プロシネマリーグ(ネタバレ満載)

言いたい放題での映画批評!! ネタバレ・解説等内容を詳細に語るときがあるのでご注意!

品川ヒロシ

サンブンノイチ

どうも!僕です!!

今日はこちら!!


サンブンノイチ




「サンブンノイチ」です!以前「ドロップ」という世紀の駄作を作った名監督品川ヒロシの3作目。過去の作品とは違い、小説を映画化した作品です。


主演は前回「バトル・ロワイアル」に引き続き藤原竜也。あと元KAT-TUNの田中聖と、ブラックマヨネーズの小杉竜一がメインキャストです。



他にも窪塚洋介など、バラエティに富んだキャスティングでございますよ。











あらすじを説明したいのですが、ちょっと長くなりそうなので簡単に説明しますね。









川崎のキャバクラ「ハニーバニー」の雇われ店長シュウ(藤原竜也)と従業員コジ(田中聖)と常連客ケン(小杉竜一)の3人は、それぞれの事情でお金に困っていることから銀行強盗を起こします。



とりあえず警察の追っ手から逃れるため、「ハニーバニー」へ逃げ込んだ3人。話はここから始まります。



3人







ほんでここから金の分け方で揉めます。




揉めてる→実はこうでした→揉めてる→実はこうでした っていう流れを繰り返し、事実がだんだんとわかっていきます。






簡単に言うと、コジとケンをそそのかしたのはシュウ。ほんでシュウをそそのかしたのは「ハニーバニー」のキャバ嬢マリア(中島美嘉)。そのマリアをそそのかしたのはオーナーのハマショウ(窪塚洋介)ってことがわかります。しかしハマショウの他に渋柿(ピーター)という凶暴な金貸しも裏で別の糸を引いていてちょっとややこしい状態。





ハマショウ
(マリアとハマショウ)







マリアはハマショウを出し抜きたいし、ハマショウはマリアをAVに売りたいし、渋柿はマリアもハマショウも出し抜きたい、というそれぞれの欲望を三人に託しているという状態。











結局、ハマショウは渋柿一味に拘束される→渋柿、3人に出し抜かれる→ハマショウ、そのスキを突いて反撃→ハマショウに捕えられる3人という展開に。






大金を得て、やれ「クソみたいな人生をやり直したい」だの「家族とやり直したい」だの語る3人とマリア。





しかしハマショウは、







「お前らは銀行強盗だ!お前らがまともな人生送っていいわけねぇだろ!」

悪党






と正論を言うのでした。














おわり












★感想★
おい、おい、おい、とね。こんなに言いたいことがてんこもりな映画なかなか無いですよ。ホントね、ありがとう品川監督。
まず展開が単調。揉める→こうでした!→揉める→こうでした!の繰り返し。あまりにも単調な展開。たいてい2回ほど繰り返された時点で、そういうパターンなんだなってこっちは理解するんですが、そんなのお構いなしにガンガン繰り広げられていきます。
時間軸を戻して事実が暴かれるっていう構図なんですよ。現在が進行しつつ、7日前→6日前→5日前・・・って振り返りシーンがどんどん追いついていくっていう。ただね、その見てるほうからすれば「何かあるな」っていうのがモロバレなわけです。
例えば「外にスナイパーがいる!!!」ってシュウが言ってコジとケンがおろおろするっていうシーンがあるんですが、後になってそれが演技でしたとわかるんです。ただね、人質も取っていない銀行強盗にスナイパーって有り得ますかね?もうこの時点でちょっとおかしい。
まぁいいよ!スナイパーは!拳銃持ってるから警察がそこまで警戒したっていう可能性も0じゃないやね!
ただ序盤からずーーーーーっと不自然なのが、盗んだ金の合計がわからない。この「サンブンノイチ」というタイトルを置いておきながら金額がわからないという大失態をするんですよ。だからどんなに3人が揉めても全然ピンとこない。何十万単位を揉めてるのか何千万単位を揉めてるのかが定かじゃないので。
ほんでね、金そのものも全然見ないんですよ。バッグを開けないの。いや普通さ、銀行強盗とかいう大それたことをやってのけたら「ヒューwww」とか言ってまず現ナマを確認しそうなもんですけど。
とにかくずーーーーっと金を見ない。「そもそも入ってんのこれ?」とか思ってたら案の定「途中ですり替えてました」だって。いやいやそんな大事なこと視聴者に見ぬかれてんじゃねーよ!!!こういう詐欺ものっていうか、現金強奪もので現金すり替えとかってもう逆に定番じゃん!そんなのドヤ顔でもったいぶってんじゃんーよ!ましてや大してカモフラージュもせずに!!
あとね、日本警察の無能さ。なんか店の外を囲まれてる感は出してるんですが、いかんせんそういう風には見えない。ただコイツら逃走用の車を店の入り口のところに堂々と付けて逃げ込んでるんですよwいやもうそこじゃん完全に!!気づけ気づけ警察!!!
ハマショウが自由に救急車を運転できてるのも意味不明!渋柿が人間の脳みそ食いたがってるのも意味不明!!とにかく作りが甘い!雑すぎ!!!




