どうも!僕です!!

今日はこちら!!
マレフィセント



「マレフィセント」です!

2014年のディズニー映画で、皆さんご存知の名作ディズニークラシック「眠れる森の美女」をリメイクした作品。ディズニー作品の中でも屈指の人気ヴィラン「マレフィセント」に主人公を移管し、「みんなが知ってるものとは少し違うお話」といった触れ込み。



監督はロバート・ストロンバーグ。「アバター」や「アリス・イン・ワンダーランド」の美術監督をしていた人で、その技術には定評がありアカデミー美術賞を2度受賞している人です。監督は初めて。




主演はご存知アンジェリーナ・ジョリー。彼女によるマレフィセントの完コピがこの作品の観客を呼び込む要素のひとつとなっています。

ヒロインのオーロラを演じるのはエル・ファニング。天才子役みたいな人です。



あとはこのブログで言うところの「ロシアン・ルーレット」で紹介したサム・ライリーや、「特攻野郎Aチーム」のシャルト・コプリーなんかが出てます。









ってことで中身をざっくり。








あるところに人間の国と妖精の国があり、両国はずっと仲が悪い状態。

そんな中、妖精のマレフィセントと人間のステファン。2人の子供はこっそりと恋に落ちていました。





















しかし!

















大人になったステファンは、国王の座に着く為に寝ているマレフィセントの翼をもいでしまいます。







マレフィセントブチ切れ
     ↓
国王となったステファンの愛娘オーロラに「16歳の誕生日の日没までに永遠の眠りにつく」というまどろっこしい呪いをかける
     ↓
焦った国王。3人の妖精にオーロラを森の奥へと匿い16歳の誕生日が過ぎるまで篭るよう指示。
     ↓
森の奥でひっそりと育っていくオーロラ
     ↓
何も知らない彼女は、たまたま出会ったマレフィセントと仲良くなる
     ↓
マレフィセントもオーロラの事が好きになり、呪いを解こうとする
     ↓
でも無理
     ↓
マレフィセントと3人の妖精が、ほぼ同時に真実を語る(16歳の誕生日の前日)。
     ↓
ショックを受けたオーロラ。国王のいる城へと向かう。
     ↓
国王がオーロラを軟禁するが、呪いの通りにオーロラは永遠の眠りに。
     ↓
マレフィセントが王子様を連れて行き、「真実の愛」に賭けてキスをさせる。
     ↓
でも無理
     ↓
マレフィセントが軽くキスをすると、目覚めるオーロラ
     ↓
安心したところで、マレフィセントと国王のラストバトル勃発
     ↓
マレフィセント快勝。オーロラとともに国へ戻る。
     ↓
人間の国と妖精の国が仲良くなり、みんな幸せに暮らしましたとさ。










おわり











★感想★
まぁ、まず言えるのは「アンジェリーナ・ジョリーの映画だ!」ってことですね。
冒頭述べたように「マレフィセントの完コピ」っていうのが触れ込みだし、実際再現度は高いと思います。まぁ僕個人的には「実写になるとさすがにきっついな・・・」っていう感は否めなかったんですが。なんかツノみたいなのが2本あるルックスだから、焼肉屋のキャラクターみたいに見える部分もありますね・・・。
まぁそれは良いとして、「アンジーがマレフィセントになってる!」っていうのがプロモーション時点でのメインだし、ディズニー作品の中でもファンが多いこの作品でそういうキャスティングっていうのは正解と思います。

ただ!それだけです。つまりはその後にこちらの想像の上を行ってくれる展開が無いというか。

なんかね、色々と作りこみが甘い部分がいくらなんでも目立ちすぎるんですね。
みんなが知ってる「眠れる森の美女」とはちょっと違うお話ですってのがコンセプトなんですが、本当に完全に違うお話。何がやりたいのかよくわからないレベルです。
しかしそのコンセプトがあるくせに、オリジナルの名シーン的なものは残しつつ、なおかつそれがストーリー上とっても不自然っていう最悪のバランスに仕上がってるんですね。



えー、まず王子ね。フィリップ王子という隣国王子が登場します。みなさんご存知の、オリジナル作品であれば真実の愛のキスでオーロラを目覚めさせるアイツです。コイツはもうえらい急に出てくる上、やけにトントン拍子にキスのシーンまで進んでいき、そのくせキスは失敗。ほんでその後何もしない割りに、エンディングのシーンではしっかりと登場し、なおかつオーロラがこの何もしてないヤツにしっかり惚れちゃってるっていうわけ。
もうね、さっっっっっっぱり意味がわからんです!
こいつらそこまで楽しい思い出があるわけでもなく、単純に一目惚れ。要は顔がタイプなだけなんです。何たるビッチ臭。

っていうかそもそもこのオーロラ姫が問題でね。この子はね、生まれて16年間森の中でしか生きてこなかったはずなんですよ。つまり3人の妖精としか絡んだことがないんです。そんな箱入り娘が果たして何の警戒もせずにこんな若造に一目惚れしますでしょうか?普通はさ、それこそ同じディズニーの「ラプンツェル」みたいに相当な警戒をしたりとかさ、「男の人ってはじめて見たー!」的リアクションとかあっていいはずなんですよねー。
とにかく見れば見るほど、このお姫様は「腕白で健やかな少女」っていうよりは「警戒心が著しく欠如したバカ」にしか見えなくなってくるんですね。
それが顕著に出たのが、真実を知った時。自分が王女だと知るや否や、彼女は大至急馬に乗ってお城へと走っていくわけです。
走る


えっと・・・。16年間森にいたんだよね?16年だよね?


