どうも!僕です!!


今日はこちら!!






「マリアンヌ」です!

現在公開中のアメリカ映画で、第二次大戦中に恋に落ちたカナダ人工作員とフランス人工作員の悲劇的恋愛を描いたラブストーリー。


監督は巨匠ロバート・ゼメキス。このブログで言うと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「キャスト・アウェイ」を紹介してます。
主演はブラット・ピット。最近「悪の法則」を紹介しましたね。
ヒロインを演じるのは「インセプション」「ダークナイト・ライジング」「サンドラの週末」等に出演しているフランス人女優マリオン・コティヤール。
その他出演は、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」のマシュー・グッドなんかが出てます。













ってことで中身。ネタバレがいやな人はご注意を。






















第二次大戦真っ只中。カナダ人工作員マックス(ブラピ)は、ドイツが制圧していたフランス領モロッコはカサブランカに潜入。そこでフランス人工作員のマリアンヌ(マリオン・コティヤール)と偽夫婦を演じつつ、ドイツ大使を暗殺するというミッションに臨みます。





大使暗殺は無事成功。そして擬似夫婦体験から本当に愛し合ってしまった2人は、ロンドンに戻り本当の夫婦となります。







戦争は続くものの、子供も授かり幸せな生活を送っていたマックス。しかしある日上官から呼び出され衝撃の言葉を打ち付けられます。



「お前の嫁さん、多分ドイツのスパイだよ。情報筒抜けになっちゃうから殺してね。殺さなかったら嫁さんもろともお前も死刑だから。」








との事。








焦るマックス。そして彼は独自に捜査を開始し、マリアンヌが本当にスパイかどうかハッキリさせようとします。









ほんで結果は黒。しかし最愛の妻を自らの手で始末するなんて鬼畜なマネはできないマックス。子供と三人で高飛びをしようと企てます。
しかし出発直前で軍幹部に見つかります。

もはやこれまでと悟ったマリアンヌ。愛娘アナの事をマックスに託し自害します。





悲しみにくれるマックスでしたが、その後アナの事をしっかりと育て上げ、自身の夢だった牧場を手に入れアナと幸せに暮らしたのでした・・・。

















おわり

















★感想★
ん~まぁそこそこって感じですかね。見れる程度には仕上がってますが、娯楽作品の域は脱してないというか・・・。何かこう感動感涙し得る要素っていうのが抜け落ちてる気がします。
っていうかまず根本的に、時間的スケールが明らかに足りないもんだからそこまで悲劇的に見えないんですよね。妙にサクサク物事が進んでるように見えてしまって、完全に他人事にしか見えなくて、つまりは感情移入しづらいかな、と。「大体この女と知り合って何年かしか経ってないんでしょ?」と思ってしまって・・・。感情の高まりと時間は必ずしも比例はしないというのは百も承知です!しかしそれを踏まえてもちょっとしっくり来ないですね。
まずマックスとマリアンヌが恋に落ちる瞬間っていうのが結構唐突なんですよね。「え?もう?」って感じです。その直後の砂嵐に囲まれる車内での濡れ場っていうのがハイライトの一つなのは言うまでも無いんですが、それはストーリー展開というよりも単純に置かれた状況と映像美の産物と思います。
「SPACE BATLLESHIP ヤマト」のキスシーンが頭をよぎりましたが、さすがにあそこまでは酷くないですね。

妙にサクサク問題でいうと、これは作品全体で言えることなんですがドイツ軍が弱すぎる!!!とにかく弱い!マックス1人にボコボコにやられまくりです。異常なまでのマックスの強さに拭い去りがたい違和感がつきまといます。