中島美嘉痩せすぎ!!!魅力感じません!!ちょっと病的!!なんかやつれてるぞ!!

痩せすぎ






中島美嘉は演技酷いですね。僕が監督だったらどんなに仲が良かったとしても2度と使いたくないレベルです。

っていうかそもそもね、キャスティングが酷い。品川監督の交友関係を存分に使ったのか知らないけど、予想通り芸人の出演が多数!あきらかに必要無い演出に無理矢理入れ込んだりしてるので、単なる文化祭の出し物みたいになってます。この時点でこっちとしては相当萎えてますよマジで。
ほんでね、芸人気質を忘れてないのかそれをアピールしたいだけなのかわかんないですけど、お笑い要素がマジで邪魔。いやそれが本当に面白いならいいんですけど、「○○なのかよ!」っていう説明過多な笑いなので、全然笑えない。ツッコミ無しで笑いとして成立してるのに、何故か教科書どおりのツッコミを入れて全てが台無しです。まぁそもそもそこまで面白いギャグでもないし、話にブレーキをかけるだけの要素なんですけどね。



ただ窪塚洋介はよかったですね!IWGPのキングっぽい役柄なんですが、さすが超ハマリ役です。アイスピックを使ったアクションはホント迫力あるし、彼のセリフシーンは早口ってわけではないのですがテンポ良く聞きやすい。さすがです。
あと田中聖が意外と良いです。イケメンだし身体能力あるし何かと絵になりますね。今後映画とか結構出てくるかも。
アクションシーン自体は全体的に良かったですよ。ちょっとスローが多すぎて「300」やりたいのかな?って思ったけど。まぁでも僕的には全然オッケー。スロー多いけど。
照明とか音楽の演出も上手だなって思いました。華やかな雰囲気をめっちゃうまく出せてましたね。必要があったかどうかは別として、華やかさはうまく出せてましたよ。華やかさが必要かどうかは別としてね。







はい!!で、ですよ!




長々書きましたがここからが本番です!この映画にはね、ほかの映画には無い、とある問題シーンがあるわけですよ!








それがこれ!


問題





見た人にはわかると思いますが、ハマショウがいわゆる「映画好き」の人間達に対して文句を言うシーンです。


要約すると、「自称映画好きの連中は、自分以外の人間は映画を見る目が無いと思ってやがる。自分は映画を撮ったこと無いくせにだ。やたら語るくせに他人の意見は右から左。オレは年2回くらいしか映画は見ない。好きな映画は『バックトゥザフューチャー』だ。それをベタ過ぎるとか言うヤツが大嫌いだ!」ってことを言うわけですよ。

















もうね、こちとら腕まくりですよ。ええ。








まずね、これが映画の本来のラインとは全く関係の無いセリフだってことですよ。それをあえて入れてきた。それがどういうことか。品川監督自身の考えってことでしょう!


つまり品川監督は、「映画を撮ったこと無いヤツがごたごた言ってくんなよタコ。」ってことを言いたいんでしょう。でもそれって野球やったことない人がチャンスにいつも凡退するプロ野球選手に文句言っちゃいけないとか、政治家やったことない人が政治家に文句言っちゃいけないとかそういうレベルの話じゃね?それって違うだろ!
映画にしろスポーツにしろ、むしろそういうパンピーに支えられて初めて成立するエンターテイメントだろ!それをそんな風な言い方しちゃだめだって!子供じゃないんだから!!批判恐れてんじゃねーよ!
だいたい批判とかされたくないんだったらせめて芸人とか出てなくてギャグ要素も完全に封印した100%ガチな作品を作って欲しいです。そういう要素が「保険」に思えて仕方ないんですよね。「ちょっとゆるくしてますw」みたいな。そもそも「芸人」である品川庄司の品川が映画の監督してるっていう話題性があるだけで、腕が二の次になってると思うんですが!