とならずにはいられませんわな。なおかつコイツはお城に着くや否や、恐らく「あ、王女ですけど」みたいなことを言ったんでしょう。非常にスムーズに城内へ入り、父へと挨拶します。するとステファン王も、「母親にそっくりだ」みたいなこと言ってなんかめっちゃ冷静に対処してます。


王・姫・看守。全員がバカというか支離滅裂というか。意味がわからないんですホントに。







で!で!でですよ!


なぜこの本来非常に魅力満載なはずのオーロラに魅力を感じれないのか!それね、3人の妖精のせいなんです。


この3バカはですね、そもそもマレフィセント側・ムーア国の住人なんです。
しかし何故かステファン王の側へ寝返り、結果オーロラを育てる大役を仰せつかるわけなんですね。しかしコイツら、お世辞にもその役が適任には到底思えない。まぁ単純に大事な王女を常に遠いところに放置しすぎだし、そもそも住む場所ね。

あのー、オーロラは幼少期からマレフィセントと出会うわけなんですが、どう見てもオーロラの住んでる家とマレフィセントがいるムーア国が近所にしか見えないんですね。
こればっかりは明記されたりセリフから紐解くことができないのですが、どう見ても近所。むしろ国境沿いに住んでるようにも見えます。
だいたい王女を育てるとかとんでもない大儀なわけなのに、近所に崖とかもあるんですよ。バカですバカ。

んでね、オリジナルであればとっても魅力的になってるはずの3人の妖精がこのザマなわけですから、それを汲み取ってか、オーロラは3人の元を離れるときにそこまで寂しそうでもないんですね。一応は神妙な顔しますが、その割にはサクサクとお城へ向かうわけです。



こんな感じで妖精は全く魅力を感じないどころか、少し見てる側をイライラさせるキャラに豹変しちゃってます。許容範囲を大きく逸脱した無能のくせに、コイツらの描写ってのはめちゃくちゃ多いんですよ。グロッキーです。





あとマレフィセント。彼女はね、もう何やっても「いやいや、でも本当はいい人なんでしょ」ってどうしても思えてしまうんです。それが思いのほか早くわかってくるもんだから、そのあと何が起きても「でもどうせさ、」と思ってしまうわけです。
そして僕が一番思ったのは、「鉄で火傷する」話です。2度とすんな!と思いましたね。
マレフィセントには鉄に触ると火傷してしまうという残念な性質があり、それを知ってるステファン王は色々鉄攻撃をしてくるわけ。ただラストのバトルなんかを見ていくと、どうやらそれは気合で我慢できるレベルみたいで、足に鎖を巻きつけられても「ぬああああぁぁぁぁあああ!!!」とか言ってステファン王を引きずりまわすマレフィセントは、クライマックスでは恐らく鎖帷子を巻きつけた王と共に抱き合いながら落下。その時はもはや全く熱そうにはしてませんでした。
多分人間で言うと、熱々のお湯が通ってる水道管を触る程度ではないかと推測してます僕は。
あと個人的には「ガチで熱々に熱した鉄をジュッてすれば効果2倍でかなり効くんじゃね?」と思いましたが、残念ながらそんなシーンはありませんでした。
まぁつまりはね、最終的にそんなの無かった的な展開になる上、その設定をうまく使った描写も無いなら最初からいらなかったじゃんってとこですね。





唯一好感持てたのはサム・ライリーが演じるディアヴァルくらいですかね。これはサム・ライリーが良いというよりは単純に役が良かったって感じがするけど、でもライリーちゃん良かったよ。


そんなこんなで色々とある作品でございます。本来であればこういった作品は細かいところをクドクド言うべきではないのかも知れませんが、モチーフすらブレブレではもう我慢なら無いというか、それを許せる楽しい描写が無いというか。全ての要素が単発に来るので、「あ、これがやりたかっただけね」と解釈してしまい結果こっちは興ざめという最悪の方程式が出来上がってしまってます。
スマートな作品に仕上げようとしたが為に入れ込んだ要素があまりにもザルすぎましたね。









やっぱりアナ雪級の作品ってのはなかなか出ないんだなぁと思った僕でした!















真実の愛はない    マレフィセント

















お試しあれ!!!





マレフィセント    2014年  アメリカ



ジャンル:ドラマ
  監督:ロバート・ストロンバーグ
  出演:アンジェリーナ・ジョリー
      エル・ファニング
      サム・ライリー
      シャルト・コプリー




映画評論・レビュー ブログランキングへ