っていうかアクション・謎解き・恋愛という三つの要素が絡み合う作品なんですが、ハッキリ言ってバランスが悪いですね。各要素が活きるのではなく、単純に良さを消し合ってます。言ってしまうと、どういう作品に仕上げたかったのかがよくわからないくらいに色んな要素と色んなシーンがぶつかり合ってます。その要素単体で見るとそれなりに楽しめるんですが・・・。いや、やはり恋愛要素が弱いですね。ここの描写が必要量に達していないが為に作品全体のバランスに違和感が発生してると思います。
構成でいうと、(時間は計ってないんですが多分)二人が恋に落ちるまでよりもその後の「マリアンヌがスパイかも」謎解きに時間が多く割かれているばっかりに、感動よりもサスペンス的要素が勝ってしまってると思うんですよね。でも最後は感動的に終わっちゃうんで結果として「はい?」ってなってしまう気がします。
ちょっと「怒り」っぽい雰囲気になっていくんですが、あれは人間模様と謎解きを同時にうまく描けてたからまだよかったのであって、今作は・・・。う~~ん・・・。



まとめますと
  • 恋に落ちるまでが早い。ぬるい。
  • 後半の謎解きがメイン。その間に感情移入要素が少なすぎる
  • そんなんで感動的に仕上げられても困る

こんな感じですかね。っていうかそもそもマックスとマリアンヌだって人殺しまくってるんだから、戦争映画並に絆とか戦う理由とかを描いてもらえないとやっぱラストで死なれてもなかなか泣けないですよね。
あと細かいこと言うと、やっぱ乳母は誰がどう見ても怪しいよ。
















ってな感じで書いていきましたが、決して見れないくらいに酷い作品とかってわけではないですよ!ゼメキスらしく、「あ、何かここうまいCG使ってんな」と思わせるところもありますし!

















まぁそんなには面白くはないけど!!!


























お試しあれ!!





















マリアンヌ   2017年  アメリカ


ジャンル:ラブストーリー
  監督:ロバート・ゼメキス
  出演:ブラット・ピット
     マリオン・コティヤール
     マシュー・グッド




映画評論・レビュー ブログランキングへ 

バック・トゥ・ザ・フューチャー

どうも!僕です!!

今日はこちら!!


フューチャー



「バック・トゥ・ザ・フューチャー」です!1985年のアメリカ映画で、言わずと知れたSF超大作です。スティーブン・スピルバーグ総指揮の下製作された作品。監督は、「フォレスト・ガンプ」や、このブログで言うと「キャスト・アウェイ」なんかを紹介したロバート・ゼメキスです。


主演はマイケル・J・フォックス。スチュアート・リトルの声優なんかもしてましたが、最近はTVシリーズの出演が多いです。あと、名キャラクタードクを演じるのは、「アダムスファミリー」なんかに出てるクリストファー・ロイドです。












中身なんですが、話は結構二転三転します。








ドク(クリストファー・ロイド)がタイムマシーンを発明
     ↓
理由あってリビアの過激派から襲撃に遭う
     ↓
主人公マーティ(マイケル・J・フォックス)、タイムマシーンで30年前へ過去へ逃げる
     ↓
30年前のドクに協力してもらって現代へ戻ろうとする
     ↓
両親の出会いを邪魔してしまったマーティ。このままでは自分が消えてしまうと焦る
     ↓
無理やり両親をくっつける
     ↓
無事現代へ帰還。過去をいじったことによってドクの命も救われる
     ↓
しかし微妙に現代が変わってる
     ↓
すると今度は未来のドクが迎えに来る
     ↓
マーティ、次は未来への旅に出発










っていうお話です。














★感想★
いやーやっぱ面白いっす!そもそも当時にこの発想があったっていう事もすごいし、それをここまで表現できてるっていうのがホントにすごいですね。色んな名シーンもあって、そこが出てくるとやっぱ見てるほうも「うひょっ!」ってなりますよね。
例えばこれ!


