プロシネマリーグ(ネタバレ満載)

言いたい放題での映画批評!! ネタバレ・解説等内容を詳細に語るときがあるのでご注意!

イーライ・ロス

ホステル2

どうも!僕です!!

今日はこちら!!

ホステル2



「ホステル2」です!!
以前紹介したホラー映画「ホステル」の続編でございます!



前作同様、総製作指揮クエンティン・タランティーノ、監督イーライ・ロスという構成で、要するに前作と同じ製作チームがもう1回集まった形です。




今作の主演はホラー映画の出演が多いローレン・ジャーマンという女性。「テキサス・チェーンソー」なんかに出てる人。あとは「プリティ・プリンセス」シリーズでおなじみのレズ女優ヘザー・マタラッツォなんかも出演してます。















ではその話の中身はというと、前作の終わりの部分から始まります。
















命からがら拷問クラブを脱出した前作の主人公パクストン(ジェイ・ヘルナンデス)でしたが、少し日が経った後クラブの追っ手によりあっさりと、そしてエグいビジュアルに殺されてしまいます。

パクストン










クラブは絶賛稼働中・・・・!!!!














そんなことはもちろん何も知らないアメリカ人女子大生ベス(ローレン・ジャーマン)とホイットニー(ビジョウ・フィリップス)。




ローマに留学中の彼女たちは、プラハへの旅行を計画します。ホームシックに駆られる根暗な同級生ローナ(ヘザー・マタラッツォ)と共に電車でプラハへと向かいますが、道中にデッサンモデルのアクセル(ヴェラ・ヨルダノーヴァ)に誘われ、共にある温泉地へと目的地変更。



その温泉地とはもちろんスロバキア。




そして泊まるのはもちろんあのホステルです・・・。





泊まる


ホステルに到着した一行は、収穫祭というイベントに参加。






そのあとなんやかんやあるわけですが、まぁみなさんの予想通り全員拷問クラブへと拉致られてしまいます。
正確に言うとアクセルだけはクラブ側の黒幕で、つまりは彼女がクラブに誘い込んできたって訳です。






みんなが殺されていき、最後の1人となったベスでしたが、彼女を買い取った男性は収穫祭で仲良くなった男性スチュアート(ロジャー・バート)でした。







最初は彼がベスを解放してくれそうでしたが、「やっぱり人を殺してみたい」そして「人を殺して真新しい人間になる」という悪しき好奇心が働き出したスチュアートとベスのバトルが始まります。




必死に逃亡を試みたベスでしたが、パクストンの様に要領よくできず。






クラブの警備員たちに追い込まれた彼女がとった行動は・・・







作戦


「下がらねぇとコイツのチ○ポぶった切るぞ」作戦です!






なぜシンプルに脳天にぶちかまそうとしないのか意味不明ですが、男性的には見るのすら恐ろしい狂気の作戦!







そしてクラブ側が身じろいでる間に、「このスチュアートという男を買い取る」という契約を交わしたベス。





結果彼女はスチュアートJr.をぶった切り、犬にそのイチモツを食わせ、自分たちを追い込んだ黒幕アクセルに復讐を果たします。









ベスがちょん切ったアクセルの生首で、近所の子供たちはサッカーをしているのでした・・・。


















おわり
















★感想★
面白かったですね。特に前作が好きだった人にはたまらない構成になってると思います。
と言うのはですね、前作でふわっと浮かび上がってきた例のクラブの全貌というかシステムみたいなのが徐々に明らかになっていくんですね。
彼女達がホステルにチェックインするや否や、フロントのボーイが不審な動きをし、それぞれの写真がで世界中の会員たちに送信される。そして会員たちは、ゴルフ中、食事中、バカンス中、家族と団欒中・・・。全ての人がそのやっていることを中断し、躍起になってオークション形式で値段を競っていく・・・というわけです。
そして見事競り落とした人間の、拷問をできるその時が来るまでのワクワクやドキドキっていうのを描いていくんですね。大学生たちメインのストーリーと、会員側のストーリーが同時並行で行われていくわけで、それを見ている側はずーっと嫌な気持ちで見てしまうわけです。
そしてついに両者が相対する時っていうのは、何故かこちらとしても、キターーーーとなってしまいますよね。そりゃ残酷な描写はかわいそうとは思うけど、その人の不幸を見たくてこういう映画を見てるわけですから、これは一種のカタルシスと言って良いでしょう。
んでね、続編である上のハンディキャップみたいなのをうまく使ってると思うんですね。続編って言うのは「1」で判明した事実っていうのをびっくり要素では使えなくなっていて、つまりはいくら続編だからといって「1」にあまりにも則りすぎた構成だとダメなんですよ。「いやわかってるからそれは」と見てる方はなってしまい、そういう描写があまりにも多いと結果それはお話しにブレーキをかけることにしかならないと思うんです。しかし今作は、逆にそのご存知の部分のもうちょっと濃いとこ教えますよーと。んでその事実が「ふーん」ってレベルではなく、「ぉぉおー」っていうレベルまで来てると思います。それが前作では明かされてなかった会員たちの制度の詳細であり、競り落とした会員たちの心身の状態ってことなんですね。要するに「1」のグレードアップ版っていうものではなく、真に「1」の「続編」と成り得ている作品ですよ。
それは「1」で詳細を語らなかったからでしょ。と思うかもしれませんが、それはその通りです。しかし詳細を語らずとも「1」でそれなりのクオリティの作品を作れているから凄いんですね。だからこそ今作の面白みが一層栄えるんですがな。

