どうも!僕です!今日はこちら!!

ダラスバイヤーズクラブ




「ダラス・バイヤーズ・クラブ」です!!


2013年のアメリカ映画で、HIV感染した男が、その病気と不条理な世の中を相手に戦う物語。



監督はジャン=マルク・ヴァレ。「ヴィクトリア女王 世紀の愛」などで知られています。



主演は「インターステラー」のマシュー・マコノヒー。以前「ウルフ・オブ・ウォールストリート」でも説明しましたが、この作品でレオナルド・ディカプリオを押しのけ、アカデミー主演男優賞を獲得しています。


その他出演は、ベン・アフレックの元奥さんジェニファー・ガーナー、そして「ミスターノーバディ」のジャレッド・レト。彼もまた、この作品でアカデミー助演男優賞を受賞しています。







ではあらすじ。




1985年、ダラス。女遊びとコカインが大好きなカウボーイロン(マシュー・マコノヒー)は、ある日体調不良のため倒れます。







病院での診断の結果、HIV陽性。そして余命30日であると告げられます。
「エイズとはホモの病気である」との偏見が凄いロンは、現実を受け入れられません。

30日



しかしその後自分で調べてみると、避妊をしない性行為でも感染するっぽいということがわかり、悲しみにくれるロン。







とはいえ余命30日とあまりにも時間が無いロン。



ある日彼は、AZTという良い薬があることを知ります。しかしそれはまだアメリカでは承認に至っていない薬で、当然病院もその薬の服用を断固として拒否。


そこでロンは、病院の用務員の金を渡し薬を横流しさせます。ところが警備が厳しくなり、やがてその横流しもしてもらえなくなります。
ならばとロン。単身メキシコへ渡り、ヴァス(グリフィン・ダン)という無免許の医師と接触。その医師曰く、「AZTは製薬会社が儲かるだけ」と言い放ち、ロンの体に出ている副作用の治療を行います。ddCという内服薬をビタミン剤を受け取ったロン。このアメリカ未承認の薬をどうにか持ち帰り、商売にしようと考えます。





どうにかこうにか大量の密輸ルートを確立したロンは、会費を払った会員に無償で薬を譲り渡す「ダラス・バイヤーズ・クラブ」を設立。病院で知り合ったオカマのレイヨン(ジャレッド・レト)にも協力を仰ぎ、ホモ業界にも進出。会社にはたちまちHIV患者が集まってくるようになります。




完全にWIN×WINの関係が築き上げられてきた頃、FDA(アメリカ食品医薬品局)がダラス・バイヤーズ・クラブに難色を示しだします。薬を押収し、「次は逮捕だ」と脅します。

更にはレイヨン自身もAZTの副作用が原因か、ついに命を落としてしまいます。


しかしそれでも懸命に政府と戦うロンにいつしか主治医だったイヴ(ジェニファー・ガーナー)も味方するようになります。





そしていつかしか、ロンの活動は大いなる賛同を得ることとなり、無意味な薬品の規制にも多大な影響を及ぼし始めます。




素晴らしい功績を残したHIV患者ロン。彼は診断から7年のときを経て、その人生に幕を下ろしたのでした・・・。





















おわり



















★感想★
勇気をもらえる作品ですね!「生きる」ということに対する執着をとてもかっこよく描いてる作品です!
結局HIVという難病を患っている人の多くが同性愛者っていうのがまず現状ですよね。ロン自身は元々その同性愛者をすごい怪訝なというか、はっきり言って蔑んで見ていたわけです。しかし、HIVと戦う過程の中で徐々に同性愛者たちと打ち解けていって・・・と。そういった所にロンの心情の変化ってのが見て取れるし、そもそもこの作品って言うのが同性愛者たちを全体的にコミカルにというか、マスコット的に愛着が沸くように描けているわけですよ。いわゆる皆さんが想像するような「開き直った同性愛者」みたいな。
で、こういった描写がベースに置かれてるから、実は人知れず悩んでるとか、凄く明るく振舞ってるけど実はこういった部分もあるよとかっていうシーンが凄く映えるわけですよ。ギャップって言うんですかね。

結局話のテーマは凄く重たい本格社会派なお話なのに、それをキャッチーに描けてるっていのはこの作品が跳ねた一因と言えるでしょう。全体的にサクサク話が進んでいって、退屈する部分は少ない気がします。しかし大事な部分ではグーーーーっと話のスピードが落ちて、つまり比重が増して結果シリアス感が増す、という構造。


もちろんマシュー・マコノヒーの演技もいいんですが、これはジェレッド・レトがまさしく快演であり怪演!彼の明らかに裏があるオカマの演技っていうのは、なんか言葉では言い表せない妙な重みがあります。



ただまぁ、良くも悪くも「スタンダード」な作品であるとは言えると思いますね。特筆して変わった演出とかもないですし、目で見て「おお!」ってなるシーンもあまりない。かといって物足りないかといえばそうでもないし・・・。
単純にストーリーというか、ロン・ウッドルーフという男の生き様を楽しむ映画です!!










社会派映画を見てみたいけど、あんまり重苦しいのは・・・っていう人にオススメできる作品ですね!!




















お試しあれ!!





ダラス・バイヤーズ・クラブ  2013年  アメリカ



ジャンル:ドラマ
  監督:ジャン=マルク・ヴァレ
  出演:マシュー・マコノヒー
     ジャレッド・レト
     ジェニファー・ガーナー





映画評論・レビュー ブログランキングへ