通貨
タイムマシーン「デロリアン」が、見事ワープに成功したシーン。まぁ正直CGは今見るとやっぱりちゃちいですが、この微妙なコミカル感がやっぱり見ていて楽しくなりますよね。ドクが、自分が開発したくせに心底驚いた顔してるのがちょっとかわいいです。

あとね、過去に行ったマーティがステージ上で「ジョニー・B・グッド」を熱演するのもたまんないですね。ロックスターを夢見る青年が、時代を先取りした音楽を奏でることによって日の目を浴びるっていう、この1種のカタルシス的なものはやっぱ見ていて「くぅ~」ですよね。




要するにね、この作品のうまいところは、「過去と現代とのギャップを最大限に生かせている」ってとこですね。
それがストーリーの構成上うまく絡んでいる部分もあるし、オカズとしての笑いの要素にも繋がっていたりします。それこそマーティのライブシーンで、あまりの熱演に引いたオーディエンスに対して「君らの子供ならきっとわかる」みたいなこと言ったりとか、まだスケボーが無い時代に、木でできた即席のスケボーで逃走劇を繰り広げて歓声を浴びるとか。特に冴えた男のではなかったマーティが、30年前なら大スターになってるっていうのが見ていて楽しいです。



ただね、やっぱりこの作品ちょっと「ん?」ってなるとこはあるんですね。
ストーリーの一番大きな軸は、「両親をくっつけないと、マーティが消えてなくなっちゃう」っていうことなんです。
ほんでね、両親がもしかしたらうまくいかないかもみたいなシーンがライブ中にあるんですよ。そっからマーティが持ってる写真から、自分の姿がだんだん消えていって、マーティ自身の力も抜けていく・・・。っていうね。
ほんで両親がキスをした瞬間実際のマーティも写真のマーティも完全復活!!!!ってなるんですよ。
ここはなんかね、まぁドキドキはするんだけど「そういうことなのか?」とは思いますよね。
その消えかけていくところからキスして復活するところまで、マーティは何もしてません。つまり外的要因が無い以上、2人が結ばれるのはもう必然となっていたわけで、マーティがちょっと消えそうになるにはいささか説明がうまくいかない部分がありますよね。ここで言う外的要因っていうのは、未来から来たマーティのことですよ。

あとね、現代に戻ってきたマーティが、自分自身とリビアの過激派のバトルを見るわけです。つまりその空間には紛れもなくマーティが2人ってわけです。いやいやここもやっぱり「そういうことなのか?」と。


まぁね、「時間」っていうものをいじる以上どうしても矛盾点みたいなのは出てしまいますよ。




しかし!この映画はそんなことをくどくどつついていく作品ではありません!30年前にワープしてしまったマーティの奮闘を、シンプルに楽しむ映画です!若かりし頃の母親から口説かれるマーティを見て爆笑する映画なんです!!!










まさにエンターテイメント映画って感じです!さすが不朽の名作!



次回作は未来に行く話なので、それもいつかご紹介します!









今日は名シーン「ジョニー・B・グッド」と共にお別れです!!!






























お試しあれ!!!







バック・トゥ・ザ・フューチャー   1985年   アメリカ


ジャンル:SF
  監督:ロバート・ゼメキス
  出演:マイケル・J・フォックス
      クリストファー・ロイド
      クリスピン・グローヴァー






映画評論・レビュー ブログランキングへ

キャストアウェイ


どうも!僕です!!
今日はこちら!!

キャストアウェイ




「キャストアウェイ」です!2000年のアメリカ映画で、1人の男が無人島に漂流するお話です。

監督はロバート・ゼメキス。「バックトゥザフューチャー」シリーズの監督として有名ですね。
主演はトム・ハンクス。この人の作品は「プライベート・ライアン」を以前紹介しました。ロバート・ゼメキスとは、名作「フォレスト・ガンプ」で以前タッグを組んでます。
ヒロインはヘレン・ハントっていう人。「恋愛小説家」っていう映画でアカデミー主演女優賞を取ったこともある人です。


