プロシネマリーグ(ネタバレ満載)

言いたい放題での映画批評!! ネタバレ・解説等内容を詳細に語るときがあるのでご注意!

ラブストーリー

マリアンヌ

どうも!僕です!!


今日はこちら!!






「マリアンヌ」です!

現在公開中のアメリカ映画で、第二次大戦中に恋に落ちたカナダ人工作員とフランス人工作員の悲劇的恋愛を描いたラブストーリー。


監督は巨匠ロバート・ゼメキス。このブログで言うと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「キャスト・アウェイ」を紹介してます。
主演はブラット・ピット。最近「悪の法則」を紹介しましたね。
ヒロインを演じるのは「インセプション」「ダークナイト・ライジング」「サンドラの週末」等に出演しているフランス人女優マリオン・コティヤール。
その他出演は、「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」のマシュー・グッドなんかが出てます。













ってことで中身。ネタバレがいやな人はご注意を。






















第二次大戦真っ只中。カナダ人工作員マックス(ブラピ)は、ドイツが制圧していたフランス領モロッコはカサブランカに潜入。そこでフランス人工作員のマリアンヌ(マリオン・コティヤール)と偽夫婦を演じつつ、ドイツ大使を暗殺するというミッションに臨みます。





大使暗殺は無事成功。そして擬似夫婦体験から本当に愛し合ってしまった2人は、ロンドンに戻り本当の夫婦となります。







戦争は続くものの、子供も授かり幸せな生活を送っていたマックス。しかしある日上官から呼び出され衝撃の言葉を打ち付けられます。



「お前の嫁さん、多分ドイツのスパイだよ。情報筒抜けになっちゃうから殺してね。殺さなかったら嫁さんもろともお前も死刑だから。」








との事。








焦るマックス。そして彼は独自に捜査を開始し、マリアンヌが本当にスパイかどうかハッキリさせようとします。









ほんで結果は黒。しかし最愛の妻を自らの手で始末するなんて鬼畜なマネはできないマックス。子供と三人で高飛びをしようと企てます。
しかし出発直前で軍幹部に見つかります。

もはやこれまでと悟ったマリアンヌ。愛娘アナの事をマックスに託し自害します。





悲しみにくれるマックスでしたが、その後アナの事をしっかりと育て上げ、自身の夢だった牧場を手に入れアナと幸せに暮らしたのでした・・・。

















おわり

















★感想★
ん~まぁそこそこって感じですかね。見れる程度には仕上がってますが、娯楽作品の域は脱してないというか・・・。何かこう感動感涙し得る要素っていうのが抜け落ちてる気がします。
っていうかまず根本的に、時間的スケールが明らかに足りないもんだからそこまで悲劇的に見えないんですよね。妙にサクサク物事が進んでるように見えてしまって、完全に他人事にしか見えなくて、つまりは感情移入しづらいかな、と。「大体この女と知り合って何年かしか経ってないんでしょ?」と思ってしまって・・・。感情の高まりと時間は必ずしも比例はしないというのは百も承知です!しかしそれを踏まえてもちょっとしっくり来ないですね。
まずマックスとマリアンヌが恋に落ちる瞬間っていうのが結構唐突なんですよね。「え?もう?」って感じです。その直後の砂嵐に囲まれる車内での濡れ場っていうのがハイライトの一つなのは言うまでも無いんですが、それはストーリー展開というよりも単純に置かれた状況と映像美の産物と思います。
「SPACE BATLLESHIP ヤマト」のキスシーンが頭をよぎりましたが、さすがにあそこまでは酷くないですね。

妙にサクサク問題でいうと、これは作品全体で言えることなんですがドイツ軍が弱すぎる!!!とにかく弱い!マックス1人にボコボコにやられまくりです。異常なまでのマックスの強さに拭い去りがたい違和感がつきまといます。


