どうも!僕です!!

今日はこちら!!

ライフオブデビットゲイル


「ライフ・オブ・デビット・ゲイル」です!2003年のアメリカ映画で、本格社会派サスペンス。


死刑廃止論者の元大学教授が死刑囚となり、インタビューしていたジャーナリストは彼が冤罪な気がして独自の調査を始める・・・っていうお話です。




監督はアラン・パーカーというイギリス人のおっさんで、「ミッドナイト・エクスプレス」でアカデミー賞を取ったこともある人。

主演はケヴィン・スペイシー。「アメリカン・ビューティー」「ユージュアル・サスペクツ」なんかで有名な人で、このブログでは「L.Aコンフィデンシャル」を紹介してます。
あとは「タイタニック」「エターナル・サンシャイン」のケイトウィンスレットや、「ラブ・アクチュアリー」なんかで有名なローラ・リニーという人も出てます。

















ほいじゃ中身なんですが、例によってネタバレが嫌な人は見ないでくださいね!オチをサクっと言いますから!
















若くして終身教授の肩書きを手に入れたやり手の哲学者デビット・ゲイル(ケヴィン・スペイシー)は、熱心な死刑反対運動家でもあります。


しかし現在は同僚のレイプ殺人の罪で、皮肉なことに死刑判決を受け拘留中。刑の執行まで残り数日というところで、ビッツィー(ケイト・ウィンスレット)というジャーナリストを名指しし、法外なギャランティと引き換えにインタビューを受けることにします。



インタビュー



3日間、1日2時間という限られた時間のインタビュー。その中で、ゲイルは彼女に様々な事実を打ち明けていきます。






↓以下、真実






ある日、とある女生徒バーリン(ローナ・ミトラ)に誘惑され肉体関係を持ちます。しかしそいつは落第を逆恨みした馬鹿やろう。
その日のことを「レイプされた」と言い、警察に告発。ゲイルは逮捕されてしまいます。





その後後悔したバーリンが起訴を取り下げたものの、愛想をつかした妻は子供をつれて実家のスペインへと旅立ってしまいます(もちろん不倫中)。






スケベじじいとなったゲイルは職も失い、更には死刑反対活動団体からも立場を奪われます。唯一のよりどころだったのが、今回の事件の被害者であり同僚のコンスタンス(ローラ・リニー)。


酒におぼれ堕落していくゲイルを唯一引き止めていたのがコンスタンスだったのですが、彼女は重度の白血病で余命はもうあんまし長くないみたい。




ゲイルは彼女の最後の望み、「死ぬ前にもっとセックスをしとけばよかった・・・。」というものに応え、最後の情熱的な情事を楽しんだ・・・。










というのが真実。

そしてここまでわかったところでインタビュー時間(3日間計6時間)は終了。ゲイルは明日の午後6時に刑が執行されます。







どうにもゲイルが冤罪な気がしてならないビッツィーは、見習いジャーナリスト・ザック(ガブリエル・マン)と共に独自捜査。





そして彼らの真実を突き止めます。






先が長くないことを悟ったコンスタンスは、自宅の台所で全裸のまま自らの口にテープを巻き、後ろに手錠をかけ頭からビニール袋を被せます。


息苦しくなったコンスタンスは自ら窒息死。どう見ても他殺にしか見えない状況でこの世を去ります。



そしてこの状況を過激な彼女の信者ダスティ(マット・クレイブン)に撮影させ、ビデオを保管させます。




つまり




殺人事件と断定して、警察がゲイルを逮捕
     ↓
ゲイルの刑執行の頃合を見計らって、ダスティがビデオを世にばら撒く
     ↓
コンスタンスは他殺ではなく自殺だと、みんなが気づく
     ↓
冤罪による逮捕から死刑者が出て、世の中は大騒ぎ
     ↓
だから死刑は廃止にしたほうがいい!!!