だいたいこのベタな映画の代名詞として「バックトゥザフューチャー」を出すって、それお前が一番そう思ってるんじゃね?ってことですよ。きっと品川監督が「バックトゥザフューチャー」好きなヤツは映画に詳しくないヤツっていう偏見を持ってるんですよ!!そうだそうだ!!じゃないとここに「バックトゥザフューチャー」は出てこないはず!そもそも「バックトゥザフューチャー」って結構意見が分かれる作品で、決して「ベタ過ぎる映画」では無いと思うんですがね・・・。



まぁこのシーンがあるだけだったらそこまで思わなかったかもしれないんですが、この作品全体的にタランティーノタランティーノうるさいんですよ。なんかそのオマージュ的なものもちょいちょい出てくるし、登場人物にもタランティーノをやたら語らせるし、もう品川監督の「オレってタランティーノ好きなんだよね^^」アピールがうざいんです!
そんな監督の映画の嗜好が見え隠れしている中でこのシーンですから・・・。隠れた嫌味メッセージ入れてんじゃねぇよ!!









とにかく「俺」アピールのすごい人なんだなと思いました。







でもそんなに自分をアピールできるって、自分にすごく自身がある証拠ですよね。そういう人って身近にいたらすごく魅力的なんだろうなって思います。






























絶対オレは友達にはなれないけど。























 自称映画好きのヤツは、自分以外のヤツはみんな映画を見る目が無いと思っている(ハマショウ)
























お試しあれ!!!







サンブンノイチ  2014年  日本


ジャンル:サスペンス
  監督:品川ヒロシ
  出演:藤原竜也
      田中聖
      小杉竜一
      窪塚洋介
      中島美嘉
































 

ドロップ

どうも!僕です!今日はこれ!!

 
ドロップ






「ドロップ」です!皆さんご存知お笑い芸人「品川庄司」の品川祐が原作の小説を映画化したものです。




半ば自叙伝的なこの作品、見方によってはかなり痛いですよね・・・。だって自分がヤンキーやってた頃の話とか、そいつが自分から喋りだしたら「はぁ、そうですか・・・」ってなりますよね。ちなみに監督の品川ヒロシ曰く、フィクションとノンフィクションの割合は50/50だそうです!50%もあれば十分!僕はノンフィクションという目線で見ました!!



品川の分身、主人公信濃川ヒロシを演じるのは成宮寛貴!助演は水嶋ヒロ!その他ピース綾部、レイザーラモンHG、遠藤憲一、哀川翔など非常にバラエティに富んだメンバーでございます!!





ではあらすじ。私立中学に通うヒロシ(成宮寛貴)は不良に憧れ、不良になるため公立の中学校狛江北中に転向します。
ヒロシ







しかし早くも転校先の不良たちに目を点けられます。呼び出され素直について行くと、なんともうケンカ中!!

バット



「人はそう簡単に死なねぇよ・・・」とか言いながら金属バットフルスイングで人の頭を殴ってる男が!!
いやいや死ぬだろ絶対!!




そんな無茶をしていたのは達也(水嶋ヒロ)とかいう男!!後にヒロシが憧れる存在!
達也






この後ヒロシは達也とのタイマンでボッコボコにされます。しかし何故かその後「面白れぇヤツだな・・・」的な空気になり、仲間に入れてもらうことに。晴れて不良の仲間入りを果たしたヒロシでした。













その後不良として達也たちとツルんでいたヒロシですが、そこにある刺客が!!
ファミレス





調布南中の赤木(増田修一朗)と加藤(レイザーラモンHG)!!普通に表から入れば良いのになんとファミレスの窓をぶっ壊して侵入!!ヒロシとその仲間をボッコボコにします!!

ボコボコ






さぁさぁこれからはお決まりの展開!当然仕返しに行くぞという流れに。



「ウチの学校のヤツもやられちまってよぉ」という理由で狛江西中のテル(坂本雅仁)も仲間に。
テル





赤木と加藤がいつもいる場所をテルが知ってるということなのでそこへGO!!中学生とはいえ不良なので移動手段は当然!!