っていうかアクション・謎解き・恋愛という三つの要素が絡み合う作品なんですが、ハッキリ言ってバランスが悪いですね。各要素が活きるのではなく、単純に良さを消し合ってます。言ってしまうと、どういう作品に仕上げたかったのかがよくわからないくらいに色んな要素と色んなシーンがぶつかり合ってます。その要素単体で見るとそれなりに楽しめるんですが・・・。いや、やはり恋愛要素が弱いですね。ここの描写が必要量に達していないが為に作品全体のバランスに違和感が発生してると思います。
構成でいうと、(時間は計ってないんですが多分)二人が恋に落ちるまでよりもその後の「マリアンヌがスパイかも」謎解きに時間が多く割かれているばっかりに、感動よりもサスペンス的要素が勝ってしまってると思うんですよね。でも最後は感動的に終わっちゃうんで結果として「はい?」ってなってしまう気がします。
ちょっと「怒り」っぽい雰囲気になっていくんですが、あれは人間模様と謎解きを同時にうまく描けてたからまだよかったのであって、今作は・・・。う~~ん・・・。



まとめますと
  • 恋に落ちるまでが早い。ぬるい。
  • 後半の謎解きがメイン。その間に感情移入要素が少なすぎる
  • そんなんで感動的に仕上げられても困る

こんな感じですかね。っていうかそもそもマックスとマリアンヌだって人殺しまくってるんだから、戦争映画並に絆とか戦う理由とかを描いてもらえないとやっぱラストで死なれてもなかなか泣けないですよね。
あと細かいこと言うと、やっぱ乳母は誰がどう見ても怪しいよ。
















ってな感じで書いていきましたが、決して見れないくらいに酷い作品とかってわけではないですよ!ゼメキスらしく、「あ、何かここうまいCG使ってんな」と思わせるところもありますし!

















まぁそんなには面白くはないけど!!!


























お試しあれ!!





















マリアンヌ   2017年  アメリカ


ジャンル:ラブストーリー
  監督:ロバート・ゼメキス
  出演:ブラット・ピット
     マリオン・コティヤール
     マシュー・グッド




映画評論・レビュー ブログランキングへ 

エターナル・サンシャイン

どうも!僕です!!

今日はこちら!!

エターナル・サンシャイン
 





「エターナル・サンシャイン」です!久々にラブストーリーを紹介します!!






2004年のアメリカ映画。
監督は、ミュージック・ビデオの監督として有名なミシェル・ゴンドリーというフランス人のおっさん。

主演は「マスク」などで有名なジム・キャリーと「タイタニック」でご紹介したケイト・ウィンスレット。


あとミスターロード・オブ・ザ・リングのイライジャ・ウッドや超ベテラン俳優トム・ウィルキンソンなんかも出てます。





当時はアカデミー脚本賞を受賞した名作!しかし単なるラブストーリーではなく、ちょっと頭を使うラブストーリーです!!






ではあらすじ。








バレンタインの時期。ジョエル(ジム・キャリー)は彼女もいなく、寂しい日々を過ごしていました。









そんな中、ひょんなことから電車の中でクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)という女性と知り合います。


出会い










そして2人は恋仲になって行きます。





凍った池みたいなところに寝っころがって星を眺める というロマンチックなデートが終わった翌朝。





ジョエルの家に泊まりに行くことになったクレメンタインは、自宅へ歯ブラシを取りに行きます。






彼女を車の中で待っているジョエルの前に1人の謎の男が登場。

パトリック




「何か困ったことは?」みたいなことを聞いてくるんですが、全然意味がわからない。









と、ここで舞台は突如ワープ。何故かジョエルが号泣している場面に。


号泣




さっきまであんなにワクワクする展開だったのに、もうめっちゃ泣いてます。










いろんな事実がわかっていくんですが、簡単に言うとジョエルとクレメンタインはある日大ゲンカをします。



勢いで大胆なことをあっさりとやってしまう性格のクレメンタインは、なんとジョエルの記憶を医学的に除去


どうにか仲直りして彼女とやり直したかったジョエルでしたが、いかんせん彼女の頭からジョエルの記憶が消えているため、「どちらさま?」みたいな対応をされるばかりか、ジョエルの目の前で新しい彼氏とイチャイチャしたりするわけです。


