どうも!!僕です!!

今日はこちら!!

最強のふたり



「最強のふたり」です!


2011年のフランス映画で、首から下が麻痺した大富豪とその介護人となったろくでなしの若者を描いたヒューマン・コメディ。フランス国内で大人気となり、日本でもかなりヒットした作品です。




監督はエリック・トレダノとオリヴィエ・ナカシュのコンビ。日本ではそこまで知名度の高くない人たちですね。僕も知らなかったです。


主演は「殺意の夏」のフランソワ・クリュゼと元々はコメディアンのオマール・シー。同監督コンビの作品にはちょいちょい出てるみたいです。

















ってことで中身ですが、あらすじの通り大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)の介護人に半分マフィアみたいなならず者のドリス(オマール・シー)なるわけです。





しかしドリスという男はとにかくデリカシーの無い男で、首から下が全く動かないフィリップに対して全然気を使いません。








寝ているフィリップの足にアツアツのティーポットを置いて本当に感覚が無いのかチェックしたりします。

ドリス





当然周りからはバッシングを受ける行いですが、この彼の言動をとにかく気に入ったのが当事者のフィリップ。今までの介護人とは一味違うドリスと日に日に距離を近縮めていきます。









退屈な人生に光を見出していたフィリップでしたが、ドリスの弟がギャングとトラブったのをきっかけにドリスは介護人の仕事を辞する事にします。







当然新たに介護人を雇うのですが、ドリスに比べると雲泥の差で全くウマが合わず。半ば自暴自棄になっていたフィリップでしたが、そこに再びドリスが戻ってきます。















そしてドリスの計らいで、文通相手のエレノアと食事をすることに。

食事






ドリスはフィリップの元を再び離れますが、彼のおかげでフィリップは大事なモノを手に入れることが恐らくできたのでしょう・・・。









おわり


















★感想★
いやー素晴らしい作品でした!
まず大前提としてお伝えしておきたいんですが、この作品を見てない人は恐らく感動的なヒューマンストーリーと思っている人多いと思いますが、そんな作品ではありません!コメディです!!
しかもユーモアセンスが抜群に良いと思います。実に面白い。で、この作品がそういう部類の作品なんだということを、アバンタイトルの時点で完っっ璧に教えてくれます。

っていうか、アバンタイトル、いわゆるオープニングがもうサイッコーですこの映画。
明らかに不穏な雰囲気の2人が、夜車を猛スピードで飛ばしているところを警察に止められます。するとドリスが、「ふざけんな!こっちは障害者を運んでるんじゃい!!」と言い放ち、フィリップは謎の発作(嘘)を起こし涎をブリブリ垂れ流します。「コイツが死んだらてめえらが遺族に説明しやがれ!!!」と言うドリスに対し、警察は通行を許可。その上先導まですると言います。で、「先導する」事に賭けていたドリスはニンマリしながらフィリップの涎を拭きます。「またバカしやがって・・・。」ってな雰囲気で笑うフィリップ。そして警察の先導付きで車は再発進。「音楽で祝おう」とドリスが言った瞬間、♪テッテ、テッテ♪とアース・ウィンド&ファイアの「セプテンバー」が流れ出します。そこからスタイリッシュな画面のデザイン・演出と共にスタッフ・キャストが出てくるアバンタイトル!「Do you remenber~♪」らへんでもう僕は鳥肌ズォオオオオオーーーーーでした。「あ、これ絶対良い映画だ!!」と思っちゃいましたね。サビの「バ~デヤ~♪」らへんではもうフィリップすらノリノリ。首しか動かないのに、その首がもうノリノリなんです。この素性の知れない2人の男が誰がどう見ても「絶対に仲良いなコイツら」って思ってしまうほどのイケイケ感で見ているこっちまでも楽しくなってしまう、というわけです。サイッコーですねここ。音楽から画面のデザインから役者からもう100万点です。


で、こんな感じのサイコーなシーンがもうひとつあって、それがフィリップの誕生日のシーン。フィリップは家にオーケストラを呼んで大好きなクラシックを楽しむんですが、ドリスは「今度はオレのお勧めを聞いてくれ」と再びアース・ウィンド&ファイアの「ブギー・ワンダーランド」を流して皆の前で踊りだします。
これがまた良くてねー。何が良いって、こんなの言ってみれば馬鹿げた事なのにそれを家のお手伝いさんや何ならオーケストラの人たちまでノリノリで見ちゃうってとこなんですね。最終的には皆で踊りだしちゃって。ホントに皆すごく楽しそうなんです。もう見てるこっちまでニヤけちゃうくらい。サイコーです。