と、いうのが僕の感想でございまして。今回の「ホステル2」単体で見てどうだったかというと、まぁ描写の数が減り密度を増させた感じでした。前作みたいな目が取れかかってるとかっていう欠損描写みたいなのは少ないですし、単純に拷問シーンは前作より少ないです。ただ、ローナを殺す女性が返り血を浴びて恍惚の表情を浮かべたり、前述の通りチ○ポ切り落としたりとかっていうカオスな部分がより強調されてる造りになっていて、要するに作品全体通して「コイツらイっちゃってるっしょ?」っていう問いかけをされてる気がするし、それに対してはイエスとしか言いようが無い・・・ってわけです。

っていうか全体的にね、見せ方とかっていう部分もそうだし、脚本の練り方とかも悪くないと思うし、実は結構すごい映画なんじゃないかって気がしてきましたよ。今作も一応は主人公が生き延びてスッキリ展開で終わっていたりとか、なかなかうまい構成と思うんです。ほいでこれは監督のイーライ・ロスの力であると思うんです。
だから「たらんてぃーのぷれぜんつ」なのはわかったからもうちょいイーライ・ロスを推してあげてって思いますね。「タランティーノ史上最強最悪スリラー!!」みたいに言う人いますからね。かわいそうなイーライちゃん。








まぁそういったわけで彼の作品はこれからも色々と紹介していきたいと思います!
























ナズドロビア(‘‘健康に‘‘という意味)





















お試しあれ!!











ホステル2    2007年  アメリカ


ジャンル:ホラー
  監督:イーライ・ロス
  出演:ローレン・ジャーマン
     ヘザー・マタラッツォ
     ジェイ・ヘルナンデス



映画評論・レビュー ブログランキングへ

ホステル

どうも!僕です!!

今日はこちら!!


ホステル


「ホステル」です!2005年のアメリカ映画。グロ描写がなかなか話題になった作品です。監督はイーライ・ロスというホラー界期待の新進気鋭の監督。総製作指揮はクエンティン・タランティーノがとっており、なかなか折り紙つきの作品です。


主演はジェイ・ヘルナンデス。「ワールド・トレード・センター」なんかに出てる人です。あとはこれと言って有名な人は出てませんが、イーライ・ロス監督と交流のある日本人映画監督・三池崇史が友情出演しています。













中身。









ヨーロッパ旅行中のアメリカ人大学生パクストン(ジェイ・ヘルナンデス)とジョシュ(デレク・リチャードソン)は、道中オリー(エイゾール・グジョンソン)というアイスランド人と意気投合し、3人で旅をすることに。




オランダである人物から、「女とHしまくれるホステルがある」という情報を耳にします。ヤりたい盛りMAXの大学生と、家庭も省みず性欲フル稼働の好色亭主の耳にそんな情報が入るもんだから、彼らは即座にそのホステルに泊まるため、スロバキアのブラティスラバという地へ向かいます。




到着





部屋着くなり「女性と相部屋」という考えられないシチュエーションが待っており、その後3人はお約束どおりブラティスラバの夜を堪能します。








しかし翌朝、オリーが行方不明に。ジョシュは彼の身を案じますが、パクストンはそもそも旅の道中で知り合ったヤツのことなんか知るかみたいな態度をとります。



それでもジョシュは彼のことを心配してましたが、今度はそのジョシュが行方不明に。






さすがに何かがおかしいと気づいたパクストンは、真相を確かめるためにヤりまくった女を問いただします。


明らかに態度が豹変しているその女は、パクストンを「アート・ショー」なるところに連れて行きます。





そこは簡単に言うと、人を拷問してみたい人がその願望を叶えるところ。さまざまな拷問器具が用意されており、金を払った客は、拉致されてきた人物を問答無用に拷問し、よそでは味わえないえも言えぬ快感を味わえるというわけです。拷問される人間を用意した人間にも多額の報酬が入るシステムになっており、3人が寝た女はずばりそれによってお金を稼いでたようです。