イチャイチャ








こんな物を見せられた日にゃ、もうたまんないジョエル。


そこで、彼女の記憶を実際に除去したラクーナ社へ。




ジョエルがこのなんともやるせない苦痛の心境から解放されるには、彼もまた記憶除去手術を受けるのが一番だというアドバイスを受けます。





というわけで、彼も手術を受けることに。手術は彼の自宅で行われます。







やり手の若手博士スタン(マーク・ラファロ)とチャラ男のバカ助手パトリック(イライジャ・ウッド)が担当します。




ジョエルを昏睡状態にしたところで、コンピューターを使った記憶除去がスタート。









この2人はクレメンタインの手術も担当したよう。




作業が着々と進む中、バカ助手のパトリックがここでとあるカミングアウト。


パトリック2




「頂いた」というやけに丁寧な日本語訳が適正なのかは別として、どうやらバカでスケベでクズなパトリックは治療の際にクレメンタインに惚れたらしく、現在は付き合っているとのこと。









変態パトリックがカミングアウトをしている頃、ジョエルは自分の記憶の中を彷徨います。






とにかく記憶がドンドン消去されていく中、スタンとパトリックの会話がまる聞こえ。

2人の会話をなんとか理解しつつも、クレメンタインとの記憶・思い出がフラッシュバック。

もう一度体験しつつも着々と消去されていくという・・・まぁちょっと僕のボキャブラリーじゃなかなか説明しづらい展開になってきます。





その後パトリックは、「やっぱり彼女との思い出を消したくない!!」と思うようになり、記憶の中で出会ったクレメンタインと共謀して、記憶除去の治療中の記憶(言葉がおかしいけど、ホントこんな感じ)から姿を消します。







消えていく記憶からとにかく逃げまくる二人!!

逃げる




必死に追いかける博士チーム!
しかしあまりの緊急事態に手に負えなくなったスタンは、ハワード博士(トム・ウィルキンソン)という偉い人を呼び助けを求めます。



現場に到着し、なんとか状況を納めた博士。

しかし何を血迷ったのか、このタイミングでハワード博士と助手でありスタンのガールフレンドであるメアリー(キルスティン・ダンスト)がまさかの不倫関係に!!!

キス





TPOなんて関係なし!!!
濃厚なキスを交わす2人!!胸の奥からあふれ出す感情を抑えきれない2人!!



彼らの曇りなき愛に、戸籍も世間体も関係は無いのです!!






































の、はずが!!!!

見てる






 博士の奥さんめっちゃ見てるーーーー!!!











泣きっ面に蜂とはこのこと。奥さんに愛想をつかされた博士。


そして奥さんはメアリーに衝撃の事実を突きつけます。






衝撃









とのこと。つまり、メアリーと博士はかつて不倫関係だった。しかし許されない恋だった為、メアリーの記憶から博士は除去されていたってわけです。






ショックを隠せないメアリー。
















一方のジョエルとメアリーは、記憶消去からの必死の逃走も虚しく、記憶は全て消し去られてしまいます。













そしてシーンは冒頭の歯ブラシを取りに行くシーンへ。






車に再び乗り込んだクレメンタイン。







ここにメアリーが送り込んだテープが。このテープにより、2人は自分達が記憶を消されたこと。すなわち付き合ってもうまくいかないことを知ります。













なんとも微妙な空気になる2人。
















付き合ってもうまくいかない・・・・。
















でもこんなに好きなんだもん!!!











だから何度でもやり直そう!!!

