どうも!僕です!!

今日はこちら!!

オールドボーイ


「オールド・ボーイ」です!2003年の韓国映画で、ある日突然誘拐され15年間監禁されていた男が、解放された後にその真相を探っていく5日間の話。

日本の漫画家、土屋ガロンと嶺岸信明の「ルーズ戦記 オールドボーイ」を韓国で実写映画化した作品です。



監督はパク・チャヌク。今作は同監督の「復讐三部作」の2作目にあたります。


主演はチェ・ミンシク。このブログでも「ブラザーフッド」「LUCY」「悪魔を見た」を紹介しておりまして、なかなかお馴染みの人です。






ちなみにこの作品は評価が結構高くて、カンヌで審査員特別賞を受賞してます。その後同タイトルでスパイク・リー監督の下ハリウッドリメイクもされてます。ちなみにリメイク版は結構大コケしてるのでこのブログで紹介することは多分無いと思います・・・。






















ってことで中身!





酒癖の悪いオ・デス(チェ・ミンシク)は、酔っ払っていたある日に突如何者かに拉致されます。さらわれた理由もどこに隔離されてるのかもわからず、オ・デスはただただ何もわからない監禁状態を15年間続けます。

軟禁




その間、嫁は殺され、しかもオ・デスが犯人に仕立て上げられています。

そしてある日、彼は突如解放されます。目を覚ますとそこは謎の箱の中。そこから出ると、とあるビルの屋上でした。



嫁は殺され、娘も行方不明。完全に孤独の状態から、彼は手当たり次第調査を開始。ミド(カン・ヘジョン)という女性の協力者も得て、犯人と監禁理由を突き止めていきます。










↓以下、ネタバレ






















調査をしていく中で、オ・デスとミドは恋仲になり、肉体関係も持ちます。


そして犯人がついにわかります。それはウジン(ユ・ジテ)というオ・デスの学生時代の女子同級生イ・スア(ユン・ジンソ)の弟。





最後の最後に全てがわかるのですが、


ウジンとスアが校内で近親相姦
    ↓
オ・デスがそれを目撃
    ↓
その事の噂が広まる
    ↓
耐えられなくなったスアがダムで自殺
    ↓
ウジン「オ・デスぶっころ」



というわけです。




で、実はここからがちょっと面白いわけで、新事実を明かす時にはウジンはもうこのキメ顔です。

キメ顔


かなりわかりやすいです。











実はここまでデスがたどり着いたのは全てウジンの計画通り。彼はオ・デスとミドに「後催眠暗示」という催眠状態で暗示をかけ、覚醒状態で行動させる特殊な催眠術をかけていたそうです。





つまりここまでの全てがウジンの書いた絵図。そして衝撃の事実。

オ・デスが心のそこから愛したミドという女性。


じつは彼女がオ・デスの実の娘であったことがわかります。










ミドの身の危険を案じたと同時に、我がの娘と肉体関係を持ってしまった事に苛まれるオ・デス。


そんな彼の最大の願いは、この事実をミド自身には秘密で貫き通すこと。オ・デスは自分の舌を切り落とし、ウジンに懇願します。


ウジンは彼の願いを承諾し、ミドには事実を伝えず。そして人生最大の目的であるオ・デスへの復讐を完了したウジンは、銃で自害。







その後オ・デスは、謎の催眠術師のもとへと向かい、事実を知っている自分を乖離させます。






そして、再びミドと再会したオ・デスなのでした・・・。

















おわり













★感想★
面白いと思いますよ。
まず演出が非常に多彩です。正直ちょっとダサく感じてしまうようなモノもあるんですが、とにかく多彩。コミカルにも見えるしシリアスにも見えるしホラータッチにも見える、割と独特と言える演出が多いと思いますね。ストーリーがバシっとエッジが利いてるのに、実は目でも楽しめる作品になってます。
ただね、この作品を諸手を上げて「サイコー!」って言えるかといったら僕の中ではそうでもなくて。

