プロシネマリーグ(ネタバレ満載)

言いたい放題での映画批評!! ネタバレ・解説等内容を詳細に語るときがあるのでご注意!

フランシス・フォード・コッポラ

ゴッドファーザー PARTⅡ

どうも!僕です!!

今日はこちら!!

 
ゴッドファーザー2



「ゴッドファーザー PARTⅡ」です!



1974年のアメリカ映画で、以前紹介したマフィア映画の傑作「ゴッドファーザー」の続編。父ビトの跡を継ぎ、新たなコルレオーネ家のドンとなったマイケルの奮闘と、ビトがマフィアのドンとなるまでを描いた作品です。


監督は前作同様フランシス・フォード・コッポラ。
主人公マイケルを演じるのはもちろん前作に引き続きアル・パチーノ。そして青年期のビトを演じるのはロバート・デ・ニーロです。デ・ニーロは、1作目のオーディションを受けるも落選、しかし監督コッポラの目に留まり、2作目にして大役を任されたってわけです。
あと、ロバート・デュバルなどのお決まりのメンツもちらほらです。



1作目がアカデミー賞を3部門受賞したのに対し、PARTⅡはなんと6部門の受賞です。
今回ビトを演じたロバート・デ・ニーロは助演男優賞を受賞。1作目でビトを演じたマーロン・ブランドも主演男優賞を受賞してますので、同一人物を演じてアカデミー賞を受賞という史上初の快挙を成し遂げることになります。現在に至っても、同一人物を演じて受賞したのは歴代この2人のみですから、いやはや素晴らしい記録でございますな。







では中身。

今回の作品はマイケル編とビト編に分かれます。つまり、ドンとなったマイケルのマフィアとしての奮闘振りと、ビトが幼少期からマフィアのドンになるまでが交互に描かれるわけです。







さくっとまとめます。




●ビト編●

故郷シチリアのマフィアのドン・チッチオに両親と兄を殺されたビト。子供ながら単身アメリカへ逃亡。
     ↓
NYで暮らし大人になったビト。最初の犯罪は、民家の赤い絨毯を盗むことだった。
     ↓
近所のマフィアのドン・ファヌッチがみかじめを要求してくるもんだから、ぶっ殺しちゃう。
     ↓
これによりビトは周囲からの信頼を集めた。いろんな人からの相談を受けるようになり、経営するオリーブオイル会社も順調に。
     ↓
それなりに権力も得たところで、一旦シチリアへ帰還。家族の仇ドン・チッチオに復讐。






Fin









●マイケル編●

とにかく色んな仕事のお話してる時期に、何者かから殺されかける(窓から銃乱射)。
     ↓
色んな裏切りが発生
     ↓
苦しみながらもそれを見抜くマイケル
     ↓
自分に不利益なヤツ・自分をナメてるヤツは、家族であっても殺しちゃうマイケル
     ↓
いろんな人を殺して始末
     ↓
これからもマフィアとして頑張るぜ!!(家族は失ったけど)








Fin
















★感想★
内容の説明が薄いのは許してください。なんせ活字で説明するにはなにぶん手間な内容なもんで・・・。

まぁ面白いですよ。やっぱし若かりし頃のビトと新人のドンとして苦悩するマイケルが同時に描かれてるっていうのがいいですね。何かとうまくいかないマイケル。そしてそれを皮肉ったように描かれるビトの成り上がり。この相反する2つの描写が、見てる側になんとも言えない気持ちを沸き立たせます。こう、懐古の念というかね・・・。
見てる人の大半が思うんじゃないですかね?「会いたい!マーロン・ブランド扮するビトに!ドン・コルレオーネに!!」と!そしてその気持ちを逆なでするかのように、マーロン・ブランドは今回ただの1度も出てきません。
それによって、見てる側はマイケルと同様に、偉大なるビトの幻影を追ってしまう・・・。というね。
実際のところ、マーロン・ブランドにオファー自体は出していたものの、条件が折り合わず出演しなかったらしいですがね。そのことが結果良い方向に働いたっていうのはなかなか有名な話です。

とにかくね、前述のように「懐古」っていうのが一種のキーワードじゃないですかね。最後の回想シーンで、死んだソニーやらクレメンザやらテッシオやらがいる中で、ビトの誕生日のお祝いのために彼を待っているシーンがあるんです。もうね、僕全然コルレオーネ家ファミリーと関係ないですけど、「ああ!ソニーだ!テッシオだ!」てなりますよ。これはやはり、ビトの青年期でテッシオやクレメンザとの出会いを描いているからこそ余計にですね。

