プロシネマリーグ(ネタバレ満載)

言いたい放題での映画批評!! ネタバレ・解説等内容を詳細に語るときがあるのでご注意!

バイロン・ハワード

ズートピア

どうも!僕です!!
映画は見ているもののなかなかブログを公開する暇が無い僕です!!言い訳です!!



ってことで久々の紹介はこちら!!




「ズートピア」です!現在公開中のディズニーアニメーション最新作。肉食動物と草食動物が高い文明の下共存する「ズートピア」を舞台に、ウサギの新米警官ホップスが活躍するストーリー。



監督は「塔の上のラプンツェル」のバイロン・ハワードと、「シュガー・ラッシュ」や「ザ・シンプソンズ」で知られるリッチ・ムーア。


主題歌を歌うのはコロンビア人ラテン歌手シャキーラ。日本語版は人気グループ「E-girls」のAmiが歌っています。

日本語吹き替えのキャストは、バラエティ枠で言うと主人公ホップスを上戸彩。その他サバンナ高橋、芋洗坂係長、厚切りジェイソンなどが出演しています。





ってことで中身。肉食動物と草食動物が共存する大都会「ズートピア」に、ウサギの新米警官ホップスが赴任します。



正義感たっぷりの彼女ですが、最初は駐車違反の取締りを命じられます。
しかし同時期に10人以上の同時失踪事件が起きてるってんでホップスは気が気じゃありません。

少々暴れん坊のホップスは、「48時間以内にオッタートンという人物を見つけ出す」というミッションを受けます。ちなみにこれに失敗するとクビです。









というわけで、詐欺師のアイス売り・キツネのニックに協力を仰ぎ捜査を開始。独自の捜査により、オッタートンは「野生に戻ってしまう」という謎の現象により失踪していたことが判明。他の行方不明者も同様の理由であることがわかり、ホップスは超お手柄です。


一躍ヒーローとなったホップスでしたが、記者会見で「それは全て肉食動物が秘める危険性だ」的な事を無意識ながらに言ってしまいます。



これにより、ニックとの距離が離れてしまいます。
猛省したホップスは、警察官を辞任。実家に戻り家業の畑を手伝うことにしました。









しかしその実家で、とあることをヒントに「野生化したのはとある化学品のせいである」ということに気がつきます。



ズートピアへ猛ダッシュで戻るホップス。ニックに謝罪をし、許してもらい、本当の黒幕であるベルウェザー副市長をとっ捕まえます。こうして一連の事件は収束へと向かうのでした。



その後ニックはホップスの薦めによりキツネ初の警察官に就任。再びコンビを組んだホップスとニック。2人の活躍はこれからも続くのでした・・・。















おわり













★感想★
いやー面白かった!!まず何がびっくりって、子供から楽しめるのほほんユートピアものかと思いきや、実は大人向けのがっつりクライムサスペンスなんですよ!しかもバディものってんでその時点で既に楽しい。脚本的にもしっかり描かれてるし、伏線もちらほら。ほいでその本線を崩さないバランスで、「ズートピア」という架空空間の魅力が散りばめられてるんですねぇ。まぁここらへんはもはやディズニーのお家芸なんでしょうけど、それにしても良かった。「いろんな動物が擬人化して共存してる」っていう設定をこれでもかって勢いで活かしてます。
駅の雰囲気とかめちゃくちゃ楽しいですよ。
その中でもMVPと言えば、まぁ見た人はすぐわかるでしょうけどやっぱりナマケモノですね。こいつは免許センターで働いてるんですが、コイツのシーンはもう爆笑です。動きがめっちゃ遅いんです。ホントにめっちゃくちゃ遅いwwしかもなんか間とかがめっちゃ良い感じで、ホップスとニックもしっかり笑いをわかった動きをしてくれてます。ここはマジでサイコーです。ここは劇場でも一番笑い声が漏れてましたね。

で、まぁ所謂「和み系」は当然良いとして、作品全体のテーマとして実はめちゃくちゃエッジが利いてる作品なんです。
というのも、数多くの「種」が共存してるっていうのは要するに現実の人間世界に通ずるテーマであり、もはや現代の我々の生きる世界の「鏡」とも言える仕上がりになっているわけです。草食動物が、肉食動物を「肉食動物である」という理由だけで警戒し忌み嫌うというのは、人間で言う人種差別と全くの同一であり、つまり決め付けというのは悲しいかな我々の世界でもごくごく普通にそこらへんに転がっているというわけですよ。
で、何が怖いって正義感たっぷりの教科書通りの警察官に見えていたホップスでさえも実は潜在的に「肉食動物」というものを差別していたってことなんです。彼女の中では「区別」であったとしても、区別された側からすれば「差別」になるわけですから。
この「区別」と「差別」ってのがかなりのキーワードと思うんですよ。
ズートピアは多くの種が生きる空間で、そのそれぞれの種が生態的に対応できるよう多くの気候が用意されており、また共通の設備でさえも専用のもの数多く用意されてるんです。これ自体は「区別」であり、区別っていうのは正当にされていれば互いが快適に暮らすための必須の手段となるわけです。しかしこれが「差別」になるとただの阻害迫害となっていくわけで、ほいで理屈はわかっていても実はこの線引きが実はすんごく難しい。

