どうも!僕です!!


今日はこちら!!

スター・ウォーズ


「スター・ウォーズ」です!以前エピソードⅣ、Ⅴ、Ⅵを紹介しましたので、今日はその前日譚となるエピソードⅠ~Ⅲまでを紹介したいと思います。

今年2015年の12月に待望のシリーズ最新作エピソードⅦが公開になるってことで、このタイミングで新3部作となる3作を紹介いたします。




旧3部作と違って、新3部作は全て総製作指揮のジョージ・ルーカスが監督も勤めています。




で、この新3部作ってのは旧3部作で登場した銀河帝国軍の軍人であり主人公ルークの父親であるダース・ベイダーの、彼がダース・ベイダーになるまでを描いた作品なんですね。



というわけで今回の3部作は、前回の3部作よりも時間軸が遡ります。







ルークを冒険に連れ出したジェダイ、オビ=ワン・ケノービの若き頃を演じるのはユアン・マクレガー。「トレインスポッティング」や「ムーラン・ルージュ」で有名な人。
そしてその若きオビ=ワンの師匠ジェダイ、クワイ=ガン・ジンを演じるのはリーアム・ニーソン。このブログで言うと「バットマン ビギンズ」「ダークナイト ライジング」なんかに出てます。
そして後にダース・ベイダーになる青年アナキン・スカイウォーカーを演じるのは、ヘイデン・クリステンセン(エピソードⅡ、Ⅲのみ)。「海辺の家」なんかで脚光を浴びた俳優なんですが、今回のスターウォーズで主役に抜擢されるや否や、その演技が酷評に酷評されゴールデンラズベリー賞というクソ演技した人をさらし首にする賞を2度も受賞してしまいます。その影響かどうかは知りませんが、その後彼の代表作ってのは特にありません。
ヒロインであり、ルークの母親となるパドメを演じるのはナタリー・ポートマン。「レオン」「ブラックスワン」なんかで有名。







まぁその他色々出演者がいるんですが紹介しきれないんで中身へ!!













まずはエピソードⅠ。





遠い昔はるかかなたの銀河系。

銀河共和国と通商連合との間で対立が勃発。少々手荒な通商連合は、ナブーという星を包囲します。
事態解決を図る銀河共和国の無能な元老院は、2人のジェダイ、クワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービを交渉役として通商連合の元へ派遣します。


ジェダイ



しかし交渉は実現せず、激しい戦闘が開始されます。

通商連合はバトルドロイドを大量に用意しており、ジェダイ2人はナブーが危険にさらされていることを悟りナブーへと逃げ込みます。

道中グンガン族のジャージャー・ビンクスという気色の悪いヤツを仲間にし、ナブーの女王パドメを連れて銀河共和国首都惑星コルサントへと向かいます。


ジャージャー




しかし途中で攻撃を受け、宇宙船が故障した一行はタトゥイーンという星へ立ち寄り船の修理をすることに。







そしてその星の部品屋で奴隷として働かされていたのがアナキン(ジェイク・ロイド)。

アナキン




しかし彼はポッドレースという危険な競技にも参加するすごい少年。クワイ=ガンは、少年のその力は彼の中に潜む並外れたフォースの力によるものだと見抜きます。




この少年の魅力に惹かれたクワイ=ガン。無一文同然の彼は、次に行われるポッドレースでアナキンが勝てば部品をもらえる+アナキンを奴隷から解放するという賭けを部品屋の大将と取り付けます。






いざ始まったレースでは、アナキンがフォースの力をうまく利用し見事勝利。


開放されたアナキンは、直った船でクワイ=ガン達と共に旅立つことになります(この時にちょっとだけダース・モールが襲撃してくる)。









コルサントに到着した一行。

ジェダイ2人→ジェダイ評議会にアナキンを弟子にすることをお願いするが断られる。
パドメ→共和国議会議長に不信任案を提出。新しい議長に信頼できる議員パルパティーンを推す。でも新しい議長が決まるまで時間がかかりそう、でも待てないのでナブーに帰ることに。


