プロシネマリーグ(ネタバレ満載)

言いたい放題での映画批評!! ネタバレ・解説等内容を詳細に語るときがあるのでご注意!

デヴィッド・クローネンバーグ

ヒストリー・オブ・バイオレンス

どうも!僕です!!

今日はこちら!!

バイオレンス


「ヒストリー・オブ・バイオレンス」です!2005年のアメリカ・カナダ映画で、カナダ人名将デヴィッド・クローネンバーグが監督した作品です。彼の作品は以前「ザ・フライ」を紹介しました。


主演は「ロード・オブ・ザ・リング」でお馴染みのヴィゴ・モーテンセン。あとは「トゥルーマン・ショー」のエド・ハリスなんかも出演しています。




タイトル的には暴力の歴史をたどるドキュメンタリーに思えそうですが、同名の小説を映画化した本格サスペンスです!















では中身。







絵に描いたような幸せな家庭で平凡な毎日を送っているトム(ヴィゴ・モーテンセン)。妻のエディ(マリア・ベロ)とも毎日ラブラブです。






しかしある日、トムの経営するレストランに強盗が入ります。ここでトムは果敢に強盗と戦い、彼らをピストルでドンパチとやっつけちゃいます。


一躍ヒーローとなったトムは、テレビでも持ち上げられてちょっとした有名人になります。




しばらく経ってから、店に今度はマフィアのフォガティ(エド・ハリス)という男が手下を連れてやってきます。
片目が義眼の不気味なその男は、トムのことをジョーイ・キューザックと呼びます。トムは自分がトムだと主張しますが、フォガティは「しらばっくれてんじゃねぇよ」的なことを言い、とりあえずはその場を離れます。



その後もフォガティはトム一家につきまとい、徐々にトムも神経をやられていきます。





ついにフォガティはトムの息子ジャック(アシュトン・ホームズ)を拉致。

拉致




息子を返してほしいなら、自分たちと一緒にフィラデルフィアに来いと要求します。



ここでトムは大暴れ。手下を2人を殺害しますが、ここでフォガティに追い詰められます。万事休すかと思われたところ、フォガティの後ろから息子ジャックがショットガンをお見舞いし、なんとか一命を取り留めます。






命は助かったものの、明らかに人を殺すのに慣れすぎているトムに、家族の疑いはますます濃くなる一方。

病院に入院したトムは、エディに真実を語ります。自分は本当はジョーイという男で、かつてはフィラデルフィアでマフィアとして多くの人を殺してきたということです。当然にわかには信じられない驚愕の事実に、夫婦の関係は完全に崩れ去ります。





その夜、実の兄でマフィアのボスであるリッチー(ウィリアム・ハート)から電話が。
過去を清算するため、トムはフィラデルフィアへと向かいます。リッチーはトムに恨みがあり、トムもまたつきまとって来るリッチーに嫌気がさしている様子。
最後の殺し合いが始まり、見事トムが勝利。リッチーの手下もろとも皆殺しにします。


全てにケリをつけ、帰宅したトム。ちょうど家ではエディと2人の子供たちが無言の晩御飯中でした。

飯






気まずい空気が流れる中、子供たちはトムを暖かく迎え入れます。そして妻エディは、なんともいえない表情をしているのでした・・・。




















おわり











★感想★
面白い・・・というよりは考えさせられる映画ですね。
作品全部見て思うことは、やっぱり暴力の世界というものはめちゃくちゃ陰惨なものであり、一度その世界に染まると簡単にはその世界からは抜け出せないってことですね。
人を殺してしまうということは、めちゃくちゃ重い十字架を背負うことになるし、その十字架っていうのは今後ずーっとその人の人生に覆いかぶさってくるものなんだっていうことが、作中を通して描かれます。
要するに、過去に大量の人を殺しておいて、自分だけ幸福な人生を送ろうっていうのはムシが良すぎるってところですかね。
それと同時にカエルの子はカエルというか、トムの中に潜む暴力性というのはあくまでトム自身が押さえ込んでいるだけで、ひょんなきっかけさえあればすぐにまた表に出てくるっていうことがこれまた描かれてます。
「暴力」というものが、いかに暴力を生み出すか、そしていかに無間の憎しみを生むかっていうことが描かれていることがこの作品であり、そしてそれをうまく描き出すために非常に描写がリアルなのがこの作品の特徴。
例えば強盗をトムが撃退したとき。脳天に弾をお見舞いされた強盗は、その弾があごに貫通し、顎がぐちゃくちゃになります。しかし彼はまだ絶命しておらず、息をしながら苦悶の表情を浮かべる・・・。というね。
あと、ジャックを誘拐したフォガティの手下が、トムの小掌でパンチを連発で浴び、目の焦点が合わないままピクピクしてる・・。とか。
そういった、いわゆる映画的な「ぎゃぁーーー!」ではないやられ方っていうのがこの作品のテーマである「暴力」というものの恐ろしさを際立たせる格好になっています。一応R指定作品ですからね。

