どうも!僕です!!


今日はこちら!! 





「オーシャンズ11」です!

2001年にアメリカで公開された映画。元の作品は1960年の「オーシャンと11人の仲間」であり今作はそのリメイク。超豪華なキャストが話題になった作品ですね。

主演は男前ちょいワル親父ジョージ・クルーニー!助演は慈善子だくさん俳優ブラット・ピット!ヒロインは反日疑惑のあるジュリア・ロバーツ!その他マット・デイモンやアンディ・ガルシアなど!さらに監督はハリウッド俳優なら誰もが一度は一緒に仕事をしたいと言うらしい天才スティーブン・ソダーバーグ!!本当に本当に超豪華キャスト!!!!
豪華すぎて普通はこんなキャスト無理です。しかし、ジョージ・クルーニーとスティーブン・ソダーバーグの人柄か、二人の説得によりキャスト陣は異例の破格のギャラで出演をしているのだとか。かっちょいい話ですなぁ。





ではあらすじ。オーシャン(ジョージ・クルーニー)は窃盗の容疑で刑務所に入れられてましたが晴れて仮出所を果たします。





出所するや否や、いきなり昔の仲間ラスティ(ブラット・ピット)に会い、挨拶も早々に次の盗みの作戦会議

作戦会議


もう全く、微塵も反省してません。刑務所無意味です。



今回のはかなりでかいヤマ。ラスベガスにある3大カジノ「ベラージオ」「ミラージュ」「MGMグランド」の金が集まる金庫の現金を、丸々全部戴いちゃうというという訳でございます。





当然2人じゃ無理。あと10人は必要っぽいので、人脈をたどり作戦に適任な10人を集めます。意外とすんなり集まってオーシャンズ11が完成。早速詳細の打ち合わせをします。

集める





3大カジノの売り上げは全て「ベラージオ」の地下60mの金庫に集められる。それを戴く予定なんですが、どこから調べたのかここの金庫のセキュリティはミサイル基地に匹敵するとかなんとか。

まず最初にケージを突破。次に3つのドアを抜ける。しかし各ドアは12時間ごとに暗証番号が変わっちゃう厄介な仕様。
しかしもっと厄介なのがその後のエレベーター。指紋認証がないと動かないらしいっす。その上カジノと金庫両方からの音声確認も必要。
さらにオーシャンの後ろの映像見てください!!

エレベーター


こういう映画ではお決まりの防犯センサー!当然しっかり張り巡らされています!!自動制御を切ると出口が塞がっちゃうらしいので切ることはできません。


とまぁこういった重警備をかいくぐってパクらないといけないのでまぁ大変。



しかし!!




金額



なんと!!1億5千万ドル!!!!!!1ドル120円くらいとしても、日本円で180億円近くありますよ!!!こりゃたまげた!!




というのも作戦予定日は、ベガスでボクシングの世界タイトルマッチがある日。人が集まる週末なので、当然現金も大量に用意しているというわけですね。






やるっきゃねぇ!!




ってことで下準備にかかるオーシャンズ11。





まずは現場の下見。ディーラーやスタッフ達の勤務体制やカードキーを持つ者をしっかりチェックです。

下見




さらに停電準備。ボクシングの試合中にラスベガスの街を停電させ、混乱させる作戦です。


停電


ほんでさらに重要なのが監視カメラ!!カジノ運営側のカメラの映像と音声を盗む作戦です。

ってことでまずはトラブルを装い天井の監視カメラを風船で妨害。



風船





スタッフがそれを片付けに行ってる間にスタッフオンリーの奥へ潜入。
侵入



機械室みたいなとこに入って、配線に特殊な器具を取り付ければ映像ゲット!!

映像ゲット



出歯亀作戦見事成功でございます。




準備が着々と進む中、新事実発覚!オーシャンにはお金以外にもう1つ奪うものがあった!!それはこいつ!!


嫁


この美人なお方、なんとオーシャンの元嫁のテス(ジュリア・ロバーツ)!!

元です元!!今のテスの旦那さんは・・・

ベネディクト


3大カジノのオーナー、ベネディクトさん!



ははぁん、オーシャンさん忘れられない元嫁を取り返すついでに金もパクってコイツを破滅に追い込むって腹みたいです。ニクいですねぇ。







いろいろあって、準備もばっちOKなので作戦決行!


まずは体の柔らかい軽業師イエン(シャオボー・チン)が荷物の中へ潜入!
作戦決行




モロイ兄弟(ケイシー・アフレック)(スコット・カーン)がカードキーを忘れたバカなスタッフに成りすまし、イエン入りの荷物を正規のスタッフに金庫まで運ばせます。
忘れた



一方同じ頃、ディーラーとして潜入していたフランク(バーニー・マック)と賭博委員会に変装しているライナス(マット・デイモン)がベネディクトと支配人の目を引きつけておきます。
引き付ける




イエンが着々と金庫に運ばれていく中、オーシャンとライナスが合流。2人で金庫を目指します。
合流


その頃、ヨーロッパの大富豪に成りすまし、警備室まで潜入していたソール(カール・ライナー)が発作でダウン(もちろんわざと)!パニックの警備室!医者だ!医者を呼べぇ!


倒れる


というわけで医者に扮したラスティがカジノ内へ潜入。

医者




さぁ潜入もうまくいき期は熟した!!ここで爆発物の専門家バシャー(ドン・チードル)の出番!

バシャー


バンに積んだ不思議な機械を爆破!!

機械

すると・・・

停電2


なんとラスベガス中が大停電!








大チャンス!!オーシャンとライナスは、センサーの消えたエレバーター坑内を急降下!!

急降下





見事金庫室入り口までたどり着きます。早速爆破の準備。


金庫室入口




一方金庫内のイエンも、うまいこと箱から抜け出し爆弾をセット。
イエン









爆破に成功し。首尾よく現金をゲットしたオーシャンズ11.
成功








最後は、ベネディクトが「金とテスが天秤にかけられたとき彼はお金の方を取る」という証拠をテスに見せつけます。それを知ったテスは、自分の間違いを認めオーシャンの元に帰ってきます。






オーシャンはうまいこと大金とテス、両方をゲットしたのでした。

ゲット






























★感想★
面白かったです。話し全体が小気味よく進んでいくし、ジョークも所々に散りばめられていて見やすい映画ですね。
何より「カジノに潜入して金を取る」っていうシンプルなテーマなので深いことはそこまで色々考えないで良いですね。
でも潜入の瞬間とかはそれなりに見てるほうも緊張する演出がされているし、ラスベガスの華やかさっていうのも見ていてよく伝わってきます。
強いて言うならオーシャンが集めた仲間と、過去にどんな接点があったのかっていう背景があるともっと面白かったかも。でも時間的に厳しいですよねそれは。11人もいるんだから・・・。
ほぼ終始オーシャンの思い通りになるので、気持ちよくなれる映画です。嫌いな奴を懲らしめる、いわゆる「メシウマ」な作品かなと。






一応こっちが裏切られる演出もあるのでそれなりに楽しめますよ!!




















お試しあれ!!!








オーシャンズ11  2001年 アメリカ

ジャンル:サスペンス
  監督:スティーブン・ソダーバーグ
  出演:ジョージ・クルーニー
      ブラット・ピット
      マット・デイモン
      アンディ・ガルシア
      ジュリア・ロバーツ








映画評論・レビュー ブログランキングへ