たとえマフィアであっても、そんな青い思い出を頭の中でフラッシュバックするマイケル。元々性格上マフィアっぽくないマイケル。しかし彼は、コルレオーネファミリーを守るため、様々な決断をしていくという。これはやはり感情移入をせざるを得ませんね。




ただ!正~直なところ、「そこまで面白いかな?」とは思いました。まぁまずアクションシーン・バトルシーンは極めて少ないので、この時点で退屈する人は結構いると思います。作品全体で200分というかなり長い作品ですからね。これが無いと無理な人にはちょっとキツい作品かなと。そもそもね、この作品は見る人にとっては「山場が無い」ようにも見えます。まぁあるんだけどさ、これは1作目についても言えることなんですが、とにかく話が非常にわかりづらい!表情とかの描写が結構細かいし、そもそもマフィアのやり取りだから腹の探り合いですよね。それに見てる側も巻き込まれてる感じです。登場人物同士の関係の整理もはっきり言って相当難しいです。多分1回見ただけじゃなかなかわかりません。相関図とかを片手に持ちながら見るといいかもですね。あるかどうか知んないけどね。
とにかくね、今回はとある揉め事にフィーチャーしてその内容をコトコトコトコト濃密に仕上げてるもんだから「話の展開が遅い!」ってなる人が多いと思います。このペースに合わない人には辛い作品だなと思いましたね。僕もわりとそっち側ですし。
いや、シンプルに楽しめる所もあるんですよ。青年期のビトがファヌッチを追いかけて殺すシーンとかは最高に面白いです。

ただどうも僕には凡作の域を脱してないようにしか見えないんですね。大作とかっていうけどそりゃ長ぇからだろ!みたいな。




決してつまらない映画ではないんですが、何やら過大評価されてるとしか思えなかったですね・・・。

複数の視点から描かれていることで、より多くの解釈が生まれる。つまり、それこそが「深み!」っていう評価なんじゃないかな。まぁそれプラス当時はマフィア映画っていう時点でかなり斬新だったでしょうから、いわゆる時代を作った作品ってとこでしょうかね。



アル・パチーノとロバート・デ・ニーロの演技は良かったですよ。絡みこそないものの、この大物2人が出てる作品、さらにはあの「ゴッドファーザー」ってんだからそりゃ一見の価値ありっすよ!
この2人は何かと比較されるわけなんですが、この作品のしばらく後に名作「ヒート」で競演することとなります。
それもいつかはご紹介したいものですな。















この世の中で唯一確かな事は、人は殺せる   マイケル・コルレオーネ





















お試しあれ!!



ゴッドファーザー PARTⅡ   1974年  アメリカ


ジャンル:ドラマ
  監督:フランシス・フォード・コッポラ
  出演:アル・パチーノ
      ロバート・デ・ニーロ
      ロバート・デュヴァル













映画評論・レビュー ブログランキングへ





ゴッドファーザー

どうも!僕です!!今日はこちら!!






「ゴッドファーザー」です!
いやぁマーロン・ブランドが渋いですね!言わずと知れたマフィア映画の代名詞!テーマソング「愛のテーマ」なんか絶対みんな一度は聞いたことありますよね!!パ~パ~パ~パパ~パ~♪っつってね!!
1972年の作品ですが、この年のアカデミー賞で作品賞・主演男優賞・脚本賞を獲得したというまさに名実ともに名作!

主演はとにかく顔が怖いマーロン・ブランド!助演には若き日のアル・パチーノがいたりと豪華でございます。




ではあらすじ。ニューヨーク市の一角をシマとして裏の世界で暗躍しているマフィア、コルレオーネファミリー。その長こそが、ドン・コルレオーネ(マーロン・ブランド)。通称「ゴッドファーザー」!

ドン














怖い!!怖すぎるぜファーザー!!かもし出す空気がとっても意味深な感じでただただ怖い!!