という絵図を描いていたわけです。




ダスティの家にまでこっそり侵入したビッツィー達は、刑の執行約1時間前にその事実に気付きます。


「やめろー!ゲイルは冤罪だ!!やめろー!」とばかりに刑務所へと走りますが、さすがに間に合わず。
ゲイルの刑は執行され、この世を後にします。








その後、計画通りダスティの手によりビデオが世に放たれて世間は大騒ぎ。ゲイルは冤罪で死刑に処された悲劇のヒーローとなります。







その後、ダスティは逃亡。弁護士と共謀して、インタビューのギャラをスペインにいる妻の元へ届けます。そのアタッシュケースには、先のレイプ事件が冤罪であるという証明入り。




一方のビッツィー。彼女の元には、ゲイルからの名義でとある郵便が。

中にはビデオが入っており、そこには例のコンスタンスが自殺するシーンが。


しかしそこには、ゲイル自身の姿もあったのでした・・・。


ゲイル













おわり








★感想★
まぁ普通に面白いと思います。構造としては、インタビューシーンで過去への回想→現代のシーンで事実を調査→またインタビューの繰り返し。とはいえ3日間という限られた期間を一日ずつ消化していくっていうものなので、特別1パターンというか、退屈な感はないです。
ジャーナリストの取材で事実を解き明かすっていう点では、「凶悪」と似たような雰囲気ですね。まぁ正直なところ「これ絶対冤罪だろ」っていう目線ではどうしても見てしまうんですが、その中でいろんな複線がやっぱり張り巡らされていて、そこの回収ができるのは気持ちいいです。これぞサスペンスの醍醐味。ストーリー上の矛盾っていう点もほぼ無い気がします。まぁちょっとキーマンになるキャラクターが、ミステリアスに描かれすぎて露骨っていう部分はありますけどね。「え?コイツが?」っていうサプライズは感じなかったです。
キャストでいうとね、まぁケヴィン・スペイシーは本当こういう本質が見えない感じのキャラクターはすごい良く合うと思います。そもそもこの人の顔立ちっていうか表情自体がちょっとそんな感じするし。あとケイト・ウィンスレットはいいですね。彼女はなんか「ほどほどの華」みたいなのを感じます。ブロンドだからでしょうか。彼女は「タイタニック」のローズみたいな上流の役より、今回のビッツィーみたいなちょっと勝気な女性の役の方がハマる気がしますね。「エターナル・サンシャイン」のクレメンタインもそうだし。この人もなんとなく顔つきがそんな感じするもんね。オレだけかもしれないけど。

まぁそもそもね。この作品のテーマが「死刑制度」っていうのが味噌ですよね。結局未だに正解が分かれてるというか、現時点でも相当な論議がされている言ってみれば難しいテーマを採用したことにはすごく意義があると思います。この題材をしっかりとした本格サスペンスで描いて、そこでエンターテイメント的に仕上げたことで誰にでも意識というか考えさせるというか、そういう一種の問題提起的な作品をここまでの完成度で仕上げたことっていうのはいやはやあっぱれですよ。
こんなテーマだからこういう作品展開もできただろうし。結局ゲイルとコンスタンスっていう悲しい現実を背負った2人の死刑制度反対運動家が、自らの命を投げかけて世間に問うっていう悲劇的な終わらせ方。その事実がわかる前に2人の心情描写みたいなのが多くあるし、単純に「ああ!かわいそう!」って思える。だから、死刑制度に賛成派の人でもこの終着点は素直に心を打たれる仕上がりになってると思うんですよね。
監督は「賛成派も反対派も平等に描いたつもり」と言っていますが、そこは確かにそのとおりになってる。
ゲイルの死後も、嫁にレイプ事件が嘘であることをわからせたり、わが子が大切にしていたぬいぐるみにラストのビデオを入れて送ったり、以前ゲイルの子供が要求したトッピングたっぷりのパンケーキがゲイルの最後の晩餐として出てくるとか。一応関係無さそうなことも結びついてくるので、そこが非常に良かったと思います。