こういった人間世界における古典的であり、実は最重要課題とも言える地球全体の根強い問題を描いたメタファーの強い作品と言えると思うんですこの「ズートピア」は。

問題提起と、ちょっとした改善策(まぁこれはちょっと詭弁に近い気もしますが)が描かれてるのがこの作品です。




これ以外にも「ゴッドファーザー」のオマージュとかリーマンブラザーズのオマージュとかがあって、とにかく考える余地もありますが、まずは単純に楽しめる作品です。


意外と大人の方が楽しいと思いますよ!!ゲイとかも出てくるしね!!



















お試しあれ!!















ズートピア  2016年   アメリカ

ジャンル:アニメ
 監督:バイロン・ハワード
 出演:シャキーラ
    上戸彩






映画評論・レビュー ブログランキングへ

塔の上のラプンツェル

あけましておめでとうございます!!!!
今年もプロシネマリーグをよろしくお願いいたします !!


2015年もより多くの映画を紹介できるよう映画を見まくりたいと思います!!




というわけで早速新年1発目の紹介はこちら!!!




「塔の上のラプンツェル」です!!なんと新年1発目がディズニーです!!
こちらはディズニースタジオが製作した長編アニメのちょうど50作品目。日本での人気はそこそこですが、世界での興行収入で見るとディズニー史上トップ10に入るくらいの作品なのだとか。

ちなみにグリム童話「ラプンツェル」が原作だそうです。



僕ディズニー作品は数える程度しか見たことありません。多分「アラジン」と「アナと雪の女王」くらいかな。恐らくはコテコテの愛情ファンタジーを届けてくれるはず!!頼むぜウォルト!!!





ってなわけでさっそくあらすじ。

ある国の王とお后は国民から慕われる素晴らしいお2人でした。しかしある日、出産を控えたお后が難病にかかってしまいます。

病気


あまりの難病加減に奇跡を信じるしかなくなった国民一同。「何でも治しちゃう」という奇跡の花を血眼にして探します。




しかしその花は、このゴーテルとかいうオバハンが現在独占中。

ゴーテル



このゴーテルさん、歌を花に聞かせ、その反応で花が放つ不思議な力で何百年もの間若さを保っているという好色ババア。男にモテたいのか、ただ長生きしたいだけなのかその真意は謎です。




しかし、衛兵が隠してあったその花を見つけることに成功。衛兵はその花を持ち帰り、お后の為に使うことに。


その貴重な奇跡の花を大胆にも煮込み、そのスープを飲ませるとお后の病気は見事治ります。

スープ




その後、お后は無事女の子を出産。そう、その姫君こそがラプンツェルです。しかし例の花の副作用か、ラプンツェルの髪の毛は歌うと反応して光ってしまうという特徴を持っていたのです。


なんとしても花の力が欲しいゴーテルは、夜のお城に侵入しラプンツェルの髪の毛を一部切って持っていこうとします。しかし、切った髪の毛には何の力も無いことが発覚。というわけで、ゴーテルはラプンツェルをまるごと持って行っちゃいます。

盗む

「よっこいしょ・・・」







なんと警備の甘い国なのか!!!おばぁちゃんが大して急ぎもせず見事人さらいに成功するとは!!責任者の首が飛ぶくらいじゃ済みませんよこれは!!!!




馬鹿な王室を敵に回したゴーテル。絶対に見つからないよう、山奥の塔の上でラプちゃんを自分の子として育てながらひっそりと暮らすのでした。

塔



「外はワガママで身勝手な人ばかりで危ないから、絶対に外に出るなよ」という決まりを作り、ラプを一切外へ出さないゴーテル。「そりゃお前のことだろ・・・」とツッコミを入れたくなりますが、何も知らないラプはもちろんそんなこともせずに育っていき、はや18歳に。











そのお年頃まで成長したラプンツェルがこちら!!!!


ラプ





長ぇ!!!!髪の毛チョー長ぇ!!!!!


もはやセクシーでもなんでも無いただの不衛生なロン毛で生活しているラプ。金色のそうめんみたいなのは全部彼女の髪の毛です。



恐らくはゴーテルの指図の元、切らずにいるのでしょう!!