俳優さんの演技で言うと、やはりフォガティ役のエド・ハリスのなんとも言えない恐ろしく禍々しいオーラが、暴力性を醸し出せています。そしてそれを心の奥底にひっそりと潜ませているっていうのが、ガチャ蝿ではないという裏づけに繋がり、やっぱり「恐ろしい」という結論に見ている側を引っ張り込みます。まぁ意外とやられかたはあっさりなんですが。
あとはジャック役のアシュトン・ホームズ。この子がいい感じに「ちょっと冴えない」雰囲気が出せてます。何やってもダメっていう感じではなく、どのクラスにもいる下の上くらいの男の子って感じ。この子が暴力とは正反対の世界にいるっていうのが、一種のメタ的要素に発展していてよかったです。






グロ要素はありますが、全体的にはそういった描写は少なめでストーリーで面白がらせる構造にはなっています。









 












暴力で問題を解決するな   トム・ストール

















お試しあれ!!!



ヒストリー・オブ・バイオレンス   2005年  アメリカ・カナダ


ジャンル:サスペンス
  監督:デヴィッド・クローネンバーグ
  出演:ヴィゴ・モーテンセン
      エド・ハリス
      アシュトン・ホームズ
      ウィリアム・ハート
      グレッグ・ブリック





映画評論・レビュー ブログランキングへ

ザ・フライ

どうも!僕です!!

今日はこちら!!


ザフライ


「ザ・フライ」です!1986年のアメリカ映画で、1958年公開の「ハエ男の恐怖」という作品をリメイクした作品です。

「イースタン・プロミス」のデヴィッド・クローネンバーグが監督で、主演は「ジュラシック・パーク」や「インデペンデンス・デイ」のジェフ・ゴールドブラムという人。この作品中はかなり若々しいです。






中身。



ある科学者ブランドル(ジェフ・ゴールドブラム)は、「テレポッド」という機械を開発。その機械は対になったポッド。一方をポッド①、もう一方をポッド②とします。
テレポッドのスイッチを入れると、①の中にある物質が解体されてポッド②に送られる、という仕組みの機械です。
ようするにテレポーテーションのようなもので、この発明が実用化されれば車とかの乗り物一切いらなくなるじゃん!ってことでブランドルはもう超ご機嫌。
ご機嫌すぎて、女性ジャーナリストのヴェロニカ(ジーナ・デイヴィス)にこの大発明のことをペラペラと話します。

この発明に大変な感銘を受けたヴェロニカは、ブランドルの研究をお手伝いし、次第に恋仲になっていきます。

恋仲



生物での転送もOKとなった頃。ブランドルは、ヴェロニカの元カレの関係でちょっとふてくされます。


捨てっぱちになったブランドルは、自分自身で転送の可否を実験してみることに。







しかし!!ここで彼の身に、恐らく人生で最悪の不運が!








転送自体はうまくいったのですが、彼が入っていたポッドにある昆虫が混じってしまいました!!



そう、お察しの通りハエです!!





テレポッドの仕組みは、「片方のポッド内の物質を一度細胞レベルで分解し、もう片方のポッドへ送って再構築する」というものですから、まぁ早い話がブランドルとハエが混ざっちゃったっていうことですね。








その後のブランドル。最初は見た目に違和感無く、ただちょっとパワフルになっただけの様にも思えましたが、だんだん見た目からおかしくなっていきます。



ハエ男








その後いろいろあって、ハエ男でいることが苦痛でしょうがなくなったブランドル。
最後はヴェロニカが泣く泣く最愛のハエ男「ブランドル・フライ」を殺害したのでした・・・。

