車









人類最高の発明とも言われる乗り物で無事到着した一行。2人のたまり場はここ!!
たまり場






暴走族の集会場です!2人は「鬼兵隊」という暴走族の一員だったのです。






とりあえずたまり場は発見。せっかく車で来たので「死なない程度に轢きましょう」という作戦に。中学生ならではの発想の大胆さでしょうか。
























いざ突っ込むクラウン!運転手はもちろん中学生です!!!!
轢く







ドーーーーーーン!!!!
成功



作戦は大成功!!轢かれた人(中学生)がボンネットにうまく体重を預け、体を回転させることにより衝撃を逃がしダメージを最小限に抑えるという頭脳プレーを見せたことにより、死者はいません!!



ここで達也が得意げに決め台詞!!





















達也2
「人はそう簡単に死なねぇんだよ・・・」


いや、死ぬし!!運が良いだけだし!!交通事故で年間どれだけのお年寄りたちが亡くなってると思ってんだ!!




ともかく奇襲には成功した無免許軍団。赤木と加藤もちょちょいと痛めつけてその場は退散。見事リベンジを果たしたのでした。






しかし当然ここもお決まりの展開。奇襲に納得のいかない赤木加藤コンビは再び彼らの元へ。

タイマン





お互い3人ずつ出し合い、それぞれがタイマンをし合うという柔道の団体戦みたいな方式で勝負することに。




先鋒  達也○ VS  加藤● 決まり手:真空飛び膝蹴り

中堅  テル○ VS  住田● 決まり手:右カウンターラリアット

大将  ヒロシ● VS  赤木○ 決まり手:回転キック



という結果に。
その後は加藤が達也にリベンジ→それをきっかけに毎日ケンカする仲に→「毎日一緒にいるならケンカするんじゃなくてダチでいようぜ?(キラーン)」、という謎の展開。風が吹けば桶屋が儲かる感じでヒロシ一味と赤木加藤は仲間に。







そのまま月日は流れます。中学を卒業した頃、赤木と加藤は暴走族「鬼兵隊」を抜けるとか言い出し、これまたお約束のヤキを入れられます。

抜ける













「抜けてぇならヒロシとかいうヤツらをつれて来い!!」とか偉い人に言われてしまいます。



もうわかりますよね。ヒロシ一味VS鬼兵隊という戦争の開戦でございます!!







当然やったるぜい!!な一同。
ヤッタル






「50対7人か・・・今度こそ死んじゃうかもしれないね・・・」
















言ってる


「人はそう簡単に死なねぇよ・・・」










まだ言ってますこの人。もはや語尾に「べし」を付けるのとおんなじくらいなノリですね。








赤木が捕らわれてる場所は意外と近場だったみたいで、徒歩で到着!!

到着





「蹴ぇやぶれぇ~~~♪んすぉのぉおお扉ぁぁああ~~♪(トービラー♪)」










と、湘南乃風の男性ホルモン垂れ流しの曲に乗りながら一同登場。






いざ大乱戦開始!!
当然頑張るヒロシ!!あちょー!!
頑張る




















一方その頃。ヒロシの姉ちゃんの彼氏でノブくん(上地雄輔)という人がいます。ヒロシに超良くしてくれてる人なんですが、鳶の仕事中になんと落下!!
死ぬ





妙に安っぽい描写ですが、この事故でノブくんは帰らぬ人となってしまいます。












そんな事件が起きてるとは考えもしないヒロシ。ケンカは見事大敗。

カット





やはり50人は無理があったみたい。

























数日後、ヒロシは家をというか、狛江を出ることを決意。知ってる人が誰もいないところで一から始めることにします。寂しがる仲間たち。
仕事









仲間みんなは納得してくれてますが、唯一納得しないのが達也!!