ゴーテルは18年間ラプの力を独占。しかしそれだけでは飽き足らなかったのか、18年間伸び放題の彼女の髪の毛をエレベーター代わりに利用。

利用



あの家の部分からヒモみたいなんが出てるのわかります?あれがラプの髪で上に引き上げてもらっているゴーテルです。彼女の髪の毛がいかに長いかよくわかる絵ですね。

っていうか不思議な力がある髪の毛なんだからもっと楽な方法が出てきそうなもんですけど・・・。まぁ細かいことは気にしないでおきましょう。




一方その頃、バカなお城はまたしてもやらかします。





今度は誘拐されたお姫様用のティアラを盗まれます。



こんだけの警備がいながら何故か全員が同じ方向を警戒するという斬新過ぎる警備体制。上から進入した泥棒に盗まれちゃいます。

ティアラ




盗んだのはこの男、フリン・ライダー!!
フリン









フリンは逃走中、仲間2人を撒いてティアラを独占!!

仲間
悲しそうな顔をする2人。





さらにフリン!今度は王国のエース馬、仕事熱心でとっても頭の良いマキシマスと戦闘!!

激闘



全てを乗り越え、どうにかこうにか逃げ切ります。

しかし逃げ込んだ先があのラプの家!!!




とりあえず家の中へ侵入したフリンでしたが、入った瞬間ラプがフライパンで頭をフルスイング。

気を失ったフリンは囚われの身になります。

監禁


なんともエグい監禁方法・・・。髪の毛でぐるぐる巻き。いくら若いオネーチャンとはいえ、ちょっと引きますよねこれは。




ここでラプがフリンに「外へ連れて行け」と提案。ちょうどうまいことゴーテルが今日から3日ほど出かけてるんですねぇ。


せっかく盗んだティアラを隠されているフリンは、連れて行って無事家へ帰したらティアラを返すという条件付でこれを承諾。




いざ外に出るとラプはもうテンションMAX!!!


草

「これが草なのね~♪」


とか言って歌い出しちゃってます。ちょっと危ないですこの子。







お城へ連れて行く約束なんですが、






外の世界ってやっぱり怖い
      ↓
お家へ帰りたいよ~
      ↓
お城へ行く前に引き返し、家へと送る
      ↓
予定より早くティアラゲット!!!





という構図を目論むフリンは「上品なお店」と言いつつ、荒くれ者が集まる酒場へとラプを連れて行きます。

酒場




しかしフリンの作戦は外れます!!

















なんとまさかの意気投合!!

意気投合



「みんな夢がある~♪」

なんつってまた歌いだします。もうドンちゃん騒ぎ。





しかしそこに城からの追っ手が!!!




なんとか裏口から逃げますが、なかなか振り切れない!!
追っ手


崖に追い込まれて焦る2人!








しかしまずはラプが逃走!!


ターザン



18年間外出してなかった究極の箱入り娘とは思えないダイナミックなターザンアクション!!やっぱいざと言うときは女性のほうが肝が据わってるんでしょうか!!







その後フリンもいろいろアクションしてどうにか2人して洞窟に逃げ込みます。しかし偶然洞窟にフタがされてしまい、外には出れない状況に!しかも水が入ってくる!!
洞窟



よくある「水位が上がってくるからヤバい」パターンです!
明かりが無いから潜って出口を探すことも出来ません。

いよいよやべぇぞとなってきたところでラプが奥の手を披露!!







水が顔を覆う直前に例の歌を歌います!すると!!!
歌う


なんだなんだこれはぁ!!!!もうわからない!全然意味がわからない!!例の力が命を救ってくれるパターンの様です!!!











普段はキザなフリンもさすがにこの表情。
うそー

「ウソでしょ・・・・・」
ちゃんと口いっぱいに空気を入れてるラプの後姿がシュールです。



出口


ロン毛がさらに出口っぽいとこを示してます!


ここの石をどかしてなんとか窮地を免れた2人でした。






その頃、ラプが脱走したことに気がついたゴーテルは、フリンが裏切ったスタビントン兄弟と手を組み何やら企ててます。
手を組む







さてさてラプとフリンの2人は、森で野宿することに。フリンが薪を調達しに行ってる間に、ラプの前にゴーテル登場。



いろいろ文句を言われたラプはゴーテルに釈明。

再開


「彼は多分私のことが好きなの・・・。」


と謎の自信満々発言。


これにはゴーテルもこの表情。

ああ?


「はぁ~?」







ゴーテルは「フリンはラプではなくティアラが狙い」と指摘。「試してみれば?」とティアラをラプに渡しその場を立ち去ります。




疑心暗鬼になるラプ。










しかしその後、城の周辺の池でイベントを楽しみ超いい感じのご両人。


いい感じ
続きを読む
記事検索
ギャラリー
  • 無限の住人
  • サウルの息子
  • フューリー
  • フューリー
  • フューリー
  • マリアンヌ
  • ビリギャル
  • ビリギャル
  • ビリギャル
QRコード
QRコード
カテゴリー
最新コメント
  • ライブドアブログ