僕が気になったのはベロちょん切りシーン。まぁ最愛の娘であり最愛の彼女に絶対に事実を伝えて欲しくない彼が許しを請う為に選んだ手段なんですが・・・。舌を自分で切るって相当な事ですし・・・。まず舌を切って生き続けてる時点で結構凄い事だし、っていうか何よりも「何で?」ってなるんですよね。「俺の命はいいからミドに悲しい現実だけは言わないでくれ!」ってならわかるんですが、「俺の舌はいいから○△□★・・・!」って・・・。まぁ言わないけどさ、要はそういう事でしょ。なんで舌なの。マジ意味わかりません。これまで「舌」についての描写とか無いんですよ。歯はあるけどさ。
あまりに急なもんだから、なんか不必要なグロさが急にやって来た感じでちょっとポカーンでしたね。伏線として少しでも舌に関する描写があれば良かったんですが。「噂を広めたオシャベリ野郎だから舌を切り落とします」ってのは何かしっくり来なかったです。

伏線といえば、わりと良い感じに伏線は描かれてるんですが、「セリフに関する伏線とその回収がやたらと多い問題」が発生してますね。
つまり、前半の内にやたらと意味深な発言が多くて、繋げ方自体は悪くないんだけど「まぁ何か後半繋がるのかなと思ってましたよ」ってなっちゃうんですよ。伏線っていうのはあくまで「え!?関係無いと思ってたあれが!?」っていうのが最高に気持ち良いワケで、その点で行くと今作のはちょっと違うかなって気がします。「だって伏線じゃなきゃ無意味だもんね」、なセリフが多いワケです。

っていうか、この手の作品ってのは「実は犯人にも犯人なりの同情できる事情があった」ってのが王道と思うんですが、今作の場合「いや、でもやっぱりお前の方が悪いじゃねぇかよ」なんですよね。近親相姦を我慢できず学校でしちゃうようなヤツに同情はなかなか難しいですよ。「愛」とかって言われたって、「でも人目をはばからずそういう事をやっちゃうって事は結局性欲だよね」って結論になるし、少なくともたとえ近親相姦じゃなくても場所が場所なんだからそういうリスクは覚悟の上でヨロシクやってくれって話ですから。極端に言うと、駅のホームでHしてるカップル目撃してそいつらと目が合って、ほんでそのカップルから怒られたらさすがに納得いかないじゃないですか。それと一緒ですよ。場所選べって話。近親相姦で悩んでる人には悪いかもしれないですけどね。ここの違和感はベロちょん切り問題にも繋がると思います。「いやいやそこまでしなくても!ウジンのが悪いんだから!」っていうね。




まぁそんなこんなでストーリー全体としては良くできてるんですが、何か細部がしっくり来ないというか・・・。全体的に凄く良いので、作品全体を大きく揺るがす問題では無いかもしれませんが、重箱の隅をつつくと言った小さいことでもない・・・。なんかうまく言えませんが、違和感が残る感じですね。面白いんですよ。ホントに。




あと前々から思ってたんですが、チェ・ミンシクは年の割りによく体が動きますね。撮り方がうまいのかもしれませんが結構映えます。ただのちょいデブなおっさんにしか見えないんですけどね。



作品の根幹、ウジンの復讐の起点となる題材がなかなか扱いづらい重い話なんですが、韓国映画っぽく「そこ行くか!」ってのは良かったし、正直韓国という風土におけるいなたい感じが題材とはかなりマッチしてると思いました。ハリウッドでウケなかったのはそれがあるかもね!












そんなこんなで近親相姦をワンチャン狙ってる人は是非お試しあれ!!
















「なぜ監禁したのか」じゃない。「なぜ解放したのか」だ。     ウジン
















オールド・ボーイ  2003年  韓国



ジャンル:サスペンス
  監督:パク・チャヌク
  出演:チェ・ミンシク








映画評論・レビュー ブログランキングへ