どうも!僕です!!



今日紹介するのはこちら!!

 





「ミッション:インポッシブル」です!!

出演は有名どころでいうとイケメン俳優トム・クルーズやドラえもんのイメージが最近強いジャン・レノ!



このシリーズは有名なアクションシーンが多いので良いですよね!










さてさてあらすじです。CIAの特殊工作員のハント(トム・クルーズ)はプラハで任務を遂行しようとしてました。NOCファイルとかいう大事なデータをパクるヤツがいるからその現場を押さえろ。ってな任務です。しかし、その任務は敵にばれてたみたいで、NOCファイルは奪われた上にハント以外全員死んじゃいます。焦ったハントはダッシュで本部に電話。しかし唯一の生き残りである自分が裏切り者だと疑われちゃってマジ切れ!話し合いにたまたま使ってたオシャレなレストランをすぐさま爆弾で破壊しちゃうくらい切れてます。

悔しいハントは自分で仲間を集めて本物のNOCファイルを盗み、ガチの裏切り者をおびき出そうとします。クレア(エマニュエル・ベアール)って仲間も生きてたことがわかって意気揚々とCIA本部へ。

なんやかんやあってとりあえずうまいことNOCファイルを盗むことに成功。

マックス(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)って人にこのファイルを売ることにしますが、その直前に衝撃の事実がわかります。本物の裏切り者は、元のチームのリーダー、フェルプス(ジョン・ヴォイト)だったのです!!新チームの仲間、クリーガー(ジャン・レノ)やクレアとも組んでいることが発覚します。ってか生きてたのか!ほんで裏切り者だったのか!っていうダブルサプライズから映画はクライマックスのTGV(世界一速いフランスの電車)でのアクションシーンへ。


悪者をやっつけたハントは自分への容疑も晴れてハッピーエンド。


★感想★
潜入することが多い映画なのでハラハラするシーンが多いですね。


たとえば有名なこのシーン!!



ブログ用画像




これはですねセキュリティがすんごいところに侵入してるんですよ。ちょっとした物音、温度の変化なんかに反応するし床なんて水滴ひとつ落としただけでアウト。もうハントはすんごい焦ってますこの時。






あとこれ!!




無題





TGVから脱走しようとするフェルプスを止めようとするハント。しかしTGVが速すぎて思うように動けません。
それもそのはず。

TGV。調べてみるとですね、なんと営業最高速度時速320Km!


ちなみにウサイン・ボルトが100m走るときの時速が約37Kmらしいのでもうすんごい速いですよね。約9ボルトです。


しかもバトルは長引いてトンネルの中まで!!





無題






もうとりあえずヘリを運転してるクリーガー(ジャン・レノ)が凄すぎます。








意を決してヘリコプターへ乗り移ったハントはなんとヘリを爆弾で破壊!!



爆破









ことごとく爆破するのが好きなこの男!


















これだけでは飽き足らずさらに何と!!






飛び乗り








その爆風を使って自分だけTGVに戻るという人間離れした技をやってのけます!
もはや工作員なんかじゃなくただのアスリートです!!
思いついてもまずやらないでしょこんなこと!



みなさんお忘れなく!このアクションは全て時速320Kmの世界で行われているのです!!










というジャッキー・チェン顔負けのアクションが楽しい映画です。


















お試しあれ!!










これは余談ですが・・・アメリカ映画を見てるとCIAとかFBIとか何なの?って思いません?そこでこの機会にちょっとまとめてみました。





CIA・・・中央情報局(対外諜報活動)
FBI・・・連邦捜査局(アメリカ司法省執行機関)
DEA・・・麻薬取締局
NSA・・・国家安全保障局
CDC・・・疾病予防管理センター
NTT・・・日本電信電話(元電電公社)





だそうです。勉強になりました。







ミッション:インポッシブル(1996年) アメリカ

ジャンル:アクション
  監督:ブライアン・デ・パルマ
  出演:トム・クルーズ
      ジャン・レノ
      ジョン・ヴォイト 



 
映画評論・レビュー ブログランキングへ