この日はドンの娘の結婚式。自宅の庭で盛大にパーティーが行われていますが、その招待客のうち何人もがドンへのお願い事にやってきます。




パーティーへ出席しつつも、多数の人間からの相談事を受ける大忙しのファーザー。

その相談者のうちの1人、ハリウッドで歌手をしているジョニー(アル・マルティーノ)。少し人気が落ち目の彼は、なんとかきっかけを掴んで人気を取り戻したいという考えがあるようです。

ジョニー


彼の相談は「出たい映画があるけどプロデューサーが自分を使ってくれない。どうにかしてくれ。」というもの。


まぁなんとも理不尽なお願いに聞こえないでもないですが、昔からの付き合いもあるのでどうにかしてあげようとするゴッドファーザー。


自分の腹心であり、相談役のトム(ロバート・デュヴァル)に今回の一件は任せることに。

トム


ちなみにこのトムさんは元孤児。そこをドン・コルレオーネに拾ってもらったのです。その恩があるからか非常に忠実。

ってことで早速例の映画の会社があるカリフォルニアへ。


映画プロデューサーのウォルツって人に近づくトム。自宅へ招いてもらい、自慢の競走馬(約60万ドル)を紹介してもらったりと、団欒しています。

ウォルツ



しかしその後ジョニーの出演の話をすると、すごい剣幕で断られます。





「ほほう・・・そうですかぁ・・・」な雰囲気のトム。やけにすんなりと帰っちゃいます。

そうですか


















しかしその翌日の明け方!!

馬









ああぁぁぁあああ!!!自慢の馬(約60万ドル)が無残な姿に!!!しかもわざわざご丁寧にウォルツのベッドの中に入れてます!!



うああああ




発狂するウォルツ!!エグさからなのか、60万ドルを失ったショックからなのかはわかりませんが、とにかくめっちゃ発狂してます!!




このトムの脅しがめちゃめちゃ効いたようで、ジョニーは晴れて映画出演が決まったのでした。




仕事を終えニューヨークへ戻ったトム。しかし休むまもなく次の仕事の打ち合わせです。






ソロッツォ

ソロッツォというこの男。麻薬の組織の人間らしいのですが、「現金と警察からの保護が必要だから協力してくれよ!良い条件出すぜ!」とコルレオーネファミリーに接触を図ってきた模様。しかし、タッタリアファミリーという別のマフィアもバックにいるらしいので何やら嫌な予感がします。

長男ソニー(ジェームズ・カーン)はこれに大賛成!
「金になるからやっちまおうぜ」とのことです。
ソニー







しかしソロッツォと実際に会って交渉を開始すると、ドンはお断りを申し上げます!!

断る


そもそもドンは麻薬というもの自体があまり好きではないみたいです。「麻薬は危険だ。」とかマフィアの割に真面目なこと言っちゃってます。





しかしどうもソロッツォの動きが気になるドン。そこで部下のルカ(レニー・モンタナ)を使い、ソロッツォとタッタリアファミリーの動きを探ろうとします。


しかしそこでルカが返り討ちに!!!





返り討ち




さぁさぁこっからは当然血なまぐさい展開に!!タッタリア側はトムを拉致監禁。さらに!!!



襲撃




なんとドン・コルレオーネを白昼堂々襲撃!!





計5発ぶち込まれますが、なんとか一命は取り留めたドン。


しかしやられっ放しではいられないコルレオーネファミリー。一番血の気の多い、長男ソニーがタッタリアファミリーのドンの息子をぶっ殺すなど、抗争はどんどん激化していきます。







そんな中ソロッツォから提案。コルレオーネファミリーの三男マイケル(アル・パチーノ)とNY市警の悪徳警部補を交えて会談をしようとの事。もちろんソロッツォと悪徳警部補は裏で繋がってます。
しかしこのマイケル、マフィア家業が嫌いな男で兄弟のうち唯一カタギの仕事をしています。



兄たちが不安がっている中、マイケルはなんとソロッツォと悪徳警部補をぶっ殺す発言!!
マイケル



カタギなりに決意を固めたマイケル。ヤツらを殺さねば、ドンはまたいつか命を狙われるということを察したようです。








念入りに作戦を立ていざ本番!!あらかじめトイレに隠していた拳銃を手にし、まずはソロッツォをバキュン!!

成功





続いて悪徳警部補もバキュン!!
成功2






滞りなく作戦を成功させたマイケル。ほとぼりが冷めるまで、シチリアへと高飛びをすることに。






少し月日が経ち、ドンも無事退院してきます。しかし血で血を洗う抗争はとどまる事を知らず!!



高速道路の料金所にて、コルレオーネファミリーの長男ソニーが暗殺!!