まぁアース・ウィンド&ファイア関連はここらへんにしておいて。
結局この作品っていうのは、「障害者を差別しないって何なの」っていう問いに1つの引き出しをもたらす作品と言えると思うんですね。まぁこればっかりはなかなかデリケートは話題ですし、個人差もあるし正解も無い極めて難しい問題なんですが。
「障害者に優しくしよう!」っていう考えが果たして本当にその障害者の為なの?ってことで、それって障害者を完全に区別してるから「障害者に」って発想になる、とかまぁ堂々巡りなんですけど要するにそういうことだと僕は思うんです。
で、それをとてつもなく荒々しい方法で打開したのがドリスというデリカシーのかけらも無い男なんです。コイツは本当に見る人によってはサイテーな野郎でね。
前述の通りフィリップが本当に熱さを感じないか実験したりとか、フィリップの携帯が鳴ったら「うい」みたいな感じでよそ見しながら手渡したりするんですよ。いや、首から下は動かねぇんだよ、と。ドリスも「あ、そっか」みたいな感じ。

結構面白かったのはよそ見しながらフィリップに食事をさせるところですね。
よそ見

こんな感じで目にぐっちゃり行ってます。





まぁこんな調子のドリスに対して、フィリップは「自分を普通の人と同様に扱ってくれている」と感じるようになります。
一種のターニングポイントの様な部分があって、ドリスがチョコを食べているときにフィリップが「オレにもくれ」と言います。するとドリスは、「健常者用しか食べちゃダメ~~」とか笑いながら言っちゃうんですよ。かなり際どい発言ですよね。しかしこれをも許容しちゃうくらいフィリップは対等の関係を求めていたみたいで、二人はグングン距離を縮めていくワケです。
その後はもう車椅子を改造して時速12キロまで出るようにしちゃったり、ドリスはフィリップにマリファナ教えちゃったりでもうやりたい放題。フィリップの恋愛相談なんかもあったりして本当に友達みたいになっていくんです。
ここらへんが結構テンポがよくて非常に見やすいんですよね。この要因の1つとしては助演の皆さんの演技力と脚本の良さがあると思います。クドクドした障害者への対応の仕方のレクチャーとかが入ったり、ドリスを嫌う人間が現れたりとかで少し話しにブレーキがかかりがちな展開と思うんですが、そんな野暮ったいシーンは無いです。フィリップの過去とかはフィリップ自身が直接ドリスに語ることで、テンポの停滞を抑えると同時に二人の距離の接近を描けるってな感じかな。周囲の人間とドリスが会話するときは「その人」に関する事なので、ドリスがフィリップ家の一員になっているっていう事を描けるし、それはつまりフィリップがドリスを認めているってことの暗示でもあるし。なんかホント色々とバランスがうまいなと思いました。助演で言うとアンヌ・ル・ニという人が特に良い雰囲気出せてましたね。






ただまぁ内容的には正直ブラックジョークが多いのも事実ですし、ハマらない人もいるかもねって感じです。僕から言わせればそういうのイチイチ気にするならもうこういう作品は見るな、と言いたいですけど、それは人それぞれってことで。
多少の残念ポイントで言うと、テンポが良すぎて登場人物のバックボーンがイマイチわからないのは事実です。そこに起因して話しに入り込めないって人はまぁいるかなーと思います。
ただ僕的にはそんなの気にせず、異色なコンビの2人がドンドン仲良くなってバカやっていく様を微笑ましく見ようとすれば、かなり楽しめる作品と思いますけどね。








せっかくなんで、アース・ウィンド&ファイアの曲に乗ってお別れです!名前でピンと来なかった人は聞いてみてね!絶対知ってるから!!!






























お試しあれ!!!









最強のふたり    2011年  フランス


ジャンル:コメディ
 監督:エリック・トレダノ
    オリヴィエ・ナカシュ
 出演:フランソワ・クリュゼ
    オマール・シー






映画評論・レビュー ブログランキングへ