まぁとにかくこの映画は登場人物が少ないです。トム・ハンクス演じる主人公が無人島で生活するシーンが大半なのでそりゃそうなりますわな。



ちなみに「cast away」っていう英語は、「漂流した」とか「見放された」ていう意味があるらしいです。参考までに。






ではあらすじ。





運送会社フェデックスの管理者として働くチャック(トム・ハンクス)。彼は時間にとても厳しい男で、2,3分の荷物の遅れも許さない厳粛な人間です。



恋人ケリー(ヘレン・ハント)との結婚も意識していたクリスマスの夜、チャックとケリーはクリスマスプレゼントを交換します。チャックは、ケリーの祖父の形見の懐中時計(ケリーの写真入り)をもらい大喜び。その時計を大事に握り締めながら、彼は貨物飛行機へと搭乗します。



大晦日を共に過ごす予定の二人でしたが、その約束は果たされず。
嵐の影響で操縦不能となった飛行機は、太平洋へと墜落してしまいます。




奇跡的に一命を取り留めたチャック。目が覚めると無人島へ漂流していました。


漂流



思いがけずキャストアウェイしちゃったチャック。自分と一緒に漂流してきたフェデックス社の荷物をとりあえず何個か回収し、途方に暮れます。




サバイバルの知識などほとんどないチャック。ココナツの実を砕くことにすら難儀する状況の中、なんとか生き永らえていきます。

山頂へ上り島の全域を確認していると、海辺にとある遺体を発見。


それは飛行機の乗組員のものでした。遺体を放置するのも気の毒なので、埋葬してあげることに。しかし使えそうなもの(靴など)は拝借します。



その夜。遠~~~~~~くの方に船の明かりを発見。


「助けてくれぇぇぇえええええ!!!!!!」

と奇声を発しながらゴムボートで船へと近づくチャック。しかしこの島を囲む波はなかなかに高い。ゴムボート風情ではあっさりと転覆に追い込まれ、近づくことすら出来ないのでした。


ゴムボートは壊れてしまい、しかも自分まで負傷。さらにその日は大雨と来たもんでもはや泣きっ面に蜂状態。文字通りの孤島で行きぬくことは予想以上に大変なのだと痛感したチャックなのでした。





翌日、この日までに回収したフェデックス社の荷物を開封することにしたチャック。お客様の荷物を勝手に空けることはもちろんタブーですが、背に腹は代えられません。

食べ物が入っていると良いのですが、それぞれの中身はビデオテープ・離婚同意書・バレーボール・スケート靴・女性用のドレスなどなど・・・。使えるのか使えないのか・・・。





とりあえずそれらの荷物は保存。そして生きていくためには食べ物が必要で、食べ物をちゃんとした状態で食べるにはやはりが必要だと言う結論に至ります。






来る日も来る日も、木で木をこすり続ける日々。必死こいてこすっていたところで、チャックは手を負傷し血だらけに!!


ストレスがピークに達したチャックは、先ほどの荷物たちに当り散らします。


まぁしかし当たったところでどうしようもない。自分に火をつけても木に火はつかないので、もう一度トライすることに。


暴れたときに自分の血が付いたバレーボール。そこに顔を書き、「ウィルソン」と名づけます(ウィルソン社製なので)。




ウィルソン



ウィルソン君(ただのバレーボール)を自分の方に向かせ、いざリトライ。




空気をうまく取り込めば火を起こせることに気付き、見事大成功!!