ってことでナブーへとんぼ返りのパドメ。もちろん来る時と同じ一行が護衛に付きます。









ナブーは既に乗っ取られてる状態でしたが、女王側はグンガン族を味方につけ遂に全面抗争が開戦。






クワイ=ガンはダース・モール(レイ・パーク)にやられてしまいますが、彼の敵は弟子のオビ=ワンが討ちます。

倒す






ジェダイとアナキンの勇敢な戦いぶりによって通商連合の脅威から開放されたナブーには、つかの間の平和が訪れるのでした・・・。





















続いてエピソードⅡ。



エピソードⅠから10年後。ドゥークー伯爵(クリストファー・リー)という男が分離主義というものを唱え、それに多くの惑星が共鳴。多数の星が銀河共和国からの脱退を表明します。

そこで銀河共和国は「万が一のときに備えて軍を設立したほうがいいよね」ってことになり、その是非を問う投票を行うため、女王から元老院の議員となっていたパドメがコルサントにやってきます。



しかしパドメは怪我こそしなかったもののテロに遭遇。こりゃまずいって事で顔見知りのジェダイ、オビ=ワンとアナキン(ヘイデン・クリステンセン)が召還され、彼女の警護を仰せつかります。


警護






テロの犯人は誰なのかを捜してるところ、容疑者を捕獲。しかし口を割らせるところで別の刺客がそいつを殺してしまい、真相はわからず仕舞い。しかし殺人道具の吹き矢から情報を集め、オビ=ワンは真相を確かめるためにカミーノという星に向かいます。






一方のアナキン。パドメは身を潜めるためにナブーへと戻り、アナキンもそれに同行します。

のんびりと過ごして行くうちに2人は恋仲に(ジェダイは恋愛禁止)。

1







その頃オビ=ワンはカミーノに到着。カミーノでは現地人がせっせとクローンによる兵隊を作成していました。そしてそれを依頼したのは10年前に死んだジェダイ、サイフォ=ディアスだって言うからもうびっくりのオビ=ワン。どうやら極秘の計画だったみたいです。

そしてそこで先の刺客を殺した張本人、賞金稼ぎのジャンゴ(テムエラ・モリソン)を発見。必死の捕物帳を繰り広げますが、ジャンゴをジオノーシスという惑星に逃がしてしまいます。





一方好色ジェダイのアナキン。彼は母親が苦しんでいる夢に悩まされており、それを何かのお告げだと感じてパドメと共に任務ほったらかしで故郷タトゥイーンへと戻ります。









母親シミ(ペルニラ・アウグスト)は既に別のところに売られており、なおかつタスケン・レイダーという山賊みたいな集団に襲われて誘拐されたとのこと。
急いでタスケン・レイダーのアジトへと向かったアナキンでしたが、時既に遅し。最後の力を振り絞った母と最後の言葉を交わし、母の最期を看取ります。










完全にブチギレモードのアナキンは、タスケン・レイダー達を老若男女問わず全てぶっ殺します。


ブチギレ










その頃オビ=ワンは、ジオノーシスで分離主義軍のバトルドロイド製作現場を目撃。助けを求めますが、通商連合と組んでいた分離主義軍のトップ・ドゥークー伯爵に捕まってしまいます。
ドゥークーはオビ=ワンに共闘を持ちかけますがオビ=ワンは断固拒否。
助けに向かったアナキンとパドメも捕まえ、3人に死刑を執行します。




しかし死刑執行の途中でウィンドゥ(サミュエル・L・ジャクソン)というジェダイ初め、200人のジェダイが彼らを救出。更に例のクローンを率いたヨーダも登場し、遂にクローン対バトルドロイドの全面戦争が勃発します。


戦争





形勢逆転に焦るドゥークーは逃走。追うオビ=ワンとアナキン。




最後は2対1のライトセーバーバトルとなりますが、ドゥークーが1枚も2枚も上手。アナキンは片腕をちょん切られてしまいます。ヨーダの追撃も振り切りジオノーシスを脱出したドゥークーは、コルサントに到着。

暗黒卿ダース・シディアスに、予定通りクローン戦争が勃発したことを告げたのでした・・・。
















つづいてエピソードⅢ。


クローン戦争は共和国軍有利に動いていましたが、形勢逆転を狙ってドゥークーはグリーヴァス将軍と組んで共和国議会議長パルパティーンを誘拐。

もちろんここでオビ=ワンとアナキンが救出に向かいます。



分離主義側の旗艦で繰り広げられた激しい戦闘の末、ドゥークーは命を落とします(黒幕のパルパティーンに裏切られて)。







一旦帰還したアナキンは、パドメが自分の子供を授かったことを知りますが、同時に彼女が出産で苦しむ夢を見ます。



母親の二の舞は繰り返したくないアナキンは激しい悔恨に悩まされます。そこで彼の前に登場したのがパルパティーン。

パルパティーン



彼は自分が暗黒卿ダース・シディアスであることを自白。しかし同時にジェダイでは計り知れない力についても説明。



要するに「ジェダイはフォースの暗黒面を見ようとしないが為に力が半減してる。暗黒面もしっかりと見つめ、その力を利用すればもっと素晴らしい力が手に入る。それは死をも操れるのだ!」的な事を言い放ちます。