ラスト
















おわり













★感想★
よかったと思いますよ。全体的なノスタルジックというか、なんとも言えない哀愁が漂うのが好きでした。露骨過ぎない感じでしたね。そんな中でも、ホラーというかちょっと薄気味悪いシーンや、理解が容易ではない謎解き的な要素があって楽しめました。はっきり言って小難しいけど。
ただそういった小難しい部分を理解するための目印みたいなのはしっかりと用意されてます。例えばクレメンタインの髪の色。緑→オレンジ→青という順になってるので、「え?これ今いつの話してんの?」って時の一種のヒントになってくれてます。こりゃ親切な脚本だ。
音楽とかもシーンによって大きく変わるので、それによって「お、ここは悲しいシーン来るな」とか「あーちょっと気味悪いの来るな」とかっていうのはわかります。
時間軸のズレと、現実と記憶の違い、この2つをはっきりさせとかないとなかなか理解は難しい映画ですね。

オシャレな演出も多い!僕が一番好きだったのはジョエルの幼少期の回想シーン。子供のジョエルが同級生の女の子と仲良く歩くんですが、その女の子の声はクレメンタインになっているっていうね。
その演出だけしておいて多くは語らないっていう。オッシャレ~♪




まぁとにかく脚本がすごいと思いました。別にアカデミー賞取ってるから言う訳じゃないんですが、単純に「こんなの思いついてもここまでの完成度で再現できないだろ」っていうことです。ちなみに脚本家は「マルコヴィッチの穴」なんかを手がけた、独特な作風で知られるチャーリー・カウフマンっていう人です。


納得いかない点で言えば、博士の奥さんがなぜ現場に来たのかっていうことくらいですかね。「不倫を暴いてやる!!」っていう気があったとはあんまし思えないし。いやそもそも元不倫相手が未だに同じ職場にいるっていう時点でもうそれ自殺行為じゃん。必然の結果だろ!
あとその不倫に対するスタンの心情とかをもうちょい知りたかったですね。せっかく恋愛モノの作品なんだから、そこはがっつり入れてよかったと思うんだけど。メアリー決してどうでもいい役柄なわけじゃないし。
あと結局最後までジョエルの魅力っていうのがイマイチわかんなかったです。ただのいいヤツ止まりな気がします。まぁ恋愛って言うのはそんなもんなんでしょうかね。

キャストでいうとジム・キャリーとケイト・ウィンスレットの両主演の演技は良かったですね。
ジム・キャリーはまさに「冴えない男」っていうのを十二分に表現できてたと思います。「あ~いる~。こういうヤツいる~。」っていう絶妙なとこを言ってます。「いやいやモテない設定だけどすんげぇ清潔感あるイケメンじゃん」とか、逆に「こんな不潔なブサメンにこんな恋愛できるわけねぇだろ」とかってツッコミたくならない、もうホントドンピシャの「冴えない男」感が出てました。だから記憶消去から逃げるジョエルにもなんとなく感情移入できるというか、「う~~頑張れ~~」ってなれるわけですよねこっちも。なんともいたたまれない。
あとケイト・ウィンスレットは、「役によってここまで雰囲気変わるんだ」って思いました。タイタニックでの上品なお嬢様とは一転、勝気な酒好き女になってるわけですからいやはや演技の幅を感じます。まさに実力派。





 




というわけで全体的に僕は好きでしたが、好みははっきり分かれる作品です。


ラブストーリー見て「うわ~❤素敵~❤」ってウットリなりたい女の子とかにはあまりオススメじゃないですね。単純に話が、というか表現が難しい作品です。













ラブストーリー・サスペンス・ホラーが詰まった映画です!!!




































忘却はよりよき前進を生む  ニーチェ
 






















お試しあれ!!!





エターナル・サンシャイン  2004年  アメリカ



ジャンル:ラブストーリー
  監督:ミシェル・ゴンドリー
  出演:ジム・キャリー
      ケイト・ウィンスレット
      イライジャ・ウッド









映画評論・レビュー ブログランキングへ 

タイタイニック

どうもみなさん!!
さっそく1作目の投稿です!記念すべき1発目に紹介するのはこちら!!