★感想★
発想は面白いですし、何よりびっくりしたのは「これがハエ男かよ!」ってことですね。「ハエ男」と聞いたら、僕の場合は巨大な喋るハエみたいなのを想像したんですが、いやはやこの作品のハエ男は全然そんな単純なものではなかったです。
一応壁とか天井を這って進めるっていうハエっぽさはかろうじてあるんですが、それ以外は全然ハエ感無いです。なんか口からドバーッと気持ち悪い白い液体みたいなのを出す能力があって、その液体は人体に触れると皮膚から肉から全てを溶かしてしまうという、超攻撃力の高いシロモノなんです。
意味わかんないくらい腕力強かったりしてるし、そもそもルックスがケロイドLv.99って感じでドロドロ溶けた表面してるんですよ。「いや、ハエじゃねぇしそれ。」みたいなね。
ただ監督も公言してるように、彼はハエと混ざったことで人間でもハエでもないまったく別の生命体になってるんです。ここをシンプルに終わらせなかったことが、この作品がハネた要因のひとつかもしれませんね。結局不確定要素があることで、見てる側が吸い込まれていく感があります。
ただね、じゃあこれを人にポンポンお勧めできるのか・・・。答えはですね、悪いけど・・・。
僕個人としては、発想の面白さはあるし、ストーリー展開としてもよくできてると思うし、演出としてもそれなりのハラハラ感・不気味感っていうのはあるので、悪くない。
ただね、やっぱりハエ男が発動してからは絵づらが激烈に気持ち悪いですね。「うわー気持ち悪ー」とか思って見ててもドンドンその上を行く変貌を遂げて、「おいおいおい」とか思ってたらまた更にその上を来る感じ。その変貌振りと行動のエスカレート感が、ハエ男本人の心情描写の代弁に近い部分はあると思うのですが、それにしてもパンチがかなり効いてます。加えて赤ちゃんの堕胎のやりとりもあるので、そこの表現も含めた部分で人を選ぶ作品とは思います。


ただね、僕はやっぱりこの作品は嫌いじゃないし、むしろラストシーンに関しては結構好きな部類に入ります。
もはや瀕死の状態になったハエ男がゆっくりとヴェロニカに近づいていく→ヴェロニカ、ショットガンを構えるも最愛の人なので撃てない→ハエ男、自分を撃つように指示する。という流れで、まぁ正直大して珍しい展開でもないですよ。むしろ「ハエ男が何言ってんだ」くらいに思えちゃう所もある。
ただね、世紀の大発明をした科学者がその発明によって自分が信じられない姿に変えられ、じゃあせめてそのできる範囲の中で一番自分がやりたいことをしようとするも、それすらもうまくいかない。だったらせめて最愛の人に全てを終わらせてほしい!!!というこのハッピーともバッドとも取れる皮肉の合いまったエンディング。
結局この作品は、とある科学者に起きた最低最悪の不幸を、それに巻き込まれる何人かの人々付きで描いてるわけです。だから中盤からはとにかくやるせない雰囲気で進んでいくんですね。それでずーっと来た後だから、正直「やっと終わる・・・。」っていう超悲しいカタルシスがあり、その最後の最後にポンっと。一瞬だけ上がる瞬間が用意されてるわけで、作り手がそこまで計算していたかは知らないけど、僕としてはそう考えるとすごく良いエンディングだったように思えました。まぁ見た目は相当気持ち悪いんだけどね。


はっきり言って設定がくだらないので、全てがくだらなく見えなくも無い。ただそれは無しにして見てみましょうよ!ってことです!!


ちなみに産婦人科医として出てる人物は、クローネンバーグ監督本人です。見る人はそこも注意して見てね。






かなりキワモノな作品ですが、アカデミー賞のメイクアップ部門を受賞した作品ですから!超エグい主人公を見たい人は是非どうぞ!!




















変身は人間の夢だけど   ブランドル



















お試しあれ!!!







ザ・フライ   1986年   アメリカ




ジャンル:ホラー
  監督:デヴィッド・クローネンバーグ
  出演:ジェフ・ゴールドブラム
      ジーナ・デイヴィス
      ジョン・ゲッツ






映画評論・レビュー ブログランキングへ



記事検索
ギャラリー
  • 無限の住人
  • サウルの息子
  • フューリー
  • フューリー
  • フューリー
  • マリアンヌ
  • ビリギャル
  • ビリギャル
  • ビリギャル
QRコード
QRコード
カテゴリー
最新コメント
  • ライブドアブログ