今まで何をやってもジェダイ評議会から頭ごなしに否定されてきたアナキンのフラストレーションはもはや限界寸前。そして何よりも彼には愛するパドメを救いたい・愛する人をもう失いたくないという強い思いがあります。




そしてアナキンは遂に暗黒卿に忠誠を誓ってしまい、ジェダイの1人マスター・ウインドゥを殺してしまいます。
そして「ダース・ベイダー」の名を暗黒卿から授かります。






その頃オビ=ワンは、逃げたグリーヴァス将軍を追いウータパウという星へ。グリーヴァス将軍を倒し、戦争終結へもう一踏ん張りしているところでしたが、ここで暗黒卿が遂に動きます。



暗黒卿が命令を出すや否や、共和国側のクローン兵たちが一斉にジェダイを攻撃。ジェダイ達は悲劇の死を遂げていきます。







ジェダイ派で生き残ったのはオビ=ワン・ヨーダ・そして議員のオーガナのみとなりました。












同時にアナキンは、コルサントにいたジェダイの研究生である子供たちを皆殺しにします。


皆殺し










そして彼は活火山の星ムスタファーに行き、分離主義側の幹部をも抹殺。邪魔者は全て殺し、全て暗黒卿の思い通りの展開。彼は遂に銀河帝国の皇帝となります。








その後、アナキンはパドメと対面。アナキンは「君のためだ」と言いますが、パドメは「え、変わりすぎて怖い」と言い放ち2人は破局します。









「何のために暗黒面に落ちたんだよーーーーー!」と半狂乱のアナキンのところに師匠のオビ=ワンが登場。

遂に師弟対決が実現します。







結果はアナキンの惨敗。

惨敗


オビ=ワンは無慈悲にもアナキンの両足をぶった斬って放置します。



アナキンはマグマによって全身大火傷を負いますが暗黒卿の助けにより一命を取り留めます。




そして特別な医療処置を受け、遂に皆さんご存知のサイボーグ、ダース・ベイダーへと変身を遂げます。


ベイダー







一方のジェダイ。パドメが出産により命を落としたものの、双子の子供ルークとレイアは元気元気。
でもさすがに味方の数が少なすぎるって事で一旦潜伏をすることに。



オーガナはレイアを養女として妻と育てることに。オビ=ワンはルークをタトゥイーンのアナキンの種違いの兄弟家族に預けることにします。








後にこの2人の子供が銀河を救うことを信じて・・・。



















新3部作、おわり。















★感想★
旧3部作に比べ、格段に完成度が上がってる印象でした。
旧3部作は僕あんまし評価してなかったんですけど、この3部作はすばらしいと思います!

まず世界観がめちゃくちゃ良くなってると思います。
大都会の星であったりとか自然が豊かな星とか、まずもって星の形態が多様。それプラスそこに住んでいるのは数多くの生命体であり、それは人型でもあるし獣型でもあるし・・・。
前回の旧3部作の時には何となくスケールが大きく感じられないっていう風に批評したんですが、新3部作はそこが劇的に改善されてると思うんです。まぁそれは行動範囲みたいな話ではなくてですね。要するに新3部作は宇宙で勃発した銀河大戦争のお話ですから、やっぱ人の数とかすごい多いし、兵器も多種多様かつクリエイティブ。なおかつその戦争の背景っていうのも一応は納得できる展開で、まぁ感情移入できるかっていうとその戦争自体の部分ではなかなかどうしてって部分もあるんですが、とにもかくにも世界観は抜群に良い!