「出て行くならオレとタイマンしてから行けやぁ・・・・」
みたいな事を言い出します。意味不明ですがとりあえず乗っかるヒロシ。









うりゃああああぁぁぁぁぁあああ!!!!
うりゃあああ




ヒロシが若干あさっての方向向いてる気がしますが、とりあえずケンカを終え、ヒロシは知らない町へと出て行くのでした・・・・。














★感想★
ちょっと長々書きますよ!言いたいことが多すぎます。
一言、なんだこりゃ。って感じです。ここまで納得のいかない映画はそうそうこの世にはないですね。
まず冒頭で述べた通りなんですが、金属バットフルスイングで頭殴られたら死にますよねさすがに。何が「人はそう簡単に死なねぇよ・・・」だ!!死ぬ死ぬ確実に!!
いや、いいんです。いいんですよ映画なんで多少は。しかしまぁこんな自叙伝的な雰囲気でプロモーションしときながらこの完成度ですかね・・・。そういう「現実とはちょっとかけ離れた世界観ですよ~」っていう作品なら全然アリなんですが、そういったわけでもないし。
基本的に暴力描写みたいなのは面白いとは思うんですよね。ファミレスに殴りこみかけられるところとかホント面白いです。ただみんなバットとか鉄パイプとか変な金具みたいなのとか持ってドンパチやってるわけですから、1人くらい死人が出そうなもんだし、人が死なないとしても障害が残ったりとか体の形が変わったりとかしそうなもんですよ。特にヒロシとか結構やられてるのに、次の日くらいには絆創膏程度で済んでます。「痛てて・・・」だって。馬鹿かと。あんなにバットでボコスカやられといて絆創膏と打撲くらいで済んでるなんてもう人間じゃないです。テレビ出れます確実に。
この「人はそう簡単に死なねぇよ・・・」っていう言葉がキーワードみたいに出てくるんですよ。はい、また出たーみたいな。ってことは当時ヒロシのまわりみんながそう思ってた。でもその矢先!あんなに慕ってたヒデくんが事故であっけなく死んじゃうわけです!ということは、「人って簡単に死ぬんだ・・・。」って理解するわけじゃないですか!ただ「それはそれ」っていうことになっちゃいます。現にその直後、ヒロシと達也はケンカしてるわけですから。
暴力という手段で互いに決着をつけてるわけです。だから「人は簡単に死ぬ」っていう結論は出ても、それが暴力と結びついてないんですな。別次元の話になっちゃってます。
と・い・う・こ・と・は!!ですよ!!この映画のモチーフとしては、暴れる力と書いて暴力、この暴力に対して何かメッセージがあるわけではないんです。だってそうでしょ?何らかのメッセージ性があるなら、人は簡単に死ぬ=暴力でも人はいつか死んじゃう=暴力は良くないとか、人は簡単に死ぬ=暴力も人を破滅させうるものなんだ・・・って気づくとかなんかあるでしょ!!そういうの一切ないです!!
じゃあ、この映画のモチーフって・・・?僕の印象ではただの「昔悪かった自慢」ですね。だから何?いちいち映画にしてんじゃねぇよ。って言いたいです。ただ主人公ヒロシは思いつきで不良になってその時の感情に任せてケンカとか悪いことやって、ほんでなんとなくきっかけがあったから今度は仕事をし始めただけって感じですよ。「ヒデくんとの約束なんだ・・・」とか言って仕事始めるんですが、いやいや約束じゃなくても働けと。中卒ニートが何格好つけてんだ。世間を舐めんなと。だから別に自慢できること何もしてないです。
たとえ50/50のフィクションだとしても、これを自分の話って言って映画に出来るなんてマジで神経疑いますね。品川祐については孫の代まで笑ってやろうと思います。

作品全体の流れもまぁひどいもんです。赤木加藤が仲間になるまではよかったですが、その後からの中だるみが酷い。もう必要性皆無のヒロインとの色恋とか、品川監督が仲良しなだけの芸人の登場でクスっと来る小ネタのギャグとか。しかも全てに因果関係が無い。なのでイメージとしては

A:ヤンキーの道を進む本線
B:ヒロインとの恋愛をするピンク路線
C:ヒデくんはじめ、家族関係との団欒路線
D:申し訳程度のギャグ路線

このA~D4つがそれぞれ別々に進行してるだけ。Aだけで全然成立するし、何のスパイスにもならない。





描写というか演出の仕方はアマチュアの僕にはよくわかりませんが、とりあえず上地雄輔が死ぬシーンの安っぽさだけは笑えますので必見です。「そうは落ちないだろwwww」って思いますよ。






本当はもっと言いたいことあるんですが、書ききれないのでこの辺で!!!







成宮くんが超好き!!とかっていう人以外にはオススメできない映画です。














ちなみに僕はTUTAYAで払った¥108を返して欲しい気持ちでいっぱいです。



















お試しあれ!!!








ドロップ   2008年  日本

ジャンル:ドラマ
  監督:品川祐
  出演:成宮寛貴
      水嶋ヒロ
      レイザーラモン(両方)
      上地雄輔









映画評論・レビュー ブログランキングへ





























 
記事検索
ギャラリー
  • 無限の住人
  • サウルの息子
  • フューリー
  • フューリー
  • フューリー
  • マリアンヌ
  • ビリギャル
  • ビリギャル
  • ビリギャル
QRコード
QRコード
カテゴリー
最新コメント
  • ライブドアブログ