蜂の巣





そこまでしなくても・・・ってくらい撃たれちゃいます。まさに蜂の巣状態・・・。





さらに高飛び中のマイケルにも悲劇。現地で奥さんを見つけ、平穏な日々を送っていたのですが・・・



























爆破

ドォォオオーーーーン!!なんとマイケルの奥さんが車を運転しようとした瞬間車が大爆発!!こりゃ絶対タッタリア側の仕業だ!!ちくしょう!!





もはや終わりの見えない抗争に終止符を打つべく、ドン・コルレオーネは再び立ち上がります。

タッタリアを含む5大ファミリーのドンを集め、マフィア首脳会議的なものを開催。
会議


この会議において、コルレオーネ・タッタリアの両家は息子を殺された復讐をしないことを約束。さらにコルレオーネは麻薬の売買にも協力すること、自分たちが懐に収めている政治家たちをみんなにも利用させることを約束します。ただしコルレオーネからの要求、「マイケルを安全に帰国させること」というものも約束されます。

さらに大発見。ドン・タッタリアはあまりにも小物で、とてもソニーを殺したりなんて大胆なことをするようには見えない・・・つまり本当の黒幕はバルジーニという今回の会議の議長をしていたマフィアだということにドン・コルレオーネは気付いたのでした。



おかげで無事帰国してきたマイケル。ファミリーの実権もマイケルに移り、ドンは相談役になることに。

世代交代




新たにドンとなったマイケルは、ファミリーの土壌をニューヨークからラスベガスへ移す計画を実行。

ホテルとカジノの買収交渉等マイケルが奮闘する中、元ドンが孫と遊んでいる途中で病気で倒れ帰らぬ人に。


葬儀の最中、ファミリーのテシオ(エイブ・ヴィゴダ)という人物がマイケルに話しかけてきます。

テシオ



「バルジーニが話し合いをしようと言って来ている。」とのこと。



しかし、バルジーニが仕掛けてくることは元ドンが既に調べていたこと。「この話を持ってくるやつは裏切り者だ。」と生前教えてもらっていたマイケルは、当然騙されません。




マイケルついに動き出します!!まずはバルジーニをはじめとする5大ファミリーのドンを次々と暗殺!

刺客






続いて裏切り者テシオもぶっ殺します。さらに妹の旦那のカルロという人物が実は長男ソニーが暗殺された際に一枚噛んでいたを見抜き、こいつもぶっころ。



しがらみを整理していったコルレオーネファミリー。その手腕からマイケルは父同様「ドン・コルレオーネ」と呼ばれる様になったのでした・・・。


新しいドン










★感想★
雰囲気が独特ではあると思います。しかし構成がよくできてて無駄が無い映画だなーと思いました。何気ないマフィアの日常みたいなシーンも、その日常があるからこそ緊張感あるシーンがより引き立つ気がします。
でも何よりマーロン・ブランドのオーラがすごい!!すごい剣幕でまくし立てたりしなくても「迫力」というものは出せるんだなと思いました。この人の存在感無しにこの映画は成立しなかったでしょうね。残念ながらパートⅡからはロバート・デ・ニーロが担当するので1作目でしか見れないのが本当惜しいです。
アクションシーンとかは正直納得いかないというかちょっと笑っちゃうような安い部分もあるんですが、もうそれは気にしません。それよりもストーリーというか、終わりの無い暴力の連鎖みたいなのを感じる映画だと思うんで・・・。
やっぱマフィアの世界って恐ろしいものなんだなと考えさせる映画ですね。暴力がまた暴力を生んでという本当に救いの無いというか陰惨な世界だなと思いました!!













ドン・コルレオーネの様においしそうにワインを飲める男になりたいと思う僕でした・・・。


せっかくなので「愛のテーマ」を聞きながらお別れしましょう!!






















お試しあれ!!!





ゴッドファーザー   1972年 アメリカ

ジャンル:ドラマ
  監督:フランシス・フォード・コッポラ
  出演:マーロン・ブランド
      アル・パチーノ
















映画評論・レビュー ブログランキングへ























 
記事検索
ギャラリー
  • 無限の住人
  • サウルの息子
  • フューリー
  • フューリー
  • フューリー
  • マリアンヌ
  • ビリギャル
  • ビリギャル
  • ビリギャル
QRコード
QRコード
カテゴリー
最新コメント
  • ライブドアブログ