そして一人一人のキャラ立ちっていうのがまたかなり良くて、ダースモールであったりとかジャージャービンクスであったりとか、「いやいきなりパッと出てきて何なんだよお前!」って言いたくなるくらいサクサクっとストーリーに介入してきて自然に去っていくんですが、はっきり言ってこいつらのプロフィールは気になるの一言。「え?結局何者なの?」って思うし、でもそれは詳細は作中ではわからない・・・。では何でわかるのか。スピンオフなんですねぇこれが。スター・ウォーズには数多くのスピンオフ作品があり、それはスター・ウォーズ本線で登場した人物の詳細を紐解いて行くもの。少なからずこの作品に魅了された人はまぁ見たくなるでしょうよ。そういった意味でスター・ウォーズっていうのはプロモーション的にもの凄くフォーマットが良くできた映画って言えるんでしょうな。実際俺も見たいしね。

それと、もう1ついいねって思ったのは、やっぱり主人公アナキンの苦悩ですね。見ていてジワジワっと浮き出てくるアナキンの葛藤・フラサウトレーション的なものっていうのは、凡人の僕からすると凄いよくわかるんですよこれが。悲しいことに。
結局アナキンっていうのはもの凄い力を秘めつつも、その目指すところって言うのはめちゃくちゃ凡庸な部分というか、卑近と言っていいレベルのものなんですね。平和がどうとかって口では言ってても結局のところは「自分を認めさせたい」っていうもの。それは凄く平凡でありながらも、アナキンのポテンシャルとジェダイっていう地位から考えるととてつもなく危ういものであって、そしてそこに目を付けたダース・シディアス。ここら辺の因果関係がジワジワしてくるときっていうのはなかなかワクワクですよ。
つまりは、スター・ウォーズっていうのは壮大で童心をくすぐってくれるセンスオブワンダー連発の大冒険的ストーリーでありながらも、1人の青年の栄光→破滅っていうのを限りなく切なく切なく切なく描いた物語なんですね。



でね、ここからはちょっと話が変わるんですが、結局のところ作中通して銀河帝国軍ってそこまで悪いやつか?っていうのが僕の感想です。
っていうかジェダイの幹部連中がはっきり言って嫌なヤツらであるし、アナキンがダース・ベイダー化したのも全部コイツらの責任と言っていいと思うんです。
まずね、ジェダイっていうのは完全なトップダウン組織であり、会社で例えると全く刷新的な事をしようとしない超保守的組織なんですよ。「規則だから」「慣わしだから」「ダメだから」と、頭ごなしにアナキンを否定する幹部連中。あのね、人の言ってることを否定するときは一旦その人の主張を受け入れる。これクレーム処理の常識です。「お客様のおっしゃるとおりです。しかしですね・・・」じゃないと!「違いますよお客様!!当店は昔からこのスタイルですから全くこちらに過失はありません!!」とか言ったら「んだとテメーこのやろう!」となるでしょ?それと一緒ですよ。組織の上のほうが頭でっかちっていうのは我々の現代社会にも似たものを感じますな。宇宙は広いようで狭い。
んでホントジェダイってよくわからないのが、こいつら中立っぽい立場をとっきときながら、最終的に戦争に加担するんですよ。まぁダークサイドの力を使おうとしてるシディアスを止めるために共和国に味方するってのがとりあえずの建前なんでしょうが、そもそも発端は「共和国離脱派」の登場ですからね。これ自体は全く悪いことではなく、離脱派には離脱派の意見・考え・主張があるわけですから。ここを真っ向から否定し、「離脱もありだよね」って発想を微塵も持たなかったジェダイっていうのはやはり保守的と言わざるを得ない。
要するにですよ、どっちが先に仕掛けたとか抜きに考えると非常に我々の今日暮らす地球上で悲しくも起きてる戦争と少なからず似たものがあるって事なんですね。どちら側にも主張があり、そして自分たちが間違っているかもとは微塵も思っていない、そして現にどちらも間違っていない!ではどうすれば折り合いがつくのか!「武」の力で解決するしかない!となるんですねぇ。何と悲しいことか。


というわけで事実を大きく超越したSF作品にしておきながらも、どことなく我々の世界へ通じる何かも用意してると感じた僕でした。













エピソードⅦ、見に行けたら紹介します!!













お試しあれ!!!





スター・ウォーズ エピソードⅠ、Ⅱ、Ⅲ




ジャンル:SF
  監督:ジョージ・ルーカス
  出演:ヘイデン・クリステンセン
      ユアン・マクレガー
      ナタリー・ポートマン
      リーアム・ニーソン
      サミュエル・L・ジャクソン



映画評論・レビュー ブログランキングへ