どうも!僕です!!

今日はこちら!! 

ダンサーインザダーク





「ダンサー・イン・ザ・ダーク」です!2000年のデンマーク映画で、病気により視力を失っていく女性の悲劇を描いたミュージカル映画。

監督はデンマークが誇る鬼才ラース・フォン・トリアー。結構独特の作品で知られる彼。今作が代表作です。

主演はアイスランドの世界的歌手ビョーク。その他出演はピーター・ストーメアやデヴィッド・モース、カトリーヌ・ドヌーブ等そこそこのキャストです。
















では中身。













ミュージカルが大好きなセルマ(ビョーク)は、息子ジーンと貧しい2人暮らしをしていました。トレーラー暮らしのこの親子ですが、大家さんのビル(デヴィッド・モース)とリンダ(カーラ・シーモア)とはとても仲良しでした。




しかしセルマは先天性の病気を持っており、徐々に視力が弱まっていき最終的には失明してしまうといいます。そしてその病気は息子のジーンにも遺伝してしまっているとか。


親子






しかし莫大な金を積めばこの病気は治るようで、セルマは倹約した生活を続けてジーンの手術費を一生懸命貯金をしている毎日です。









セルマがほぼ失明しかけになってきたある日、ビルは彼女の目が見えないのをいいことに、彼女がせっせと貯めている金のありかを知ります。

そして金に困ったビルは、その貯金を盗んでしまいます。








その後何やかんやあって、命よりも大事な金を取り返したいセルマはビルをぶっ殺してしまいます。



殺す








当然大問題になるわけで、セルマは強盗殺人罪で逮捕されちゃいます。












超ハイスピードの裁判の結果、彼女には死刑判決が出ます。









しかしその裁判の弁護士は超ヘボ弁護士であったとのことで、有能な弁護士がセルマの弁護をしようと立ち上がります。
しかし公選の弁護士ではないので当然報酬が発生。



つまり彼女は①息子の目の手術に②自分の弁護に
このどちらに金を使うのか、その選択を迫られます。





もちろん息子最優先の彼女は、有能弁護士の弁護を断固拒否。




そして彼女は再審要求もせず、絞首刑に処されるのでした・・・。





















★感想★
「こんなひでぇ話があるか」と言いたくなるくらい欝なお話ですよ。
この作品はね、同監督の「奇跡の海」「イディオッツ」と並ぶ黄金の心三部作と銘打たれてまして、つまりどれもこれも強い心を持った女性がテーマの作品なんですね。
この作品もそういったことが言いたくて、世の中の不条理にも正面から立ち向かい、そして息子の幸せのために自分の命をも投げ出したってことなんでしょう。
実際作品として、ストーリーとしては割りと単純なんですが、そこをうまく膨らませて感情移入要素を多く入れ込まれてるとは思います。
ただね、やっぱ暗すぎるわ!!すんごい重い!ずっと!!
途中で楽しいミュージカルが入るのでかろうじて見れるって感じですね。ミュージカルがなかったら相当滅入るストーリーですよ。
ストーリーももちろんなんですが、やっぱり映像と音声がかもし出す雰囲気ですね。
ラース・フォン・トリアーという監督は「ドグマ95」という映画運動を立ち上げた人なんです。ドグマ95に関していちいち説明することはちょっと書ききれないので要約しますが、簡単に言うと「ちゃんとリアリティ持ってやろう!」っていう運動のことです。だからセットでの撮影は禁止とかBGMの挿入は禁止とかカメラは手持ちでとか、「純潔の誓い」と呼ばれる制約がなされるのがドグマ95。今回の作品はそもそもミュージカルですし、100%これに則ってるとは言えませんが、とは言え作中全て手持ちカメラでの撮影がされているってことと、BGMが無いってこと、そしてフィルター処理をしていない為に画質が少し荒い。ここらへんが効果的で、なんか妙なリアリティを感じずにはいられない造りになっています。
でね、こんな欝な話がこんなリアルに感じられちゃうもんだから、「はぁ~~」ってならずにはいられません。
個人的には欝な話ってのは全然嫌いじゃないんですが・・・。

っていうかさ、ジーンの病気のことを言うと精神的に動揺して病気の進行が進んじゃうから絶対ナイショにしてて!みたいにセルマは言うんですが、実の母親が強盗殺人罪で死刑判決食らってる時点でもう既に動揺200%な気がするのは僕だけですかね?ここはちょっとご都合主義な感じがしなくもなかったです。

ドグマ95的な編集も、正直万人受けするとは言いがたい部分もあるのでなんか「誰にでもお勧め!」とはならない作品ですね。ただ僕自身は心を打たれるというか、胸を締め付けられるものは大いにありました。
なんならね、こういったしこりの残る気持ちになりたいが為に映画を見てるっていう部分もあるのかなと自分で思いました。日常生活ではなかなか感じれない感情を髣髴とさせてくれる。これが映画でしょ!








話は欝ですが、クオリティは高い作品と思います!

























これは最後の歌ではない    セルマ
















お試しあれ!!!



ダンサー・イン・ザ・ダーク   2000年   デンマーク


ジャンル:ドラマ
  監督:ラース・フォン・トリアー
  出演:ビョーク
      デヴィッド・モース
      カトリーヌ・ドヌーブ
      ピーター・ストーメア




映画評論・レビュー ブログランキングへ