皆さんご存知「タイタニック」です!

「アバター」が出るまでは世界興行収入歴代1位だったいわずと知れた名作ですね。

イケメン俳優レオナルド・ディカプリオとタイタニック以外ではあんまし見ない気がするケイト・ウィンスレットが主演のラブロマンス映画です。



ストーリーとしてはディカプリオ扮するジャック(貧乏画家)とケイト扮するローズ(貴族のフィアンセ)がタイタニック号の処女航海でたまたま出会い恋に落ちるが、タイタニック号がバカ船長のせいで沈んじゃう。

ってなお話です。




このジャックがね、硬派に見えて実はなかなかの好色野郎なんですわ。っていうのもこのジャック。港町の酒場でたまたまポーカーで勝ってこのタイタニック号のチケットを手にするわけなんです。
タイタニック号はイギリスからアメリカへ向かう船なんですがもともとアメリカ人の貧乏画家ジャックはこれでテンション最高潮。親友のファブリツィオと共に意気揚々と船に乗り込むのですがこのファブリツィオがまぁ不憫。

普通親友とこんな船に乗り込んだら一緒に船内探検したりとか、向こうに着いたら何をするか語り合ったりとかあるじゃないですか。ジャックはそんなこと全くしません!!ローズとの恋愛のことしか考えてません!!なのでファブリツィオは序盤だけちょろっとでます。終盤に出てきたときはもう船の沈没が始まってるので次に出てくるファブリツィオは完全にテンパってます。ホント不憫。この映画に男同士の熱い友情とかはほぼ無いのでご注意を!





タイタニックの画像 プリ画像

ファブリツィオ(真ん中の1人で笑ってる人)



もう一人紹介したいのがこの人!










ビリー・ゼインという人が演じるホックリーさん。ローズのフィアンセなんですがこの人がまぁよくある金持ちの家のクズ息子。なんでも金で解決しようとしちゃうし結構キザな雰囲気。そのくせローズがいうこと聞かないと、食卓ひっくり返すはローズをビンタしちゃうはやりたい放題。
ジャックの恋敵になるんですがいい感じのザコっぷりを発揮してくれてます。

結局この人がストーリーを二転三転させてくれるので結構重要な人物です。クズだけど。






★感想★
船の先端で鳥のカッコして楽しんでる例のシーンもあるし、セリーヌ・ディオンの歌もあるし、船からの脱出で結構ハラハラするシーンもあるし意外と面白かったです。船がでかいから人が木の葉のようにおちていったり船が沈む様子をダイナミックに表現してるとことか好きでした!個人的には音楽隊みたいな人たちが、船が沈む中ただただ音楽を奏で続けるっていうシーンが好きでした。
「えっ!?」ってなるような裏切りのシーンとか鼻水ダラダラ流して泣くようなシーンは無いですけど、決して退屈な映画ではないと思います。名作だし、見て損は無いんじゃないですかね。

映画の中で、この事件は最終的に大勢の人が見殺しにして殺されたって話がありました。韓国の例の事件と似たようなパターンですね。イギリスは紳士の国ってイメージがありましたけど見損ないました!この映画ひとつ見ただけで見損ないました!!!




お試しあれ!!







タイタニック(1997年)アメリカ

ジャンル:ラブストーリー
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオ
    ケイト・ウィンスレット
    バーナード・ヒル      他












映画評論・レビュー ブログランキングへ












 
記事検索
ギャラリー
  • 無限の住人
  • サウルの息子
  • フューリー
  • フューリー
  • フューリー
  • マリアンヌ
  • ビリギャル
  • ビリギャル
  • ビリギャル
QRコード
QRコード
カテゴリー
最新コメント
  • ライブドアブログ