要するにオリーもジョシュもここでその拷問の餌食になったわけで、パクストンもそれに気づくや否やすぐに拘束されます。








その後パクストンは運も味方し、なんとかアート・ショーを脱出。
電車で偶然見つけた黒幕も始末し、スロバキアをあとにするのでした・・・。


















★感想★
いやぁ~グロいっす!こりゃ苦手な人は苦手ですよ。あのね、なぜそこまでしっかり描くんだってくらいしっかり見せてくれます。人体欠損描写みたいなのがとっても具体的です。
人によって痛点ってのはいろいろ変わってくると思うんですが、僕個人的には部位の損傷っていうのがかなりくるんですよね。そういった意味でこの映画はなかなかキツかった。
具体的に言いますとね、指がチェーンソーでぶった切られたりとか、アキレス腱を切られたりとか。
ただ今作中ナンバー1は、バーナーで目の周辺を炙るってヤツですね。このシーンはかなり強烈で、恐らく神経なんでしょうが、なんか紐みたいなのにぶら下がった状態で目ん玉が飛び出てきてるシーンがあるんですよ。これだけでもそうとうキツいのに、変な気を利かせた主人公がその目ん玉の紐部分をハサミで切っちゃうんです。
するとね、その穴みたいなのから練乳的な白い液体がドロドロ出てくるんです。何で切っちゃうんだよ!って心の中でツッコミました。

ストーリー的に言うとね、まぁなかなか悪くないと思いますよ。最後の最後に悪党を全員成敗するのは気持ちが良いです。まぁ主人公自身も取り返しがつかないケガを負ってるんで、なんかモヤモヤはありますけどね。
同じグロ映画のムカデ人間と違って、多少の救いがありました。まぁ逃走の道中にことごとくその悪党と偶然出会うっていうご都合主義があるんで、あまりにもしっくり来ない部分はありますけど。
ストーリー的にも、ユーモアは全く無し。単なる「拷問してみたい」っていう願望しかないので、笑って見られる要素がなかなか無いですね。ただ主人公を拷問する男がとあるミスによって死んでしまうんですが、ここだけは笑えます。声出して笑えますよ。
あと主人公が切れた自分の指を大事に大事に持ち歩くんです。その指のやり取りでちょっとハラハラシーンがあるんですが、正直見てる側としては「いやもう指よくね?いいから逃げろよ!」と思いました。

ほんでね、どうしても納得いかない部分があるんです。日本人女性の役で出てる人がいるんですが、正直もっと美人を使って欲しかったし、何より最初に登場するシーンのあの片言の日本語何よあれ!?「ウワ~コレワタシスキダナー」って。はぁ!?日本語喋れない人をなぜ日本人として使う!?いやね、別に日本人のこと意識せずに作った作品なのかなーと思えば100歩譲ってまだ許せる。ただね、三池監督を出演させといてそりゃねぇだろ!!日本そこそこ関連してるんだから、そこは抜いちゃダメでしょ!
この日本人女性は2人組で、その片方のカナって人物が後半鍵を握る人物なんです。この人はまぁ日本語そこそこ喋れるのかなって気がしないでもないです。「痛ーい!痛ーい!」ってずっと言ってるしね。ただこのカナさんは例の目ん玉グロの当事者なんですが、正直あそこまでのことされたら激痛で動けなかったりとか気失ったりとかしないんですかね?普通に歩いて主人公と逃走するんで「案外無事なのか?」って思いました。


この日本人関連には色々と疑問が残るんですが、主人公を演じたジェイ・ヘルナンデスはよかったですね。
特に後半の脱出からは、敵をバッタバッタ殺していくわけんです。その際の「オレもこんなこと本当はしたくない」感が出てましたね。人を殺すのにも慣れてない感じが出てたし、そこのリアリティはあったと思います。やけに冷静に対処できるもんだなとは思いましたけどね。




まぁ全体的なサゲ感と、その詳細なグロ描写を楽しむ作品だと思います!ストーリー上の難癖を許せる人にはいいかもね!
















人間は食べ物との繋がりを失った 食べるために何かの命を奪っているのを忘れている  黒幕の男 













お試しあれ!!








ホステル   2005年  アメリカ

ジャンル:ホラー
  監督:イーライ・ロス
  出演:ジェイ・ヘルナンデス
      デレク・リチャードソン
      エイゾール・グジョンソン







映画評論・レビュー ブログランキングへ

記事検索
ギャラリー
  • 無限の住人
  • サウルの息子
  • フューリー
  • フューリー
  • フューリー
  • マリアンヌ
  • ビリギャル
  • ビリギャル
  • ビリギャル
QRコード
QRコード
カテゴリー
最新コメント
  • ライブドアブログ