まぁただ残念な点もあるわけで、まずはビッツィーの付き添いのザック(左の男)。
ザック


こいつは「見習い」みたいな設定でビッツィーに付き添うんですが、いやいやコイツ全然やれてるぞ!なんか半人前感は全く無い!状況の飲み込みもやたら早いし、なんなら悲しみに暮れるビッツィーをやさしく抱擁したりとか、すげぇステータス高いように思えて仕方ないんですよ!「もしかしてコイツがちょっと怪しいんじゃね?」って思ったほどです。
せっかく見習いの設定なんだから、なんか死刑制度について深く考えてない超超賛成派みたいな男連れてきてさ、「殺せ殺せー」みたいな事言いながら調べていって、ほんで事実がわかっていくうちにそいつも死刑制度について深く考えていく・・・みたいなさ。そいつの考えがどんどん変わって、少なくともコイツの考えは変わったわけだから2人の文字通り命を投げ出した活動は決して無駄ではなかった!みたいな描写とかできるだろうよ!なんか特にストーリー上重要なことするわけじゃなかったので「コイツいる?」って思ってました。まさか最後までいらなかったとはね。
あとね、結果一番悪いやつはバーリンなんですよ!コイツが1人美人局みたいなことをしなけりゃこんな大それたことにはならなかったし、そもそもその後手紙だけ送って雲隠れしてんじゃねぇよこのサゲマンが!
ストーリー上の疑問もちらほら出てきます。いろいろあるんですが、書ききれないので1つだけ。
弁護士何者なん?ってことです。この弁護士はかなりのヘボ弁護士で、実際コイツのヘマによってゲイルは死刑になった(らしい)んです。まぁゲイルは死刑を望んでたわけですからそこはいいとして。その後この弁護士は、ダスティに金を届ける役をするんですよ。え、でもさ、コイツ別に絆とかない赤の他人ですよね?そいつが50万ドルっていう大金を素直に持ってくるとはどうにも考え難いんです。ましてやそれがヘボ弁護士なら余計にですよ。
持ち逃げしたりとかさ、まぁ取り分はあるんだろうけど預かってる金を武器に「もうちょいよこせ」みたいに揺するとかさ。なんかそういう良からぬ事って絶対起きる気がするんですよね。そりゃこの弁護士も死刑反対派なのかもしれないけどね。でもさでもさ、もし本当にこの弁護士が死刑反対派で、前もって事実を聞かされててその上で彼らに協力してたとしますよ?そうなるとさすがにリスク高すぎだろーって気はしません?だってこれ公にばれたら多分背任罪とか詐欺罪みたいなので捕まりますよ。推測すればキリが無いのでここらへんにしますが、とにかくこの弁護士に対する描写が少なすぎて、ちょっと説得力に欠けるんです。これはただの断片的なシーンの話ではなく、終盤の納得度にも影響してくるのでかなり残念ポイント。


他にも細かいところはちょくちょくあるんですよ。バーリンが友達から渡された手紙は何なんだとか、彼女が起訴を取り下げた理由は何なんだとかね。ただ、ここまでストーリーを考察させるのは逆にそのストーリーに引き込まれている証拠ですし、確かに疑問は疑問なんですが「違和感」程度で留めておくことも可能なのでまぁOKです。
いわゆる一般的なサスペンスのように、「実はこうでした、ドーーーン!!!」っていう話なんですが、そこにうまい感情移入要素と重いテーマが相まることで、ちょっと感動度が増す構造に仕上がってます。







ただね、見たこと無いのにここまで読んでくれた人!


その状態でこの作品見ても全然面白くないよきっと!!!






コンスタンスは他殺じゃなくて自殺だぞ!!!













人がガラス越しに見るのは「人」ではなく「犯罪」   デビット・ゲイル

















お試しあれ!!!




ライフ・オブ・デビット・ゲイル  2003年  アメリカ


ジャンル:サスペンス
  監督:アラン・パーカー
  出演:ケヴィン・スペイシー
      ケイト・ウィンスレット
      ローラ・リニー
      












映画評論・レビュー ブログランキングへ