火





ようやく火をゲットしたチャック。カニなどを焼いて食べることが出来るようになり、ココナッツ生活からようやくおさらばできました。


なんとなくウィルソン君(ただのバレーボール)に親近感の沸いたチャックは、彼と一緒に宴に更けるのでした。








しかしそれはここでの生活が出来るようになったと言うことでしかなく、根本的な解決にはなりません。








それから4年後・・・・













4年後






見てくださいこの人。チャックですよこれ。やせ細っちゃって風貌が完全に別人。
漂流者Lv.99って感じです。
ちなみにこれは遠くから銛で魚を一突きしたシーン。







もはや魚も生で食べちゃうくらい成長したチャック。完全に途方に暮れていました。




ウィルソン君(ただのバレーボール)とも超仲良くなっていて、常に一緒にいてよく話しかけるほどの関係に。











そんな中、2m四方のドアか壁かの破片のような板が島に流れてきます。

「これは使える」と考えたチャック。




いかだを作り、この板を帆として使えば、例の高い波を超えられる。いちかばちか海に出れば、誰かに見つけてもらえるかもしれない!!!





スケート靴を改造して作った斧で木を切り、いかだを作り、木を剥いで作ったロープやビデオテープを使っていかだを組み立てます。









いかだも完成し、いざ出発。もちろんウィルソン君(ただのバレーボール)も一緒です。作戦通り例の波もうまく越えることに成功し、4年間を過ごした無人島と別れを告げるチャック。









道中嵐に遭い、ウィルソン君(ただのバレーボール)が海に流されてしまいます。体力が限界に近づいているチャックは助けに行くこともできず、「許してくれ~」と号泣しながら、ウィルソン君(ただのバレーボール)と今生の別れを告げるのでした。









いよいよ体力が尽きるかというところで、とある船に発見されなんとか生き永らえたチャック。











しかしまさか4年間無人島でサバイバルをしていたとは周りの人間は誰一人思いもしてなかったわけで、そこには厳しい現実が待っています。




自分の葬式は既に行われていたみたいだし、なにより恋人ケリーは別の男と結婚していて子供までいます。







「本当は今でもあなたのこと愛してるわ!!」





そういうケリーと愛の確認をしながらも、二人は別れを告げます。









その後のチャック。彼は無人島で荷物を開けた際に、1つだけ開けなかった荷物がありました。それは羽のマークが付いていた荷物です。

「この荷物のおかげで僕は生き延びました」



そういう置手紙と一緒に荷物を届けたチャック。






一仕事終えた彼は、次はどこへと出発するのか・・・・。





















終わり。



★感想★
「僕は嫌いじゃない」っていうくらいでしたね。「サバイバル」っていうあまり無いジャンルの映画なので、他の作品との比較はなかなかに難しい・・・。一言で言うと「終始トム・ハンクスがかわいそうな映画」です。
頑張って火を起こすシーン等はこっちも「頑張れ!頑張れ!」っていう気持ちでは見れました。っていうのもトム・ハンクスがいい感じに3枚目俳優なんですよねこの人。だから感情移入はしやすいです。頼りない面が多々あるので、「本当に困ってるんだな」って感じれます。
ただのバレーボールと友達になったりすることで、チャックがいかに孤独でそれがつらいことなのかを伝えようとしてたのはよかったですね。「無人島で暮らすなら何持っていく?」みたいな話とかよくあるけど、やはり実際は早々簡単なものではないなっていうことが、ちょっとだけリアリティを持って考えることが出来る作品ですね。

ただ気になるのは「フェデックス」と「ウィルソン」。2つとも実在する会社で、この2社の名前はまぁくどいくらい出て来ます。はっきり言って宣伝効果がかなり生まれてる気がするんですが・・・。


お金の匂いがしますねはっきり言って・・・。






そこがちょっと気になった作品でした。











お試しあれ!!!



キャスト・アウェイ  2000年  アメリカ

ジャンル:ドラマ
  監督:ロバート・ゼメキス
  出演:トム・ハンクス
      ヘレン・ハント
      クリス・ノース











映画評論・レビュー ブログランキングへ





























 
記事検索
ギャラリー
  • 無限の住人
  • サウルの息子
  • フューリー
  • フューリー
  • フューリー
  • マリアンヌ
  • ビリギャル
  • ビリギャル
  • ビリギャル
QRコード
QRコード
カテゴリー
最新コメント
  • ライブドアブログ